シーズンオフの革ジャンの保管方法

4月に入り毎年の事ですがこの時期になると、シーズンオフの保管方法や革のお手入れについてのお問い合わせを多くいただきます。

過去に当ブログ内でも革のクリーニング方法や革のタイプによって違いのあるお手入れ方法をお伝えしてきました。

そして、夏場着用しない時の保管方法も。

ここで改めておさらいです。

まずオフシーズンのレザーウエアの保管方法ですが、革はウール生地と違って虫が付く心配はありません。

その分怖いのは湿気によるカビと、日差しや室内灯による日焼け。
この二つに関しては気を付けなければなりません。

そこで対策方法。

室内の暗い個所で陰干しできれば一番なのですが、基本クローゼットで保管する方が多いかと思います。

その時、できればクローゼット内に除湿剤(革に触れるのは厳禁)を置き、肩から綿100%の布を掛けるのが効果的です。
(因みに私は古くなったTシャツを被せています。)

こうする事で、カビ防止はもちろん日焼けの防止にもなります。
また濃色レザーの表面の色が、隣に掛けた淡色レザーに付着してしまう様なトラブルを避ける効果もあります。

あと、ビニールを掛けるのは湿気をため込みますので厳禁です。もちろんビニールを掛けた衣類の隣に保管するのもNGです。

そしてもう一つ。
皆様のご意見を伺うと、革の保管時に防水スプレーを掛ける方が多いみたいですが、これはあまり意味のない物です。

防水スプレーは汚れの付着防止ですので、着用時に吹き付けた方が効果があります。

当ブログ内でも過去に保管方法はもちろん、防水スプレー、ミンクオイル、スエードやムートンといった起毛革等の手入れ方法等、詳しくご説明してきました。

詳しい内容は過去のブログをご覧いただければと思いますが、今回はレザーの保管方法を再確認してもらいたく書いてみました。

もし、ご自身のレザーお手入れ方法や保管方法が分からなかったら、お気軽に電話(番号末尾いいレザー)にご相談ください。

コメントを残す

*