新作情報

新品なのに古着感を楽しめるライダース革ジャン

夏休み真っ最中のこの時期、ニチワレリュームも夏休みをいただいています。

お休み中という事もあってネタがないのですが、先月末の韓国出張で検品してきた商品をご紹介。

「こんな暑い時期にレザー見るだけで汗が出るから商品紹介なんていらんわい!」なんて言わないでくださいね。

今回紹介するレザーは、6月14日のブログでも一度ご説明していたライダースジャケット。

「一度紹介した商品をなんでまた紹介する?他のを紹介してくれい!」なんて言わないでくださいね。

だって、だって出来がいいんですよ!今回のライダースジャケット。

この革、表面を擦ってムラ感を出した革で旧ニチワ時代から人気素材。

革ジャンもちろん、レザージャケットにレザーダウン、レザーコートにいたるまで沢山のレザーアイテムに使われて活躍してきた革なのですが、今回ちょっとだけ改良。

定番色のグレーカラーの革の色目を、例年より少し濃いめに仕上げました。

鞣しの段階で渋みのある革に仕上がり、とてもいい感じの色だったので思わずパシャリ。

既にインスタでも紹介済みですが、とても自信持っておすすめできるライダースジャケットに仕上がりました。

今年この革はグレー、ネービー、ボルドーと3色をご用意。

アイテムは写真のライダースに加え、メンズはレザージャケット、レザーダウン、レザーベスト、レザーコートを。そしてレディースレザーもファー付きのライダースジャケットに綿入りとダッフルコートを用意しました。(ただしボルドーはメンズレザーダウンのみ)

そしてなんとなんと、今回紹介したライダースジャケットのネービーが2017年レザーカタログの表紙を飾ることになりました。

現段階ではまだ出来上がっておりませんが、例年とはちょっと違った表紙になりそうです。

ハイクラスのライダースジャケットを作ってみました。

先日のお昼どき、事務所近くの某大手お弁当屋さんの「のり弁60円引き」張り紙につられて入店。

さっそくのり弁を注文すると「かしこまりました350円になります。」と言われて「えっ?」

定価350円なので60円引きで290円のはずでは?と店員さんに尋ねると、「キャンペーンは11時からです。」と笑顔でご返答。

現在時刻を見ると10時50分。

結局その場で10分待つ勇気もなく、店員さんの笑顔にも負けて350円支払う。

けしてお弁当屋さんの文句ではございません。
10分前に入店した自分の間の悪さに笑ってしまったのと、店員さんの満面の笑みに何も言えなかったというお話しです。

店を出てのり弁袋をぶら下げながら、どの商売でも笑顔が大事だなと感じつつ、私達も店舗はもちろん顔の見えない電話注文でも笑顔を絶やさない様にしなければと再認識した次第です。

という事で今回は笑顔で新作商品をご紹介。

写真の商品はダブルの身頃に、衿をスタンド仕様にした今季の新作ライダースジャケット。

上質ラムのベジタブルスキン使いは、見た目ハードながらラム革特有の柔らかさと滑らかなさわり心地が秀逸な革ジャン。

なかでもこのライダースジャケットの特徴はファスナー。

あえて光沢の強いファスナーを使う事で、無骨なイメージの黒ライダースにメリハリがうまれ、若い方はもちろん大人でも楽しめるハイクラスな印象のライダースジャケットになりました。

実はこのファスナー、通常アパレルに使われるファスナー相場の8倍も高く、一度は使用をあきらめかけたのですが、工場側からこのファスナーを使用しないとこのライダースジャケットは意味がない。ファスナー代は工場持ちで構わないから、このままで生産させてほしいとなって、今回商品化が実現しました。

この工場、旧ニチワ時代から縫製はもちろん、製品管理もトップクラスで、名前は言えませんが10~20万円代でレザーを販売する国内外の有名ブランド商品も数多く縫製している工場。
故に縫製代などは他工場に比べてもその分割高。

その工場がファスナー代を持つからと言ってきたのも初めての出来事でした。

それだけ気合の入ったライダースジャケットですが、残念なことがひとつ。

予定枚数分のファスナー手配が難しいため、どうしても減産を余儀なくされそうな状況です。

ニチワレリュームではクオリティ維持の為に、元々一型の生産数は多くありませんが、今回紹介するライダースジャケットは特に少ない生産数での販売となります事をご了承くださいませ。

尚、サイズ展開はM~LLの3サイズを展開予定。販売時期がきましたら、ニチワレリュームのHPにて掲載します。

笑顔でブログを書いていたら、斜め向かいの席にいるTAJIと目が合いました。

どうしよう、PCに向かってニヤついている私をけげんそうな顔で見ている。

いつから見られていたのか?
多分、暑さにやられたのかと思われている。

仕方ない後で言い訳しよう。

メンズもレディースもレザージャケットはボルドーに注目!

先週末土曜、レリューム&旧ニチワスタッフ数名でとある場所に行って来ました。

その場所は「WINS汐留」そう、場外馬券場です。

この日の開催は3会場で計36レースなので、ほぼ10分置きにレースがスタート。

おかげで予想に購入に忙しいは、気が付けば金額かさばるは、おまけに初心者女子が最初に当てたのでちょっと焦るはと、終始バタバタしておりました。

結果は大小あれど全員マイナス。結局勝ったのは「JRA様」でございました。

JRA参拝後はそのまま新橋の居酒屋へ。
翌日の宝塚記念について語りながら、帰りに居酒屋の前のビリケンさん人形を触って帰り、翌日その効果が。

私の予想が見事的中。
しかも皆私の予想に乗っかってくれてので、3連単やら馬連やら馬単やらとゲットしてました。(残念ながら1人だけ外れましたが)

この時期は企画もひと段落。
わずかですが時間に余裕が出来たので企画した場外馬券ツアー。

勝ち負けは別として、久々にリフレッシュできました。

そんな新作レザーの企画もほぼ終わったこの時期ですが、これからは来期に向けたレザーカタログの作成へと作業が移行します。

カタログ製作のお話しはまた機会をみてという事で、今回もちょっとだけ新作レザーをご紹介。

今回ご紹介するのは人気のラムのベジタブルスキンで仕上げたレザージャケットのボルドーカラー。

アンティック革でも人気のラム革ベジタブルは今年も定番色の黒や新色カーキも人気ですが、中でも近年はボルドー人気が増加中!

今回はメンズでシングルライダースジャケットとテーラードのレザージャケットを。

そしてレディスではダブルのライダースジャケットの商品化が決定しました。

写真はメンズのテーラードレザージャケット。

なんともいえない深みのあるボルドーに、ほど良い光沢感のアンティック仕上げが絶妙なレザージャケット。

他の商品はまだお見せできないのですが、製品として仕上がって来ましたら随時ご紹介していきます。
(因みにインスタグラムではレディースライダースを公開しています。)

そして今年は更に、ラムのベジタブルレザー以外にもゴートスキンを使用したヌバックレザーのボルドーも復活。

こちらもレザージャケットとパーカータイプのレザーブルゾンを検討中。

今年のレザーカタログはボルドーカラーが旋風を巻き起こしそうです。

もちろん、定番の黒やネービーに人気のアイボリーも健在です。

決め打ちの色がありましたら、ニチワレリュームのTOPページ「色で選ぶ」から探してみて下さいね。

独特のムラ感が人気の新作ライダースジャケット

先日、旧ニチワ時代のアルバイトの娘が事務所に遊びに来てくれました。

たまにLINEはしていたのですが、一週間ほど前に遊びに行きますと連絡が来てランチをすることに。

アルバイト当時の彼女は20代前半。
仕事終わりに私たちスタッフと一緒になって飲みに行ったりしていた彼女も今では二児の母。

本当に月日が経つのが早いです。そして自分が年をとるのも…

何はともあれ、こうして来てくれるのは嬉しいものです。

旧ニチワ時代は冬のわずかな期間募集にも関わらず、毎年多くのアルバイトさんが来てくれました。
中には毎年来てくれるアルバイトさんまで。

残念ながらアルバイト終了後に連絡が途絶え疎遠になったアルバイトさんもいますが、現在でも連絡のある元バイトさんも、男女共にたくさんいらっしゃいます。

先日も「いつか皆で集まりましょうよ」と一人の元バイトさんから連絡がありました。

実現したら久々に旧ニチワ時代の話しで盛り上がりたいものです。

さてさて、毎度の事でタイトルとは関係ない話しから書いちゃいましたが(いつもの事で…)
今回は新作のライダースジャケットをご紹介。

既にインスタグラムにも投稿済みですが、人気のアンティク革で作り上げたネービーカラーのレザーライダースジャケット。

こちらは昨年人気で全量完売した「1110027 ラムアンティックスタンド」に変わる新デザインとなります。

今回の新作レザーは肩部分のキルティングを縦のステッチに変更し、胸のファスナーを隠しデザインにする事で、更に大人な雰囲気のライダースジャケットに仕上がりました。

このライダースジャケットのいいところは、ハードなイメージそのままに着心地がとても軽やかなところ。

ライダースらしいハードな見た目はそのままに肉厚なイメージながら、柔らかくとても着心地のいい仕上がりは、まさにラム革ならでは。

けして無骨なだけのライダースジャケットではないことをお約束します。

現在本生産に向けて、まだ細部の修正作業が残っておりますが、今回はネービーとグレーの2色を予定。

表面を擦った独特のムラ感が人気のアンティックレザージャケット。

秋の発売が持ちどおしい一着になりそうです。