味カラーのライダースジャケット

先週までに仕上げた企画仕様書を持ち込み、月曜日から一週間の予定でソウルに来ております。

18年~19年シーズンに向けたコレクションも革ジャンからムートンコートまで、ほぼ進行アイテムが出揃いました。

後はもう少し足りない分を各工場と話し合いながら、もう少しだけアイテムを増やしていく予定です。

さて、来期の企画商品ですが、既に当ブログにて少しずつご紹介しておりますが、今回は新色ベジタブルスキンから、新型ライダースをご紹介します。

まずはこの色。
正直何色と表記すればいいのか悩んでいます。

スタッフ内では今のところブルーグレー表記でいこうとの意見が大半ですが、光の具合で薄いグリーンにも見えるし、なんとも表現がしにくい色の革。

ただ表現しにくいのですが、とても味わいのある色で、企画段階で外部の方々にも今季全サンプルを品評していただいたのですが、一番好評の色目でした。

おそらく、今まであまり出回っていない革の色目であることは確かです。

珍しい色目という事ですが、その革を更に洗ったり、企業秘密ですが、ある加工を施してダメージ仕上げにしたのが写真のライダースジャケット。

デザインはシンプルですが、古着感のあるダメージに光沢ファスナーを施すことで、ライダースの無骨さを取り除き洗練されたイメージに。

さらに衿裏シャーリング使いや身頃内側のストライプのパイピング使いなど、とことん細部にまでこだわって作ってみました。

革そのものの風合いを活かしたダメージ仕上げですので、当然一着一着表情が違います。

でも、だからこそのオンリーワンライダース。

今回この革自体の入手が厳しく、なんとか数アイテム分の革を手に入れましたが、いづれも少量生産になる予定。

ライダース、レザージャケット、レザーコートが既に決定済で、プラス1型作るかどうか。

この革で企画した全てのサンプルを確認しましたが、どれも今季イチオシのレザーアイテムになる事間違いないとお約束します。

是非、この秋期待してください。

ソウル滞在中、小学校の同級生が数名夢に出てきました。

昔の友人もそうですが、普段気にもしない芸能人などが夢に出てくると、急に顔が見たくなったりするのは私だけでしょうか?

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)