新作が上陸

先週末、今季新作の大半が倉庫に無事到着しました。

ニチワレリュームの革はその殆どがイタリー鞣し。

原皮がイタリアから韓国と中国にわたり、裁断と縫製をしたのち現地検品を経て船で日本へ。

そして日本に着いて税関を通過して倉庫に入ります。
この間約4か月と長~い長~い旅。

これで旅は終わりかと…
違うんです。

これから倉庫検品やプレスなど、お客様のお手元にお届けできるクオリティか再度チェックしてから出荷可能状況となります。

ですので商品として販売できるのは10月に入ってから。
あともう少しだけお待ちください。

あらためて感じる自然の怖さ

各地に大きな爪跡を残した先週の台風。

実はニチワレリュームがいつも革の袖つめ等、レザーの修理をお願いしている業者様の所在地が茨城県の常総市。
まさしく鬼怒川が決壊した場所なのです。

以前訪問した時に降りた最寄駅が水没している映像をニュースで見て、心配になり金曜日に電話したのですが、週末まで何度かけても「電話が繋がりません」の放送が流れるだけ。

ようやく今日になって電話が繋がり、業者の方々が無事だったことが確認できました。

業者の方の無事は何よりですが、お亡くなりになられた方、現在も行方不明者の方々の事を思うと心が痛みます。

被害に遭われた皆さまには謹んでお見舞いを申し上げますと共に、これ以上被害が大きくならない事をお祈りいたします。

 

本革の魅力とは

近年流行りの合皮レザー。
年々進化して一昔前に比べるとプロの私たちでも一瞬本革かと見間違うほど。

素材も表革からスエード・ムートンと豊富に出そろう合成皮革。

そして一番の魅力といえばなんと言っても価格。
高級素材のレザーアイテムがリーズナブルに着れちゃうんだから合皮の人気も分かります。

でもでも、実は最近リアルレザーに人気が戻って来てるんですよ。

ニチワレリュームの顧客の方で合皮を買われたお客様のご意見を聞くと、ほとんどのお客様が着用時に蒸れる不快適さとひび割れなどの耐久性の悪さについて言われるのです。

実はリアルレザーは、着たときに冷たい外気を遮断しつつも、内側にこもった湿気を革自体が素材を通して放出してくれてるんです。

そうなんです。実は皮膚呼吸しているんです。

そのため、合皮のように「湿気の逃げ道がない」なんてことはないので快適に着用していただけます。
そしてきちんとケアしてくだされば、合皮よりも長持ちします。

高級素材をリーズナブルに提供するニチワレリュームのプライスを持ってしても、合皮の価格にはかないません。
でも高価な分、快適な着心地を約束するのもリアルレザーの魅力です。

バイク用 ライダース

「オートバイに乗る時用にライダースが欲しいんだけど、ラム革と牛革おすすめはどっちですか?」
お客様から頂いたご質問です。

ニチワレリュームのライダースは殆どがラム革で製造しています。

ライダースは本来カウスキン(牛革)やホースハイド(馬革)が主流です。
それはなぜか?
革自体が丈夫で、もし転んでしまっても革で体を保護してくれるからです。
そしてラムスキン(羊革)だと転んだとたんビリビリに破けてしまいます。
そう、革で一番弱いのがラムスキンなのです。

じゃあ何故ラムスキンで作るのか。

ライダース用の牛革は、丈夫だけどその分重く硬い素材。
近年ライダースを普段着用にも使えるよう、軽くて柔らかいのをお求めになるお客様が圧倒的に増えているからです。

当初は街着メインでつくられたニチワレリュームのラム革ライダース。

今では軽くて着やすいからと、バイク用にご購入いただくお客様も増えてまいりました。

街着メインの方も、バイク用にご検討の方も、ラム革ライダースお勧めです。
84957

写真の商品:ディストレスダブル/ライダース 1110021

 

ラビットポンチョが人気です。

アウトレット商品の中で、今月に入ってからたくさんのご注文をいただいている商品があります。
答えは4910004ラビット編込ポンチョ。今一番の人気です。
優しい肌触りとシルキーな光沢感が魅力のラビットファーをボリュームたっぷりに編み込んだポンチョ。
軽やかな着心地で、スカートにはもちろんデニムなどのパンツスタイルにも着回し自在で、まさにこれからの秋口にピッタリのアイテム。
残念ながらライトグレーは完売したしましましたが、ブラックとブラウンは若干数ですが在庫あり。
定価の40%OFFでお買い得ですよ~。

雨続きの時はレザーの陰干しを

ここ数日ジメジメした日が続いていますね。
少し前の猛暑より気候的には過ごしやすいのですが、反面革製品には過ごしにくい時期でもあります。

そう、この時期レザーにとって何と言っても一番の敵がカビ。

肌寒くなってきたからそろそろとクローゼットから出してみたら既にカビが…
「革ジャンにカビが、ど、どうしたらいいの~」
て感じのお問い合わせ、毎年シーズン前になると数件のご相談があります。

はっきり言って革にカビは一番の大敵です。

表面上拭き取ったとしても、革の中で生き続けて再発生する場合もあるので非常に厄介です。

そんなカビの解決法ですが、一番は発生させない事。
答えになっていませんね。でも本当なんですこれ。

梅雨や秋口など天候が不安定な時期は、クローゼットから出して光の当たらない場所で陰干しする事をおすすめします。

それだけでもカビの発生を抑えるのに効果的ですよ。

ただし必ず光(陽の光はもちろん室内灯も)に長時間当てないでくださいね。日焼けの原因となります。

カビが発生した時の対処法はまた今度お知らせしますね。

ダウン&カバーオールで冬の準備しませんか

猛暑が落ち着きはじめた最近。多少涼しくなったせいか、最近ご購入いただけるお客様が増えてまいりました。

そろそろ冬に備えてと思いながらホームページを見て「ポチッ」として下さったのでしょうか。
皆様お買い上げありがとうございます。

キャリー品もアウトレットも、この週末で完売した商品やサイズ着れした商品が増えてきました。

おすすめは?と聞かれたら、当然「全部です」と言いたいのですが。中でもアンティックのレザーダウン(1120004)とレザーカバーオール(1320004)が一押し。

どちらも人気のアンティツクグレーの革ですが、共に昨年人気だった商品で今季もカタログ掲載するか最後まで検討した商品。

他のデザインに変更のため、泣く泣くキャリー品にした商品だけに鮮度は全然落ちていません。

既にサイズ切れして数量わずかですが、一度ご検討してみてください。

1120004 ラムダウンジャングル                    1320004 ラムディストレスジャケット

11

 

今年も活躍!定番レザージャケット

レザー専門店「ニチワレリューム」のブログです。

去年の臨時店舗にて、お客様から最近レザージャケットを売るお店が少なくなったとのご意見がちらほら。
特に定番であるテーラードジャケットが欲しいのに、なかなかいい素材のジャケットが見つからないとのこと。

そうなんです。私たちも去年街中を見て思ったのですが、お店で取り扱っているレザーアイテムの殆どはライダースやブルゾンが中心。
レザージャケットやレザーコートは確かに少なかった記憶があります。

でも大丈夫。ニチワレリュームでは今年もレザージャケットを豊富にラインナップ。

なかでも王道であるテーラードの黒は、きめの細かい高級なラムスキンを使用。
定番スタイルだからこそ、素材の良さに力を入れて作りました。

画像では質感がお伝えにくいですが、お手に取っていただければ、ソフトでしなやかな着心地を感じていただける事間違いなし。
今年も黒とアイボリーの二色での展開予定です。

1310012 ソフトラムテーラード

1310012 ソフトラムテーラード

レザージャケットのラインナップはコチラ。

2015カタログ無料プレゼント受付開始

レザー専門店「ニチワレリューム」のブログです。

最近になって電話やメールでのお問い合わせが多くなってきた2015年の新作カタログ。

現在カタログは作成中ですが、お客様の要望に応えるべくカタログの先行受付を本日よりスタートしました。

カタログ発送は10月末とまだまだ先ですが、ご登録いただければニチワレリューム会員様と同じ日に発送します。

メンズレザーはライダースタイプからダウンやコートまでバリエーション豊かなスタイルを。

レディースはレザーからウール&ダウンにファー小物と豊富なアイテムを。

特に今年はムートンの種類も増え、今から冬のシーズンが待ち遠しいコレクションが盛りだくさんです。

ご興味のある方は、今すぐ先行カタログ受付を。カタログはもちろん無料でのお届けです。

カタログ請求はこちら

FullSizeRender

キャリー品が特別プライス

レザー専門店「ニチワレリューム」のブログです。

キャリー品の特別販売がスタートしました。

レザーウェアはもちろんファーやバッグなど小物アイテムまで30%割引のスペシャルプライス。

キャリー品と言っても新作として十分通用しちゃうアイテムの数々。

どの商品も再販予定のない売り切りアイテムなので早い者勝ちです。

是非ご検討下さい。