革の素材

素材で選ぶ革 ~起毛革~

「ニチワレリュームのこだわり」記事でも少しご紹介しましたが、一口に革と言ってもさまざまな種類の素材があり、着心地が良い、硬い、柔らかいなど、それぞれ違った特徴や違いがあります。今回は、それぞれの革素材にどんな特徴があるのか、改めてご紹介したいと思います。

ニチワレリュームの商品はラム革素材が多いのですが、その理由も詳しく説明した上で、それぞれの革素材の違いも説明します。

 

  • 素材の特徴と違い①:ラム革

薄くて軽く、柔らかいので、ファッションを楽しむのにピッタリの素材・ラム革。ニチワレリュームでは、ジャケットやコートなど多くの商品にラム革を使用しています。デザインだけでなく、着ていて楽なもの、心地良いものへのこだわりを持っているからこそ、そのニーズに応えてくれる素材のラム革を重宝しています。

 

  • 素材の特徴と違い②:ゴート革

ラムのように柔らかな着心地のゴートスキン。ニチワレリュームでも、起毛革の素材として扱いのある革です。ラム革との違いは、丈夫さも併せ持っていること。強度があるので型崩れせず、長く使いたい人にはピッタリの素材です。
ただ、表面のキメがラムほど細かくなく、風合いではラムに劣る部分があります。

 

  • 素材の特徴と違い③:牛革

他の革素材とは違い、硬くて強い肌触りが特徴の素材・牛革。
そのため、ライダースジャケットや野球道具のように、身を守る目的のものに多く使用されている素材です。また、以前に比べると最近の牛革は軽くなりましたが、それでもラムやゴートに比べると重さが目立ちます。
日常に着る際の着心地という視点では、少し心地良さに欠けるかもしれません。

 

  • 素材の特徴と違い④:豚革

豚革は、他の革素材との違いとして、軽くて通気性が良いという点があります。ただ、その通気性の良さは毛穴の多さと大きさから来るものなので、毛穴が少し目立ってしまうのが欠点。それでも豚革が人気なのは、他の素材よりも頑丈で傷がつきにくく、様々な加工ができるため。世界的ブランドのバッグなどにも、豚革が使用されています。また、豚革は肌触りもよく、スエード(起毛革)に適している素材です。毛羽立たせれば毛穴も目立ちませんので、一石二鳥です。

革はもともと生き物の皮なので、当然それぞれの動物によって違いがあり、ジャケットや小物などのそれぞれのアイテムに適した革があります。
お買い物の際は、同じアイテムでも軽さ・丈夫さ・肌触りなど、何にこだわるかによって、選ぶべき素材も違ってきます。例えば同じジャケットでも、軽さや着心地を選ぶのか、より丈夫なものを選ぶのかが決まります。ラム革のジャケットと、牛革のジャケットで迷ったときは、ここで紹介したことを思い出してください。
素材の特徴や違いをきちんと詳しく知っておくことで、これからのお買い物もしやすくなりますね。

素材で選ぶ革 ~革の違い・特徴~

「ニチワレリュームのこだわり」記事でも少しご紹介しましたが
革にはさまざまな種類があり、違った特徴があります。
今回は、それぞれの革の特徴を改めてご紹介したいと思います。
ニチワレリュームの商品はラム革が多いのですが
その理由も詳しく説明した上で、他の革との違いも説明します。

 

●ラム革
薄くて軽く、柔らかいので、ファッションを楽しむのにピッタリのラム革。
ニチワレリュームでは、ジャケットやコートなど多くの商品にラム革を使用しています。
デザインだけでなく、着ていて楽なもの、
心地良いものへのこだわりを持っているからこそ、ラム革が重宝しています。

●ゴート革
ラムのように柔らかな着心地でありつつ
素材の丈夫さも併せ持つゴートスキン。
起毛革の素材として、ニチワレリュームでも扱いのある革です。
強度があるので型崩れせず、長く使いたい人にはピッタリです。
ただ、表面のキメがラムほど細かくなく、風合いではラムに劣る部分があります。

●牛革
硬くて強い肌触りが特徴の牛革。
そのため、ライダースジャケットや野球道具のように、
身を守る目的のものに多く使用されています。
また、以前に比べると最近の牛革は軽くなりましたが
それでもラムやゴートに比べると重さが目立ちます。
日常に着る際の着心地という視点では、少し心地良さに欠けるかもしれません。

●豚革
豚革は軽くて通気性が良いのが特徴です。
ただ、その通気性の良さは毛穴の多さと大きさから来るものなので
毛穴が少し目立ってしまうのが欠点。
一方で豚革は肌触りもよく、スエードに適している素材。
毛羽立たせれば毛穴も目立ちません。

 

生き物の皮なのでそれぞれの動物によって違いがあり、
軽さ・丈夫さ・肌触りなど、何にこだわるかによって、選ぶべき革も違ってきます。
きちんと詳しく知っておくことで
これからのお買い物もしやすくなりますよね。

本革と合皮の違い

ニチワレリュームでは生産地やなめしにこだわった本革のみを使用し、
見た目はもちろん、肌触りの良い製品を作っています。
人工素材を使用した「合皮」と呼ばれる合成皮革は使用していません。
今回は、本革と合皮の何がどう違うのかということを、改めてご説明します。

 

  • 合皮とは

合皮とは、本物の革に似せて作られた人工素材のこと。布地に合成樹脂を塗布したものです。本革製品と比べて、合皮は大量生産が出来るため安価で気軽に手に入ります。

また、樹脂加工をしているので水分に強いのも特徴の一つ。デリケートな本革製品と比べると、比較的お手入れが簡単です。

 

  • 本革と合皮の違い

・見た目の違い

本革製品と合皮製品の違いの一つとして、目に見えて分かるものは動物の皮にもともとあった“毛穴”。本革製品には、毛穴のブツブツがあります。 あまり目立たなくても、本革に光を当てると小さな穴が無数に開いているのが分かります。

一方合皮製品には凹凸やシワなどの加工はしてあっても、 毛穴のある合皮はあまりありません。あったとしても穴が浅くできています。

また、最近は合皮の質も上がっているので少なくなっていますが、「シボ」と呼ばれる皮の凹凸にも違いが見られます。“肌のキメ”である凹凸をより自然に再現出来ている合皮も多くなっていますが、ウロコを張り付けたような不自然な凹凸加工をしている合皮もあります。

 

・肌触りの違い

本革と合皮では、着心地・肌触りにも大きな違いがあります。
本革は、繊維などが反応して吸放湿を行うため吸湿性にすぐれ、長時間着用していても適度に湿気を逃がしてくれますが、合皮は吸湿性が悪く、じっとりと汗ばんできます。

 

・経年変化と経年劣化

本革製品の場合、使えば使うほど柔らかくなって身体に馴染み、 さらに独特の色合いの変化で見た目に深みが出てきます。このような“変化”は見られても、外からの大きな衝撃などがなく、またお手入れをきちんとしている限り、年月を重ねただけで“劣化”することはありません。

一方、合皮製品の場合、2~3年もしないうちにひび割れ、破れなどが目立ってきます。これは、合皮の人工素材に使われた合成樹脂が外気に触れることで分解されるため。
そのため合皮は、本革のように「長く使って楽しむ」ということはできません。

こういった“使い心地”が、革好きにとっては最も大きな違いかもしれません。

 

・その他の違い

合皮は表面をコーティングしているため、引っ掻いても傷が残りません。
となると、「本革は傷付きやすいの?」を思ってしまうかもしれませんが、小さな引っ掻き跡傷程度であれば時間の経過とともに直っていきます。また、多少の傷であれば経年変化として、むしろ深みを増してくれます。

また、鞄の取手部分など革の断面を見ると、本革製品は毛羽立っていますが、合皮はコーティングされているためツルンとしています。
こういった部分でも、本革と合皮の違いを見つけることが出来ます。

本革と合皮、2つの素材の違いについて紹介しました。合皮の良いところは安価で気軽に手に入り、お手入れに手間もかからないことですが、丈夫さや着心地・使い心地の面では本革にはかないません。

使うほどに馴染んだり、色味などで味が出たりするのも、合皮にはない本革の大きな魅力です。

革ジャン専門用語 ~クロムなめし~

前回の専門用語記事では、ベジタブルなめしについてご説明しました。
今回はクロムなめしについてご紹介します。
ナチュラルな風合いを演出するベジタブルなめしとは何が違うのでしょうか?

 

●おさらい ~「なめし」とは&ベジタブルとは~
「なめす」とは、動物の皮を薬品などを使って製品用に加工すること。
漢字にすると、革を柔らかくする、と書いて「鞣す」と書きます。
そのままの皮では、時間が経つと硬くなってしまうので、それを防ぐという役割もあります。

そして、なめしの中で植物由来のタンニンと呼ばれる液体を使用することを
「ベジタブルタンニングなめし」または「ベジタブルなめし」といいます。

●クロムなめしとは
植物由来の液体を使用するベジタブルなめしとは異なり、
化学物質を使用して皮をなめしたものをクロムなめしと言います。
自然由来のものと違って、薬品の大量生産が可能で
また、なめし工程もベジタブルなめし製品より短期間で済むため、
ベジタブルなめしより生産性が良いです。
現在、世界的に多くのタンナー(なめし職人)がクロムなめしを使用しています。

●クロムなめしの特徴
クロムなめしを施した革は伸縮性にすぐれ、強度が高くなります。
また染色時の発色性がよく、ファッションの幅が広いのも特徴の一つ。
手軽さや生産性の良さにより安価で購入できることから、
初めて革ジャンなどの革製品を購入するときは
クロムなめしの革から挑戦する人が多いようです。
また水をはじく働きもあることから、
ベジタブルなめしの革よりもお手入れが楽だという声もあります。
手軽に革製品を楽しむことができるのが、クロムなめしの特徴です。

●クロムなめし革を選ぶ際の注意点
クロムなめしは重金属系を使用した工程のため、
アレルギーが出る場合があります。
ご購入、ご着用の際は注意してください。

 

ベジタブルなめしとは工程や仕上がりが正反対のクロムなめし。
同じ原皮でも、工程によってここまで違うんです。
自分の好みや条件に合った革を選んで、ファッションを楽しみましょう。

レザー業界の専門用語講座 ~ベジタブル~

特殊な素材を扱うレザー業界には、聞き慣れない言葉がたくさんあります。
そこで、今後レザー製品を購入する際の参考にもなるよう、レザーの専門用語をご紹介します。

今回は「ベジタブル」という言葉について。
ニチワの商品にも「ベジタブルテーラード」など、名前にベジタブルとつくレザージャケットやコートがありますが、これはいったい何を意味するのでしょう?

続きを読む

ニチワレリュームのこだわり ~上質な革製品を、よりお求め安く~

82878
お客様がより良いものを、よりお求めになりやすいよう、
ニチワレリュームは常に上質で価格を抑えた商品づくりを心掛けています。
革ジャンやレザーコートなどの販売が閑散期となる夏の間、
ニチワではその年の商品の企画や買い付け、生産、検品、カタログ作成など、
全て自社スタッフで管理や作業をしています。
それらの仕事のこだわりや工夫などをご紹介します。

●人の声を大切に すみずみまでこだわったデザイン
スタッフ同士の十分な意見交換、またお客様の要望を取り入れた
ニチワレリュームのオリジナルデザインを作製。
体のラインを美しく見せるシルエットやゆったりとした着心地のもの、
時代を超えて愛されるものから、流行を反映したトレンド性の高いものまで、
幅広く洗練されたデザインやサイズを起用しています。

また、表に出ない部分でも、商品によっては革の裏地をパイピング仕様にしたり、
さり気ない柄素材を使用したりと細部のデザインにもこだわりを持っています。

●こだわり抜いた革素材と腕利き職人の縫製
ニチワレリュームでは世界でもトップクラスの革の一つ、イタリア鞣しの革を中心に使用しています。
素材はデザインに合わせて、
ソフトで上品な質感のラムや味のあるアンティーク素材など最適なものを選んでいます。

その上質な革を、一部高級ブランド製品を取り扱う韓国や中国の工場にて縫製を行っています。
世界的にも高水準の技術を持っており、
工場といっても、その作業は一着ごとに1人の腕利き職人により仕上げられます。
そのため生産量は多くありませんが、より質の高いものが出来上がります。
また海外工場にはニチワのスタッフが直接出向き、縫製指示や検品などを行います。

●価格を抑える工夫
高品質な素材や洗練されたデザインなど、
良質な革製品を作ることに尽力するニチワレリュームですが、
価格にもこだわりをもって販売しています。

素材の買い付けは、
生産のフルシーズンである夏、買い付けのリピートシーズンである秋冬を避け、春先に行っています。
ピーク期を避けることで価格を抑えられるのはもちろん、
素材の良し悪しを吟味する時間もあり、こだわって買い付けることができます。

また縫製作業も閑散期である春先に行うことで、工程費用も抑えられます。

企画や販売業務など他社への発注をなるべく控え、
自社スタッフで一貫して行うことも価格を抑える工夫の一つです。
買い付けなどの重要な出張はもちろん、
検品や店頭での販売も社内のスタッフ全員で行っております。

ニチワスタッフの中には以前他社で革製品を扱っていた者もいますが、
そこでの相場と比べると、同じ品質のものをニチワではほぼ半額の値段で販売しています。
その値段には、当時そのスタッフも驚いたほどです。

 

せっかくニチワレリュームを選んで革製品を買っていただくなら、良いものを提供したい。
それでも、リーズナブルな価格設定を保ちたい。
質・デザイン・価格すべてにこだわったニチワレリューム製品をぜひご堪能下さい。

ニチワレリュームのこだわり ~私たちが考える良い革 No.2~

82607
前回は、革の見た目の違いをご紹介しました。
今回は肌触りや厚さ硬さなど、実際に触ったり着たりしたときの感触について、
革の種類に触れながらご紹介します。

●革の肌触りで分かる質
上質な革は、肌触りがとてもなめらかです。
キメの細かさと比例しますので、キメが細かいほど肌触りの良さも感じられます。
また、肌触りが一番の特徴といわれるムートン生地は、
フェイクムートンなどを使用した製品だと少しチクチクした感触や蒸れるような着心地ですが、
上質な素材は柔らかな毛布に包まれたように心地のよい肌触りです。
肌触りに関しては質と比例することがほとんどなので、
上質といわれるものほど着心地の良い製品になっています。

ニチワレリューム製品は、主にオンラインで販売しているため、
ご購入の際に触れて頂くことができないことが多いです。
しかし素材の質感にはこだわりと自信をもって製作しており、
お手元に届いた際にはお客様からお褒めの言葉を多く頂いております。
ご購入前にご質問を頂ければスタッフが丁寧にお答え致しますので
お気軽にお問い合わせください。

●革の種類から質感を知る
デザインや用途によってさまざまな種類の革が使われていて、見た目や着心地もそれぞれです。
革の生産地やなめしなどの工程でもさらに違いが出てきますが、主な特徴をご紹介します。

例えばバイクやモータースポーツの際に着るライダースジャケットは、
転倒時に体を守ってくれるような厚手で丈夫な革(主に牛革や馬革)、
小物などで使用される革は、軽くて薄く、さらに鮮やかな色が出やすい革(主に豚革)など、
それぞれの場面で必要とされる=良いものとされる革があります。

一方で、牛革や馬革は重さや硬さが気になったり、豚革は毛穴が少し目立つなど、ちょっとした欠点も。
それでも、それぞれの革に良さがあり、どの革が優れている・劣っているということはありません。
自分の用途や着る・使う場面を知っておくとより選びやすくなります。

ニチワレリュームがレザージャケットを作る際には、
日常で気軽に着て頂けるように薄くて軽く肌触りの良い革ラム革を主に使用しています。
どんなに見た目が良くても「重いものは着たくない」というお客様がいらっしゃれば着て頂けません。
それではせっかく上質な革を使っても勿体ない。
ニチワレリュームでは、より心地良くファッションを楽しんで頂けることを大切に考えています。

 

衣服は肌に触れるもの。着たときの感触や肌触りにもこだわりたいですよね。
今回ご紹介した革の特徴などを少し参考にして、自分の好みに合った革を見つけて下さいね。

ニチワレリュームのこだわり ~私たちが考える良い革 No.1~

84944
革ジャンなどの革製品を買うなら、品質の良いものを選びたいですよね。
でも、革の良し悪しって何を基準にすれば良いのでしょう?
革の見た目や肌触りなど、判断基準がたくさんあって難しそう……。
良い革とは何なのか。どんなところを見れば分かるのか。
ご参考になるようご紹介します。

●見た目で分かる革の質
もともと動物の皮から出来た革製品。
そのためシワや毛穴など、人の肌にも見られる特徴が多くあります。
革の表面を近くで見ると、「シボ」と呼ばれるシワの凹凸が見られ、
これがいわゆる肌の“キメ”となります。
つまり、この凹凸=キメが細かいほどなめらかで肌触りの良い質感になっています。

とはいえ、キメが細かいものだけが良いというわけではありません。
ビンテージやアンティークタイプには、自然の凹凸やキメの荒さを活かしたり、
わざと人工的にシワを作って味わいにすることも。
独特の風合いを楽しみたい方にとっては、キメが荒いものが魅力的に感じるかもしれません。

~「一枚革」というものについて~
レザージャケットやコートには、
胴体部分に「ハギ」と呼ばれる“切り替え”が見られるものとそうでないものがあります。
鞄などの小物でも同様です。
そのなかでも、切り替えがなく一枚の革で作られている革製品が
いいものである・高級であるという意見が多く聞かれます。

確かに一枚革は高級ですが、革の良し悪しはそれだけでは決まりません。

例えば、前述のような革のキメ・凹凸が細かい革は、
生後半年以内の若くて体の小さな羊の皮を使うことが多くあります。
そのため一頭から取れる皮が小さく、どんなに良い素材だとしても切り替えは必須になってきます。
反対に大人になると一頭からとれる皮は大きくなりますが、
凹凸が荒く、肉厚で重い革になります。
キメの細かいなめらかな革をお探しの場合、
一枚革ではご希望の感触とは程遠い革だったなんてことも。

革の大きさは、質の良さと比例するとは限りません。
そのため、ジャケット生地の切り替えのあるなしで革の良し悪しを判断するよりも、
実際に近くで見て、触ってみるのがいいかもしれません。

でもニチワレリュームではwebなどでの販売が多く、
「通信販売じゃ触る事なんてできないじゃない」と思いますよね。
またニチワレリュームでは各デザインにあわせた革を使用しており、それぞれ肌触りも違います。
でも、ご安心ください。
ご購入前にスタッフにメールやお電話にてご質問くだされば、
革の種類や特徴などきちんとお答えさせていただきます。

 

革も、もともとは動物の皮膚。
人の肌でよく「キメの細かい肌」がいいと言われるのと同じように、
革製品でもキメの細かさが一つの判断基準となります。
ご希望のデザインや雰囲気によって“良い”の基準は異なりますが、
今回ご紹介した違いをご参考に、ご希望の革探しを楽しんでみてください。

初心者のための革ジャン講座 ~革ジャンの魅力編~

これまで、革の豆知識やニチワのこだわり商品などをご紹介してきましたが、
今回は改めて、革ジャンの魅力は何であるかをご紹介したいと思います。
革に馴染みのない方、革製品をお持ちになったことのない方にも
魅力をお伝えできればと思います。

●素材の丈夫さ
革ジャンはバイクや飛行機のライダー用に作られました。
そのため、転倒などしてもケガを防げるよう丈夫に作られています。
革ジャンをはじめレザー製品が長持ちするのも、この生地の丈夫さがあるからこそ。
最近では牛革や馬革など耐久性のある素材はライダー用に、
街着などでは耐久性は劣るけど、軽やかに羽織れるラム革がファッションの主流になっています。

●時が経つほど魅力が増す
ニチワのブログで何度もお伝えしている「革ジャンの魅力」といえば、やはり経年変化を楽しめること。
他の生地だと、ほつれやヨレなど、時が経てば劣化してしまいますが、革ジャンはその逆。
時が経てば経つほど、その魅力が増してきます。
最初はかたい革ジャンも、年月を重ねるほど形が自分の体に馴染み、着心地も良くなってきます。
さらに、程よい色落ちで色合いにも深みが出てきます。自分だけの形や色になってくる感覚は、多くのファンを虜にしています。
またジーンズの様に、最初からダメージを与えて古着感を演出した素材も最近では増えてきています。

●程よい光沢感で大人の艶やかさと高級感を演出
革ジャン特有のツヤ感は、大人のワイルド感や色気を引き出します。
クロムなめしの比較的強い光沢感や、ベジタブルなめしの渋い半光沢感など、違いを楽しめるのも魅力的です。

他の生地とは、質感から手入れ・保管方法まで全く異なる革ジャン。
それだけ、革でしか味わえない魅力があります。
大人の魅力をぐんと高めてくれるツヤや質感は、他では味わえません。
良いものを選べば一生ものにもなり、一緒に年を重ねながらさらに魅力的になっていく嬉しさも味わえます。

バイク用 ライダース

「オートバイに乗る時用にライダースが欲しいんだけど、ラム革と牛革おすすめはどっちですか?」
お客様から頂いたご質問です。

ニチワレリュームのライダースは殆どがラム革で製造しています。

ライダースは本来カウスキン(牛革)やホースハイド(馬革)が主流です。
それはなぜか?
革自体が丈夫で、もし転んでしまっても革で体を保護してくれるからです。
そしてラムスキン(羊革)だと転んだとたんビリビリに破けてしまいます。
そう、革で一番弱いのがラムスキンなのです。

じゃあ何故ラムスキンで作るのか。

ライダース用の牛革は、丈夫だけどその分重く硬い素材。
近年ライダースを普段着用にも使えるよう、軽くて柔らかいのをお求めになるお客様が圧倒的に増えているからです。

当初は街着メインでつくられたニチワレリュームのラム革ライダース。

今では軽くて着やすいからと、バイク用にご購入いただくお客様も増えてまいりました。

街着メインの方も、バイク用にご検討の方も、ラム革ライダースお勧めです。
84957

写真の商品:ディストレスダブル/ライダース 1110021