レザーコート特集(メンズ編)

レザーコート特集(メンズ編)

“大人の男”の魅力を引き出すレザーコート。

高級感や上質な肌触りはもちろん、プライベートにもビジネスシーンにも使える着回しの良さが魅力です。

ニチワレリュームがおすすめする、冬のマストアイテムをご紹介します。

続きを読む

いよいよ明日から東京臨時店舗!ただいま準備中

今日は朝から臨時店舗の準備でバタバタ。

午前中に通信販売でご注文いただいたお客様への発送作業を済ませ、午後一で2トンチャーターに荷物を積み込み会場へ。

会場は今年も千駄ヶ谷のレンタルスペース。

会場までの移動道中、千駄ヶ谷の有名ラーメン屋「ホープ件」でランチしようとの目論みも外れ、
着くなり什器の設営や電話の設置、商品の陳列作業と時間に追われる。

夕方になってようやく店らしくなり、パソコンの接続確認を兼ねて会場のPCからブログ更新しました。

物量に対して少しばかり手狭ではありますが、明日からは倉庫と店舗を何往復もして商品フォローしますので、

是非、お時間あったら遊びに来てくださいね。

カタログ掲載以外のキャリー品やアウトレット品などのお買い得もたくさんご用意していますよ。

皆様のご来店心よりお待ちしております。

革ジャンの馴染ませ方

63051584_o3
新品の革ジャン、特に牛革や馬革のライダースなどはとても硬い質感です。
床に置くとそのまま立つものもあるほどです。
革の丈夫さやハードな着心地が特徴である一方、
着るほどに自分の体に馴染んだり、程よくシワができたりと“味”が出てくるのが魅力の革ジャン。
時にはその新品感が少し邪魔に感じてしまうことも。
最近では最初から薄くて柔らかい生地もあり、
硬めの革ジャンも当然着れば馴染んできますが、なるべく早く馴染ませたいですよね。
過度なお手入れはおすすめしませんが、少しでも効果の出る馴染ませ方をご紹介します。

●引っ張る・揉む・動く!
革ジャンを着て適度に引っ張る、時間があれば革ジャンを揉む、革ジャンを着ながら運動をする
というのが、地道ですが無難で一番の方法。
肘を曲げたり肩を回したり、関節を使った動きがより効果的です。
腕立て伏せやラジオ体操をする人もいるとか。
革ジャンの上からさらにナイロン製のジャケットやコートを羽織ると、
革ジャンが温まってより柔らかくなるようです。

強く引っ張り過ぎたり、運動などで無理をすることは禁物ですが、
やはり一番は革ジャンを着て動くことです。

●こまめなオイルケアで革ジャンを柔らかく
オイルケアをこまめにして揉み込むというのも馴染ませ術の一つ。
ただラナパーオイルはあまり浸透性にすぐれないため、馴染ませるという面では適さないかもしれません。
革を柔らかくするには、やはりミンクオイルがおすすめ。
しかしあまりに塗り過ぎるとベタつきやカビの原因にもなりますので、
オイルは薄く伸ばす程度に塗って乾いた布でふき取りましょう。

革ジャンの中には、ただ着ているだけだと馴染ませるのに何年もかかるものもあります。
その年月があるからこそ愛着も沸くのですが、
硬い革ジャンだと少し首元や肩回りが苦しいこともあるので、
着心地の面でも早く柔らかくしたいですよね。

中には革ジャンを着たままお風呂に入ったり、
革ジャンを表裏で交互に繰り返して着るなどの荒業を実施されているとの声もありますが……。
革ジャンを水につけるなど少しリスキーな方法なので、あまりおすすめはできません。

やり過ぎは禁物ですが、なるべく革ジャンを着る時間を多く取って馴染ませ、
あなただけの革ジャンにしてください。

多彩な表情を生む、ムートンコンビネーション

今年のレディスムートンジャケットは、異素材とのコンビネーションに注目。

衿と袖のニット使いで、着心地も抜群のムートンジャケット

1620015 ムートンコンビネーション

3

ファスナーの留め位置によってはライダース風の着こなしも楽しめて、今迄とは一味も二味もつがうムートンに仕上がりました。

ムートンと言えばトスカーナ使いなどボリューミーなファー使いがにんきですが、

カジュアル感のあるニットとのコラボムートンも今年一押しアイテムです。

モデルチェンジした人気のレッドダウン

昨年も人気だったレザーダウンコートの赤色。

去年から継続して人気のダッフルコートタイプのレザーダウンジャケットに、今年は更にもう一点新作が登場。

1120021ファー付フードダウン

5

高級ラムスキンを使用し、人気の赤色はそのままに。
今年は衿と前立てにニット素材を使った異素材とのコンビネーションが目新しいダウンコートに仕上がりました。

カジュアルからビジネスシーンまで活躍するレザーダウンコート。

赤がちょっとと思われてお客様もご安心。

ダッフルタイプはカーキグレー。
そして今新作は黒もご用意しています。

絶妙グレーのレザーダウンベスト

レザーウェアで、使い勝手がうりのマストアイテムと言われて、私たちスタッフが思い浮かぶアイテムと言えばレザーダウンベスト。

今年のベストは飽きのこないグレーカラー。

実は今回のベスト、今季企画段階で最後までどの色で作るか悩みに悩んだアイテム。

じゃあなぜグレー?いつグレー?と言われそうですが、この色になったきっかけは3月の出張時。

ハイグレードのイタリータンナー(鞣し屋)のラムスキンでいい色目のグレーがあるけどと提案された革。

スタッフ一同、見た瞬間にこれレザーダウンベストにいいんじゃない。と意見が一致。

画像ではなかなか伝え難いのですが、微妙にグリーンを配合したグレーで、何とも言えないいい色合いです。

もう少し量があったら通常のレザーダウンジャケットにしたかったけど、革の量が少量のため、今回はベストのみでの作成となりました。

1120015 フーテッドダウンベスト

1

 

保温性抜群!キルティングライダース

革ジャンに革のブルゾンに革のジャケット。

今年も豊富なニチワレリュームコレクション。

もう一つお忘れのデザインがありませんか?

そう、あるんです。キルティング使いが人気のネービーで新登場。

1110024 ラムキルトスタンド

1

スタンド衿ですっきり感際立つライダースタイプ。
絶妙な着丈感もさることながら、衿裏にウール素材を施すなど細部までこだわったレザーブルゾン。

大人なお洒落感を演出しながらも、薄手のパディング(中綿)入りで保温性も抜群です。

 

東京「千駄ヶ谷」臨時店舗開催のお知らせ

ここ最近お問い合わせの多かった臨時店舗の開催。

今年も東京・大阪・横浜・名古屋の4店舗で準備を進めておりますが、
まずはその第一弾である東京千駄ヶ谷にて、来週11月21日からの開催が決定しました。

例年、東京店にてご登録いただいた会員様にはご案内状をお送りしておりましたが、
今年はカタログを、ご案内状とともに本日より発送いたします。

通信販売では実際に商品を手に取れないから店舗開催してと、毎年多くのお問い合わせをいただいておりました。

店舗開催をたのしみにしてくださっているお客様。
本当に、本当にお待たせしました。

今年も千駄ヶ谷の臨時店舗にて、皆様にお会いできる日を楽しみにしてます。

期間は約二週間となります。
是非、ご家族、ご友人、連れ添って遊びに来てください。

詳しい詳細は「臨時店舗」のご案内をご覧ください。

 

存在感際立つシングルライダース

先日、旧ニチワ時代に何度か衣装提供させていただいた鹿児島出身の大物ミュージシャン&俳優のN・Tさんがテレビ番組で言った事。

「ソフトクリームにチョコやミックスは要らん。王道はバニラだよ、バニラ。シンプルが一番さ」

実は、私も同意見。
ちなみに初めてのラーメン屋でもまずはシンプルに醤油を頼むタイプです。

実は旧ニチワ時代からもシンプル好きのお客様は多くいらっしゃいました。

そして、そして。
 我がニチワレリュームでも、こったデザインはいらないからシンプルな黒ライダースが欲しいと言われるお客様が結構多くいらっしゃいます。

そうですよね。シンプル好きのお客様。
大変失礼いたしました。
ここ最近、当ブログにてデザイン物ばかりご紹介してきましたけど、もちろんありますよシンプルレザー。

1110022 ベジタブルスタンド

83310

味わい深い人気のベジタブル鞣しを使用したプレーンなシングルライダース。

軽めのウオッシュを施した程度で、それ以外はあえていじらず作り上げた一着は、本格スタイルだからこそこだわり派におすすめです。

ハードなイメージながら、ソフトなラム革使いで軽やかな着心地を実現。
シンプルだからこそごまかしのきかない王道ライダースです。

 

スタイルに縛られないGジャンタイプ

旧ニチワ時代からしばらくご無沙汰だったレザーのGジャンタイプ。

今年は製品洗いをかけたヴィンテージ加工のGジャンレザーが久々にラインナップ。

1110025 ラムウオッシュGジャン

名称未設定-2

ウオッシュ加工が適度なこなれ感を演出し、更に渋みのあるモカ色が魅力的なGジャンレザー。

幅広いファッションで活用でき、カジュアルな佇まいが魅力のGジャンスタイルは、
一着あるだけで応用効果が高いマストアイテムです。