ニチワ時代の復活へ向けて カシミヤジャケット

今回のタイトルを見て「え本当?嘘でしょ。」と思われた旧ニチワ時代のお客様。

昨日の投稿でしたら嘘だったかも知れませんが、今日は4月2日。

だから本当なのです。
と言いたいのですが、実はまだ正式決定ではありません。

カシミヤ100%

ニチワ時代はレザーの次に人気だった素材で、当時はジャケットからコートまで幅広く展開をしておりましたが、レリュームになってからはカシミヤはお休み状態でした。

実はいままでもカシミヤ生産の可能性がなかった訳ではありません。

ニチワレリューム立ち上げ時から、数々の工場や原毛をあたってはいたのですが、100%の原毛とカシミヤの縫製が出来るクオリティ工場の確保が難しい状況でした。

それでも何とか昨年は旧ニチワ時代からお付き合いのある所で生産してコートのみ数点を販売し、おかげ様でメンズ、レディース共に予想以上の反響をいただきました。

そこでこの反響をきっかけに、お客様から要望の多かったカシミヤジャケット(今回はメンズのみ)の生産を検討する事になり、早速生地見本を手配。

そして先日、生地見本が届きました。

無地、柄生地共に、どの素材で原反を仕上げるかピックアップをし、一日遅れのエイプリルフールにならない様に頑張って商品化を目指しております。

商品化が決まりましたら、発表は当ブログにて。

コメントを残す

*