ニチワニュース

東京レザー新春セール ご来店ありがとうございました

先週末の東京開催は、おかげ様で開店前から多くのお客様にお並びいただき大盛況でした。

特に初日は、旧ニチワ時代から人気の「難あり品・サンプル品」処分セールをおこないましたので、午前中は人、人、人と店内大賑わい。

検品ではじかれたり、着ているうちに変化する革の日焼け等、着るには全く問題ない品々や、商品化前に何度も試作したり撮影用に作ったサンプル品を原価割れでのご提供。

ニチワレリューム年一回のお祭りですので、我々スタッフはもちろん、関係者含めて購入禁止の商品ですので、とてもお買い得です。

もちろん他にもクリアランス価格の商品やハンパ処分品もあった東京クリアランスセール。
4日間の短期開催でしたが、無事昨日で終了しました。

これで今シーズンの直営レザー店舗(臨時)は終了となりますが、まだまだ商品を見てみたいと思われているお客様。

今週末1月21日まで、新宿マルイ本館5階のレザーフェアーにて出店しておりますので、残りわずかの日数ですが、よろしければ是非お越しください。

マルイ本館のレザーフェアーが終了しますと、実際に手に取れるのは事務所での購入のみとなります。

事務所でのご購入の際は、是非ご検討の上一度ご連絡いただければと思います。詳しくはこちら「事務所でのレザー購入について

この寒い1月~2月、まだまだレザーコートやムートン、カシミヤなどの重衣料が活躍します。

そして革ジャンやライダース、レザージャケットが楽しめる春の入口3月~4月。

まだまだレザーシーズンは続きます!

だいぶ品数が少なくなってきましたが、是非ご検討下さいませ。

 

レザーウエアーやカシミヤ製品のしつけ糸について

東京レザー店(臨時)クリアランスセールが昨日から開催しております。

今シーズン最後の東京開催となります。

天気もいいので、是非ご来店になってお買い物帰りに人気スポット「ダガヤサンドウ」でのお散歩&ランチを楽しんでみては如何でしょう。

残り3日間、皆様のご来店をお待ちしております。

いきなり話が変わりますが、先日お客様より「ポケットが縫われて使えないのですが」とのご質問をいただきました。

そうなんです。商品によりましては、胸ポケットやフロントポケットを糸で縫い付けている商品がございます。(主にレザージャケットやカシミヤ製品)

結論から申し上げますと、こちらは「しつけ糸」でございますので、糸を切っていただければポケットはご使用いただけます。

じゃあなぜこの様な糸を縫い付けているのかと申しますと、型崩れの防止のために縫い付けておりますので、基本はご購入後にご本人様に切っていただくことになります。

しつけ糸は、よくオーダーメードのスーツやブランド品などでも見られますが、販売時の型崩れ防止はもちろん、最近ではポケットに物を入れたり手を突っ込んだりすることで生地が伸びるのを嫌がるお客様も多くいらっしゃいます。

ニチワレリュームでも、柔らかいラム革やカシミヤ生地などはこの様な型崩れが起きやすく、以前お客様から「何故しつけ糸を付けていないのか」とのお声を頂戴しておりましたので、数年前から一部製品にしつけ処理をおこなっております。

ご購入後に、「ん、手が入らない」と思われたお客様へは、販売時にきちんとしたご説明が出来ておらず申し訳ございませんでした。

私共スタッフも店舗ではご説明するように注意しておりますが、どうしても混雑時や通販ご購入のお客様には説明ができない事もございました。

今回のお客様のご意見を参考に、店舗での説明、通販用の商品説明書にも付け加える様にしていきたいと思います。

切ったらいいのか?そのままがいいのか?

悩まれるお客様もいらっしゃるかとおもいますが、コートのポケットなどのしつけは基本切ってご使用いただいて問題ないと思います。

ただ、レザージャケットやカシミヤジャケットといったジャケット製品に関しましては、なるべくポケットに物を入れない様にして、しつけ糸そのままの状態の方がきれいなシルエットを保つことが出来ますので、そのままがお勧めです。

製品をどの様に使われるかによっても変わって来ますので、基本的には切る切らないは自由です。

でも、後ろのベントに縫い付けてある、バッテン型のしつけ糸や、カシミヤコートなどの袖についているラベルなどは、そのまま使う物ではございませんので、必ず取り外してお使いください。

今回はしつけ糸についてのお話しでした。

名古屋レザー店舗 ご来店ありがとうございました。

一週間ぶりの更新です。

この一週間名古屋レザー店舗(臨時)開催のため、ずっと名古屋に滞在しておりました。

名古屋開催は4日間のみの開催でしたが、初日からたくさんのお客様にお越しいただきました。

毎年名古屋開催は年明けの開催ですので、どうしても在庫切れ商品が多くなりますが、その分年明けセール価格にてご奉仕させていただきました。

今開催は、時期的にムートンとレザーコートに人気が集中しておりました。

たった4日間の開催でしたが中部地区のお客様、ご来店ありがとうございました。

また1年後もよろしくお願いします。

名古屋での滞在中、仕事以外の楽しみと言えばやはりなんといっても「名古屋飯」

私たちスタッフも、ランチに夜にと「名古屋飯」を楽しんできました。

味噌かつ、手羽先、台湾ラーメン。
そしてひつまぶしにあんかけスパと、どれも美味しかったのですが、中でもスタッフ全員がお気に入りだったのがサンドイッチと卵とじラーメン。

サンドイッチはあの有名店「コンパル」さんの海老フライサンド。
こちらはレザー店舗開催初日のランチとしていただいたのですが、とてもボリューミーでとても美味しいと皆絶賛。

帰りにお土産を買って帰ったスタッフもでるほどの人気ぶりでした。
ちなみに玉子焼きを挟んだコーチン玉子サンドもおすすめ。

名古屋駅近くでも買えるので、名古屋に来た時はお土産におすすめですよ。

そして卵とじラーメン。

こちらも名古屋では有名な「満珍軒」さんにおじゃま。

ちょっと名古屋駅からは地下鉄かタクシーでなければ行けない距離ですが、行く価値は十分。
いつも行列が出来る理由が分かる美味しさでした。

海外国内問わず、観光できる時間がない出張での楽しみは、なんといっても食事が一番お楽しみ。
今回もあれこれ「名古屋飯」を堪能でき、そしてなによりもたくさんのお客様にお越しいただいて、本当充実の名古屋開催でした。

充実ついでにもうひとつ、名古屋レザー店舗に旧ニチワ時代のスタッフがサプライズ訪問しに来てくれました。

お互い10年ぶりの再会。

さっそくその夜は一緒に食事をして、近況報告やニチワからニチワレリュームまでの経緯を話したりと、とても楽しい時間を過ごせました。

また来年の名古屋開催が楽しみです。

今回はかなり脱線した話になっちゃいました。

ここで大事なお知らせ
今週末から千駄ヶ谷会場で「新春クリアランスセール」がスタートします。

初日はサンプル品や少々難あり品の格安販売もございますので、是非ご来店くださいませ。

レザージャケットのサイズ感などのご質問について

新年あけましておめでとうございます。

お正月気分のなか、明日からお仕事の方、来週からの方、皆さんはどちらでしょう?

ニチワレリュームのお休みは今日まで。
明日の仕事始めは、お休み期間中にネット注文いただきましたお客様への出荷作業からスタート。

更に午後からは名古屋レザー店舗(臨時)の出荷作業と、初日からお正月気分が飛びそうなくらい忙しくなりそうです。(ありがたい事です)

そして、いよいよ名古屋レザー店舗が明後日6日より開催いたします。

時期的にカタログ掲載の商品でも既に完売やサイズ切れ商品もございますが、その分年明けセール価格になっておりますので、是非名古屋レザー店舗にお越しください。

ニチワレリュームを初めてご利用になるお客様も、実際に商品を手に取るチャンスです。

初めてといえば、今年はニチワレリュームをご利用いただいたお客様が飛躍的に増えたシーズンでもありました。

毎年レザーシーズンに入る秋口は、カタログをお配りしているリピーター様からのご注文が多かったのですが、東京開催の11月中旬からは、新規のお客様からのご注文やお問い合わせを多く頂戴しました。

お問い合わせのなかでも多かったのが、サイズ感や革質のご相談について。

やはり実際にご試着が出来ない通販では、サイズ感はかなり重要です。

タイト目に楽しんでいただきたい物や、ゆったりと着ていただきたいタイプと商品によって様々ですし、またお客様ご自身の着方のご希望もございますので、サイズ感のアドバイスは私共も一番慎重になるご質問です。

ニチワレリュームではサイズのご質問は1人のスタッフで対応せず、必ずスタッフ全員で答えを出してからご返事をするようにしております。

そうすることで、少しでもサイズ交換のお手間をかけない様にしておりますが、どうしてもアドバイスと違うケースもございます。
その様なときは、在庫がある場合商品に限りサイズの交換も承っておりますので、お気軽にご相談くださいませ。

また、革のグレードのご質問ですが、過去にご購入のあるリピーター様はご存知ですが、初めてニチワレリュームの革ジャンやレザージャケットをご購入するお客様は革の質感を気にされるお客様が多くいらっしゃいます。

確かに家電製品やゴルフ用品の様に街中のショップで下見が出来る商品ではないので、4~5万円クラスのレザージャケットや革ジャンをカートに入れるのはちょっと勇気がいりますよね。

なかなかネットでのアピールは難しいのですが、既存のレザー店舗を構えていた「ニチワ」時代から、現在までの取り組みを初めてのお客様にご理解いただけるよう、簡単ではございますが、弊社の物づくりに対するご「ニチワレリュームを初めてご利用になるお客様へ」といった紹介ページを作ってみました。

こちらをご覧になって、少しでもニチワレリュームの取り組みをご理解いただければと思っております。

また、その他のご質問も含めて一番お伝えしやすいのが、お電話によるご相談です。

旧ニチワ時代からのスタッフが揃っておりますので、よろしければお気軽にお電話にてご相談下さい。

昨年の事でしたが、ニチワレリュームのカシミヤ製品いついて、どの程度のグレードなのかというご質問をいただいた事がございました。

その時もお電話にてご相談させた頂き、ご購入後にお客様から「質がよく大変気に入った」とのお褒めの言葉を頂戴したのがなにより嬉しかったのを憶えています。

もちろん想像していた物ではなかったと、逆の意見もございます。

それらのご意見も含めて、常に品質向上のに活かすには、実際に生のお声が聞ける電話でのご質問が一番ありがたいと思っております。

この秋には6シーズン目を迎えるレザー専門店「ニチワレリューム

お客様からの沢山のご意見を頂戴しながら、スタッフ一同物つくりに励んでまいりますので、本年もよろしくお願い致します。

新宿マルイ本館5階のレザーフェアーにただいま出店中!

つい先日までお決まりのクリスマスソングが流れていたと思ったら、もう気分はお正月。

いよいよ2017年も今日を含めてあと5日。

ニチワレリュームの5シーズン目もいよいよ折り返し地点になってきました。

そしてニチワレリュームも本日で仕事納め。
新年は4日からスタートしますが、いきなり5日から名古屋開催の準備で臨時休業となります。

電話注文とお問い合わせは本日までですが、ネットでの販売は年明け4日発送になりますが24時間受け付けております。

更に店舗購入がご希望でしたら、現在新宿マルイ本館5階のフロアーにて開催されております「レザーフェアー」にメインメーカーとして出店しております。

今回は他社レザーメーカー様との共催ではございますが、メンズ・レディスともに取り揃えておりますので、是非新宿へもお越しください。

またまた悪い癖で話を変えちゃいますが、年末の大掃除ついでにお持ちのレザーウェアのお手入れをしてみては如何でしょうか。

革の種類にもよりますが、オイルケアをした方がいい製品と、そのまま乾拭きをして陰干ししておく製品とお手入れ方法は様々ですが、ほんのちょっとのお手入れが長持の秘訣です。

当ブログでも過去に革の種類別にお手入れの方法をご紹介しておりますので、是非過去のブログもご覧になってみて下さい。

当ブログも今回が年内最後となります。

今年も一年ありがとうございました。

来年も是非、ニチワレリュームをよろしくお願い致します。

良いお年を!

大阪レザー店舗 たくさんのお客様にお越しいただきました。

こんにちは、YTです。

ここ最近ライターMさんがニチワレリュームのブログに投稿してくださっておりましたが、久々に当ブログに戻ってまいりました。

今日はクリスマスイブ。
皆さんはどう過ごされるご予定でしょうか?

私は横浜、大阪と遠征続きで久々の日曜休暇。
とりあえず有馬記念を検討しながら、その後どう過ごすかゆっくり考えます。(と言っているうちに一日終わるパターンですが)

ここ最近、私どもの通販注文もプレゼント包装をご希望されるお客様が多くいらっしゃいました。

そして先週まで開催しておりました大阪レザー店舗もプレゼント用にたくさんご購入いただきました。

そんな大阪レザー店舗開催ですが、おかげ様でたくさんのお客様にお越しいただきました。

特に初日は開店前からお並びいただき、中には四国からお見えのお客様や、年明けまで待てないと名古屋からお越しいただいたお客様もいらっしゃいました。

年内の店舗開催も東京、横浜、大阪と開催が終わりひと段落。そして年明けはいよいよ名古屋開催がスタートします。

中部地区のお客様
よろしければ是非、名古屋開催お越しくださいませ。

また、年末になりだいぶ品切れ商品も出てまいりましたが、サイズ切れていたメンズムートンジャケットやハーフコートなど、追加生産していた商品が入荷してまいりました。

この2アイテムは今年の中でも特に人気のアイテム。
両アイテムとも見た目以上に軽い着心地で、革も肌理が細かくて肌触りも最高の一着です。

まだまだ活躍できるアイテムのムートンやレザーコート。
この機会にご検討してみては如何でしょうか。

ジャケット使いにコート使いと応用自在のレザーカバーオール

昨日のブログをご覧いただけましたか。

一年ぶりに臨時店舗にお越しいただいたライターMさんから投稿をいただきました。

私の誤字脱字(お恥ずかしい…)ブログと違って、さすがの内容です。

さて、ニチワレリューム東京臨時レザー店舗

おかげ様で初日からたくさんのお客様にお越しいただいております。

今回は通販顧客様にも店舗開催の告知をしておりましたので、初日の午前中から店内は人、人、人状態で、初日、2日目ともに終日たくさんのお客様で店内が賑わっておりました。(本当にありがとうございます。)

狭いスペースですが26日まで開催しておりますので、レザー製品をご検討でしたら、是非一度東京レザー店舗に遊びに来て下さい。

店舗開催していつも思うのですが、通販と店舗で人気の商品がだいぶ変わります。

もちろん共通の人気アイテムもたくさんあるのですが、通販では人気がないのに、店舗では日々何着も売れる商品が毎年必ず存在します。

時期的な問題もあるのでしょうが、この数日間で人気だったのがレザーカバーオール。

レザージャケットとしてもオフタイムのレザーコート感覚でも楽しめるカバーオールは、今年は全部で4アイテム。
どれも革やデザインやディテールなどが魅力的なアイテムですが、今回は4アイテムをここでご紹介しましょう。

まずはプレーンタイプの「1320008 ラムジップアップジャケット

見てのとおり、とことん無駄を省いてミニマルに徹したスタイルのなので、どんなシーンでも活躍するカバーオール。
インナー次第で春秋にサッと着られる革ジャンにも、冬のコート感覚でも楽しめます。

お次は「1320009 ベジタブルウォッシュスタンド

ラムベジタブルに洗い加工を施すことで古着感を演出。
肩のキルティングが特徴的で、デニムとの相性もバッチリなアンティックタイプのレザーカバーオールです。
カタログでは写真の扱いが小さ目でしたので目立ちませんでしたが、店で試着されて気に入るお客様が多いデザインです。

そして3スタイルめは「1320010 ゴートヌバックカバーオール

ニチワレリュームでは革ジャンやレザージャケットなどで実績のあるネービーカラーのゴートヌバック。

艶を抑えたマット表情が人気のヌバック仕上げは、素材だけでなくディテールにも注目。
襟裏のニットに外襟のナッパ使い、裏地は濃紺にスカイブルーのパイピングをあしらったりと細部までこだわって作りましたので、実際に店舗で見て気に入ってくださる方が多くいらっしゃるデザインです。

最後に紹介するのは冒頭の写真でご紹介している「1320011 パディングキルトスタンド

カタログでも大きく扱っている商品なので、既に通販でも人気の商品。
素材はもちろんですが、なんといっても注目はキルティング。
2ミリ間隔で3列に配したトリプルステッチによるキルト使いは、それだけで高級感が漂うレザーカバーオール。
こだわりのディテールに、上質ラム革ヌバックを使用した極上の肌触りなど、全てにおいてハイエンドクラスの一着は、その分ニチワレリュームの中でも高級プライスゾーンですが、その分自信を持っておすすめできるレザーカバーオールに仕上がっています。

レザージャケットとしてもレザーコートとしても楽しめる万能レザーカバーオールはどれも魅力的。

是非、店に見に来て下さい。
きっとご満足いただけます。

そしてそして、しばらくの間、当ブログはライターMさんの投稿記事を掲載します。

実際の着用体験はもちろん、ニチワレリュームの商品と相性のいいコーディーネート術などといった記事も掲載予定ですので楽しみにしてください。

その間私は横浜、大阪、名古屋と臨時店舗めぐりの旅に出てまいります。

もちろん旬なニュースなどがありましたら、ちょくちょく登場してまいります。

革ジャンからレザーコートまで、渋さ際立つエイジングレザー

いよいよ今週末から臨時店舗がスタートします。

最初の出店は東京の千駄ヶ谷で2週間の開催となります。

東京の後は横浜、大阪、名古屋と出店していきます。
詳しくはニチワレリュームホームページ内「臨時店舗」にてご確認ください。

臨時店舗が始まるといよいよシーズンまっただなか。
革ジャン、ライダースやレザージャケット中心に動く秋口から、11月中旬を迎えるこの時期になると、いよいよ全アイテムが動き出します。

今回はライダースからレザーことまでを同じ革で作ったアイテムをご紹介します。

まず使用している革ですが、上質のラムにアンティック加工を施したベージュ色の革
名付けて「エイジングレザー」

写真では少し分かり難いですが、革本来の風合いを活かして染色した細かなムラ染めがとっても魅力のラムスキン。

エイジングレザーとは、本来着込みながらオイルケアをして経年劣化を楽しむものですが、こちらは染料をムラに染みこませることでエイジング効果を生みでした素材になります。

実はこの革から昨年登場したのですが、昨年は早い段階でライダースとレザージャケットが完売してしまいました。

以前当ブログでもご紹介しましたが、テレビドラマで使用されてからこの革のジャケットへのお問い合わせがあいつぎ、今年も染めることを決めました。

そして今年の上がりですが、昨年に比べて少し濃いめのベージュに仕上がりました。

革のクオリティも染料配合も一緒なのですが、その時の気温や水などのコンディションによって色味が変化する。
まさに自然素材の難しさでもあり、面白さでもあります。

そして出来上がった今年のスタイルは全部で3型。

まずは冒頭のライダースジャケット「1110037 ラムヴィンテージスタンド
昨年のプレーンタイプに対し、今年は胸のジッパーや襟ベルトなどを加えてよりアクティブなイメージに仕上げました。

写真の様に、秋口や春先に白のパンツに合せたり、デニムに合せてカジュアルにも楽しめる革ジャンです。

そしてお次はレザージャケット「1310018 ラムアーバンテーラード

こちらは2年目になりますのでもう説明は不要ですね。
昨年に比べて深みのあるベージュになりましたので、よりシックな印象になりました。

ちなみにテレにドラマで使用したレザージャケットも、今年の色目と同じです。

最後は初登場のチェスターコート「1410026 ラムアンティックチェスター

ほど良いヴィンテージ感で存在感バッチリのレザーコート。
ムラ染めなのでオフに使用するカジュアルコートに思われますが、オンの時でも全然OK

それ自体が特徴的なので、シンプルなインナーと合せれば、多彩なシーンで着こなすことが出来るレザーコートです。

適度なユーズど感でハードに見えがちですが、この革の売りはなんといってもその独特の表情と見た目からは想像できないタッチの柔らかさ。

もし写真でイメージが出来ないようでしたら、是非とも今週末開催の臨時店舗に見に来て下さい。

きっとなめらかな肌触りを気に入っていただけるはずです。

個性光るGジャンスタイルの革ジャンならコーデも自由自在

レザーシーズン突入の11月、当然ですがニチワレリュームも一番忙しい時期。

おかげでデスクワーク中心の夏に蓄積された体重が少しずつ減る時期でもあります。

本当は夏場に向けて減量したいのですが、まあ冬場の体重減も良しとしましょう。

そういえば忙しい時の時短用に、先日ネット注文したカップめんにノベルティでふりかけが付いてきました。

さっそくコンビニの塩にぎりにふりかけて食べてみたかったのですが、カップめんとおにぎりが同じ味では飽きてしまうので、また今度という事で机の引き出しにしまっておく事にします。

いつもの余計話しはいいとして、商品ご紹介に移りましょう。

時期的にそろそろレザーコートやレザーダウンを紹介したいのですが、もうちょっとだけショート丈をご紹介させて下さい。

今回紹介するのは、味わいのあるGジャンタイプの革ジャン「1110043 カウスプリットジャケット」

厚手のカウスキン(牛革)使いのスエードタイプ。
実はこの革ジャンは、お客様からのご意見をもとに企画した商品。

スエード特有のマットな質感が、とても落ち着きのある革ジャンに仕上がりました。

当初はキャメルと2色での販売を予定しておりましたが、キャメルカラーのスキン状態が良くなかったので、今回は出来の良かった黒のみの販売です。

Gジャンタイプの革ジャンでしたら、コーデも自由自在。

ロンTやパーカーインナーに黒のスキニ-パンツでキレイめに。

ボーダーにデニムの合わせでカジュアルにと、主調が強すぎないスエード素材だからこそ様々なコーデが楽しめます。

今年はカーキとボルドーに注目!渋カラーレザージャケット

早いもので今日から11月
2017年もあと2ケ月でお終いなんて…

本当に月日が経つのって早いですね。
ついこの間にブラジルのW杯が終わったと思っていたのに、2018年の大会はあと7か月。

こんな調子じゃ東京オリンピックもあっという間。
「お・も・て・な・し」で盛り上がった招致活動もついこの間だった気が…

新作案内も革ジャンライダースやレザージャケットを中心にお伝えしていましたが、あっという間に重衣料系の季節になって来ました。

まあ月日の話しはこれくらいにして、そろそろ本題にしましょう。

前回のブログを読んでいただいたお客様から、ブラックレザーだけじゃなくてカラーレザーも紹介してほしいとのメールを頂戴しました。

という事で今回は今年の人気の渋カラーレザー、カーキ&ボルドーをご紹介。

まずはカーキからレザーブルゾンとレザージャケット。

冒頭の写真は「1110041 リブスタンドブルゾン
ニチワレリュームでは毎年人気のカーキでしたが、革ジャンタイプのカーキは初登場。
実はこのスタイル、ニチワレリュームの提携工場からの提案。

今年最初のミーティングで現地入りした時に、サンプルを見てスタッフ全員が一目惚れ。
カーキという色も印象的ですが、やはりこの商品の一番の特徴は襟と袖のニット使いと胸周りのデザイン。
グレーニットで配色にすることでカーキの渋みを更に引き立たせ、プレーンな右の前身頃に対し、左胸にはファスナー付きのポケットと肩口のパッチワークデザインがポイントにした左右非対称のデザイン。
製品化に向けてからは、サイズはもちろんそれらのデザインの見直しに試行錯誤しましたが、とてもシックな大人の革ジャンに仕上がりました。

そしてもう一つのカーキは「1310022 ベジタブルウォッシュジャケット


前回黒をご紹介した時に語りつくしましたが、こちらの渋色カーキもおすすめ。
黒同様に柄の裏地使いでとてもおしゃれなスタンドレザージャケットです。

続いては今年の旬カラーのボルドー
紹介するのは「1110040 ベジタブルスタンドジャケット」「1310023 ラムベジタブルテーラード


既にカタログでも当サイトでも目立っておりますが、ライダースジャケットとテーラードジャケットで仕上げた2デザインはともに人気。

両アイテムともボルドー色を活かすため、シンプルデザインに徹して仕上げました。
この商品の一番の苦労は色出し。
なかなか思う様なワインカラーが出ず、イタリアのタンナー(鞣し工場)と何度も何度も染色テストを繰り返しました。

今回ご紹介した全4スタイルは、全て人気のベジタブル鞣し。

ほど良い光沢感とハードな印象が味わい深く、ラムの風合いをそのまま活かした革なので、着込むほどにオンリーワンの一着になる事を約束します。

以上、渋カラーのご紹介でした。