初心者のための革ジャン講座 ~注意事項編~

デリケートな素材を使用している革ジャン。そのため、扱いには少し気を遣うことも。
そこで今回は、革ジャンを着用する際の注意事項をご紹介します。
小さなことですが、少し気を付けるだけで革ジャンを長く奇麗に使うことが出来ます。

●革ジャンに水分は大敵!
革は水分に弱いので、雨の日などは十分気を付けてください。
水に濡れてしまったことにより、カビや染みが出来てしまったり、油分が取れてしまうことで表面がパサつき、
型崩れなどが起こってしまうことがあります。
防水スプレーなどで対策し、もし濡れてしまった場合はきちんとお手入れをしてあげて下さい。

●革ジャンの普段のお手入れはふき取りで十分!
水に弱い生地なので、洗濯は控えましょう。
普段は布やブラシでふき取り、時々オイルやクリームを塗るだけでお手入れは十分です。
ただ、オイル・クリームの塗り過ぎには要注意。カビなどの原因になってしまうこともあります。

注 革によってはミンクオイルがお使いいただけない場合があります。

●革ジャンは色移りすることも
革ジャンは染物ですので、まだ買って間もない頃だとインナーなどに色移りしてしまうことがあります。
着用するときは同系色または汚れても差し支えのないインナーを選ぶようにしましょう。
また、保管する際は衣服カバーを忘れずに。

注 衣服カバーは必ず通気性のある物を使用して下さい。ビニールなど通気性のない物はカビの原因となります。またカバーの代わりに布団用シーツを肩から掛けるのも効果的です。

特殊でデリケートな素材なので注意事項は多いかもしれませんが、
少し気を配るだけで他の生地の衣類よりもうんと長持ちし、経年変化も楽しめます。
革ジャンは一生ものにもなりますので、一緒に年を取るような感覚で大切にたくさん着てくださいね。

3Lと4Lレザーが人気です

以前、大きいサイズのレザーについて2日に渡り書きこみましたが、ご覧になって下さったお客様方からか、
ここ数日で大きいサイズのご注文を多くいただいております。

カタログをお配りした段階でMサイズから4Lサイズまでご注文はあるのですが、
それでも比率的にLL、3L、4Lのご注文とお問い合わせが多いです。

そして更に注目が4Lサイズ

今年レザーブルゾンの中で、私たちスタッフが2トップ(勝手に)に位置付けている2アイテム

ラムキルトスタンド 1110024

83921

そして昨日も紹介した ラムアンティツクパーカ 1110019

84019

どちらも4Lサイズのご注文を多くいただいております。

実はご注今回、ご注文して下さったお客様からいただいたご意見で同じ内容が数件ありました。

それは
どのメーカーを探しても定番のデザインや黒は大きいサイズがあるけど、個性的なデザインや色物が欲しいと思っても
サイズがLLまでしかないから今までは定番を買うか購入を諦めていた。
でも今季は色物やも個性的なデザインも4Lがあるので注文したんだよ。

この様なお声をたくさんいただき、スタッフ一同大変喜んでいるとともに、よかった~と心の中で叫んでおります。

今年は↑の2アイテム以外にも、レザーダウンにレザージャケット。
更にレザーコートにいたるまで全アイテムではないですが、4Lを豊富に取り揃えました。

そしてラインナップの9割以上を3Lまでご用意してます。

ただし、ただし、以前にも書きましたがどの品番も他のサイズより数は少なめです。

大きいサイズをご検討のお客様。是非、お早めにご検討下さい。

革ジャンが雨に濡れてしまった時のお手入れ法

9d86a150e74174715927b15e8c0005f1_s

革ジャンに関するトラブルで特に多いのが、「雨で革ジャンが濡れてしまった!」というもの。革は水分に弱いので、雨や雪の日の使用はなるべく控えていただきたいのですが、お気に入りの服は天気を気にせずいつでも着たいですよね。そこで今回は、雨で濡れてしまった革ジャンのお手入れ法をご紹介します。

 

  • 濡れた革ジャンは、まず乾いた布で水分をとる

革ジャンが雨や雪などで濡れてしまったら、まずは乾いたタオルなどの布で、たたくように水分をとる、というのが基本のお手入れ。そのまま干してしまっても、いきなり乾燥機にかけてもNG。まずはタオルを用意してください。

 

  • 濡れ方によって違う手入れ法

一口に「濡れた」といっても、濡れた範囲や程度などはさまざまですよね。革ジャンの一部が少しだけ濡れてしまった場合、タオルやハンカチでトントンとたたく程度でOK。
急なにわか雨に遭遇するなどして、革ジャンが全体的に濡れてしまった場合、バスタオルなど大きな布で包み込むようにしてください。
革ジャンの一部だけがずぶ濡れになってしまった場合(雨の日、傘をさして歩くとこうなる場合が多いです)、濡れた部分のみ拭いて手入れをしても、そこが跡になり、シミになってしまいます。水分を含んだタオルで包み、一度革ジャン全体に水分を含ませましょう。

 

  • 早く乾かしたくても、革ジャンに乾燥機や日光乾燥はNG!

乾いた布である程度水分をとったら、陰干しで自然乾燥させることが、雨のときのお手入れで重要なポイント。熱や火気、日光などで急激に乾燥させることは、革ジャンの色褪せや硬化などの原因になってしまうので厳禁です。早く乾かしたい! と思うかもしれませんが、革ジャンのためにも日陰でじっくり乾燥させましょう。

 

  • 乾燥後の革ジャンはブラッシングやオイルで最後までお手入れ

濡れてしまった革ジャンは乾くと、表面の油分がとれてしまうことも。せっかくお手入れしたのに、革ジャンがパサパサで硬い質感になってしまっては残念ですよね。そんなときは、オイルで油分を補ってください。ミンクオイルのクリームやスプレー、モイスチャークリームなどを革ジャンに塗布しましょう。ここまでお手入れすれば、雨で濡れてしまった革ジャンも元通りに着られるようになります。

※革ジャンの種類によってはオイルを使用できないものもあります。

また、起毛革はブラッシングで毛並みを整えるなどのお手入れをしましょう。

雨の日は気温が上がらないことが多いので、寒さ対策のためにも革ジャンを着たいですよね。しかし、前述のように、革は水分に弱い素材です。
やはり一番は水分を避けること。大切な革ジャンを長く愛用するためにも、雨の日の着用や水分には十分な配慮が必要と言えます。それでも濡れてしまった場合は、ここで紹介したお手入れ法を参考にしてくださいね。

初心者のための革ジャン講座 ~革ジャンの魅力編~

これまで、革の豆知識やニチワのこだわり商品などをご紹介してきましたが、
今回は改めて、革ジャンの魅力は何であるかをご紹介したいと思います。
革に馴染みのない方、革製品をお持ちになったことのない方にも
魅力をお伝えできればと思います。

●素材の丈夫さ
革ジャンはバイクや飛行機のライダー用に作られました。
そのため、転倒などしてもケガを防げるよう丈夫に作られています。
革ジャンをはじめレザー製品が長持ちするのも、この生地の丈夫さがあるからこそ。
最近では牛革や馬革など耐久性のある素材はライダー用に、
街着などでは耐久性は劣るけど、軽やかに羽織れるラム革がファッションの主流になっています。

●時が経つほど魅力が増す
ニチワのブログで何度もお伝えしている「革ジャンの魅力」といえば、やはり経年変化を楽しめること。
他の生地だと、ほつれやヨレなど、時が経てば劣化してしまいますが、革ジャンはその逆。
時が経てば経つほど、その魅力が増してきます。
最初はかたい革ジャンも、年月を重ねるほど形が自分の体に馴染み、着心地も良くなってきます。
さらに、程よい色落ちで色合いにも深みが出てきます。自分だけの形や色になってくる感覚は、多くのファンを虜にしています。
またジーンズの様に、最初からダメージを与えて古着感を演出した素材も最近では増えてきています。

●程よい光沢感で大人の艶やかさと高級感を演出
革ジャン特有のツヤ感は、大人のワイルド感や色気を引き出します。
クロムなめしの比較的強い光沢感や、ベジタブルなめしの渋い半光沢感など、違いを楽しめるのも魅力的です。

他の生地とは、質感から手入れ・保管方法まで全く異なる革ジャン。
それだけ、革でしか味わえない魅力があります。
大人の魅力をぐんと高めてくれるツヤや質感は、他では味わえません。
良いものを選べば一生ものにもなり、一緒に年を重ねながらさらに魅力的になっていく嬉しさも味わえます。

レザー商品のこだわり その2

今週から土曜日も営業しているニチワレリューム

てことで今日もせっせと書き込みました。

今日は昨日の続きになっちゃいますが、商品のこだわりについて。

昨日も書きましたが、ネットやカタログでレザーの購入は、実際に商品が届くまでいろいろと不安が。
これ、私も通販でよく感じる事です。

革の品質を落とさない様、市場参考価格の半値(例えば10万円なら5万円に)で販売する事を目標にしているニチワレリューム。

革質には自信があるので、商品が届いて開封した瞬間に素材の質感は感じていただけると思いますが、やはり安かろう悪かろうではいけません。

そう、革そのもの以外に縫製にもこだわりました。

例えば その1 ステッチワーク
ジャケットのステッチを配色を効かせることでポイントとし、熟練スタッフが同じ幅間でハンドメイド風の二重ステッチ仕上げに。

1310009 ソフトヌバックテーラード

hyousi

例えば その2 異素材や小物使いでアクセント
衿や袖などに異素材使用や留め金具などデザインのアクセントにも注目。

1310015 ラウンドカラージャケット      1320006 ゴートスエードスタンド

6 up

例えば その3 さり気ない裏地使い
着ちゃえば分からない。いやいやそうではなく、脱いだ時にさり気なく覗く裏地使いもお洒落の秘訣。
ふだん見えない場所だからこそ、細部までこだわりました。

1410016 グレイッシュスタンドコート     1310016 パディングジャケット

inside inside

その他数えたらきりがありませんが、細部までこだわり抜いたニチワレリュームのコレクション。
是非、お手に取って感じいただければと、スタッフ一同心から願っております。

 

 

レザーテーラードジャケット特集

ベーシックな形をしたテーラードジャケットは
様々なシーンで活躍する、ヘビロテ必至な優秀アイテム。
でも、定番だからこそ素材やディティールのこだわりで差を付けたいですよね。
レザーに強いニチワレリュームがこだわりを持って選んだ
おすすめのレザーテーラードジャケットをご紹介します。

●ヴィンテージテイストのテーラードでワイルド感

1
ラムアンティックテーラード/レザージャケット 1310014

光沢を抑えたヴィンテージテイストのベジタブルレザーを使用。
ベジタブルなめし独特のヴィンテージ感が、ワイルドな大人の魅力を引き立てます。

●どんな体型にもフィットする3つボタンテーラード

2
ラムクラシックテーラード/レザージャケット 1310010

3つボタンでややウエストをしぼりながらも、
ゆとりあるフォルムが嬉しいテーラードジャケット。
軽やかな着心地も魅力的です。

●上品な渋さ 大人のテーラードジャケット

3
ラムクリンクルテーラード/レザージャケット 1310013

ラムを使用して高級感を出しながら、縦に程よく入ったシワが男の渋さを引き出す一着。
ゆったりとした着心地で着やすさも実現しました。
まさに大人のためのテーラードジャケット。

●落ち着きのあるマットな質感 ヌバックテーラード

83050
ソフトヌバックテーラード/レザージャケット 1310009

革の光沢感が出た“いかにも”なレザージャケットより
もう少し落ち着いた雰囲気のものをご希望でしたら、
マットな質感のヌバックテーラードがおすすめ。
上質のゴートスキンを使用した上品で滑らかな質感の素材に、
グレーカラーのさりげないステッチワークも魅力です。

同じテーラードジャケットでも、素材が革になるだけで違った印象を与えられます。
そして、レザーテーラードの中でもヴィンテージ風になめしたものや、
光沢のあるラムスキンなど、種類によっても個性を発揮出来ます。
あなたの“新たな定番”を見つけて、ファッションの幅をもっと広げましょう。

レザー商品のこだわり その1

タイトルご覧になって当たり前だろう!て怒られるかもしれませんが、
今日はニチワレリュームの商品のこだわりについて。

一昔前は革ジャン一着10万円、婦人のコートで20万円なんて金額が当たり前のように百貨店に陳列していた革製品。

その時代、旧ニチワでは、なるべくお客様へ安く提供できるようにと、企画、製造、商品管理、販売、そのすべてを自社の一貫体制でおこなってきました。

もちろん、ニチワレリュームもその伝統を引き継いで一貫体制でおこなっております。

しかしながら近年1~2万円の革ジャンも増えてきています。

店舗があった時代では、お客様が実際に手に取って革のグレードを確認できましたが、
通信販売がメインだと商品の比較はもちろん、手に取って革良し悪しを確認鶴ことができません。

実はニチワレリュームでも通信販売専門店として立ち上げたとき、1~2万円くらいで販売しないとネットでは厳しいのかな?
とスタッフで話し合った事をおぼえています。

値段を安くして販売する。
実は革の質を落とせば簡単なことです。でもそれでは今までニチワのクオリティーを愛してくださったお客様を裏切ることになる。

そしてスタッフ全員の総意として、いい素材を市場価格のおおよそ半値を目標に販売をしてきた旧ニチワの伝統を受け継いで、
ハイクラスの革を使用して販売をしていく努力をしようとの結論に至ったのです。

5万円以上とネットで見ると高く感じられますが、その分いい革を使ってますので、素材のタッチを感じていただければご満足いただけるかと思います。

そしてネットだとお手に取れない分、細部にもこだわりました。

続きは明日。

異素材フードのコンビネーションが秀逸

先日レディスで異素材フードのレザーブルゾンを紹介しましたが、
実は今年メンズでも異素材フード使いのレザーが登場!

ラムアンティツクパーカ 1110019

1back

高級ラム素材をあえて贅沢にムラ染めを施し、本体より濃いめの異素材フードを組み合わせることにより
カジュアルなパーカタイプのレザーブルゾンに仕上げました。

トレンドを意識した裾のシャーリング使いで革ジャンタイプに仕上げることで防寒性もアップ。

異素材フードを取り外せば、カジュアルからハードなライダースに様変わり。

up

2ウエイの楽しみが出来る個性派レザーブルゾンです。

いよいよ革のシーズン

一昨日に発送した新作カタログも、早いお客様へは本日到着予定です。

そして今日の到着に合わせて、本日より17時までだったお電話での受付を18時までに延長します。
更に土曜日と祝日も電話受付をスタートします。

電話が鳴り始めると、いよいよレザーシーズンに突入したと実感します。

今年のレザーはグレー、ネービー、黒といった人気の色を中心に、ボルドーなど渋みのある色もおすすめ。

そしてレザーと異素材のコンビネーションなど、いままでよりもデザイン性や機能性がも充実。

カタログが届いたお客様。

ニチワレリュームの新作カタログ、早速ご覧になってくださいね。

色違いレザーの保管は注意が必要 

 

近頃徐々に秋らしい気候になり、
すでにクローゼットからレザーを出したお客様も多いかと思います。

先日、革の保管やカビなどについて当ブログにてご説明しましたが、(詳しくは革の豆知識参照)
本日はもう一つよくあるお話し。

濃色レザー(黒、ネービー、茶)と淡色レザー(アイボリー、ベージュ、キャメル)
を同じクローゼットにしまったときの悲劇である色移りについて。

革は長時間湿気の多い場所に保管すると、カビだけではなく湿気により表面の色が落ちやすくなる場合があります。

そして淡色と濃色の革を隣り合わせに保管しますと、湿気による化学反応で濃色が淡い色の革に付着する危険性がございます。

本文下の写真のように一度色が付着すると、クリーニングでも落とせなくなり修理が不可能です。

えっ、じゃどうすればいいの?革って保管が難しいの?

いえいえ簡単です。濃色と淡色は隣り合わせにしまわなければいいんです。

詳しくは豆知識で解説しますが、基本はクローゼットで、定期的外に出しての陰干しが効果的です。

ニチワレリュームのお客様は複数のレザーをお持ちのお客様が多くいらっしゃいます。

長期間しまうときは、くれぐれも濃淡隣り合わせは注意してくださいね。

アイボリー色レザーに黒レザーの色が付着した写真
色移り2色移り1色移り3