遊び心満載 ツーウェイニットジャケット

先週から閲覧ランキングの上位にランキングしているレディースのレザーブルゾン。
フロントステッチの身頃が可愛らしいツーゥエイジャケット。

はたしてどこがツーゥエイ?

実は衿、袖口、裾、さらに身頃のサイドにニットを施したコンビネーションレザーなのです。

そして、そして、衿のZIPの中にはグレーの異素材フードが。

ZIPにインしたまま着ればスタイリッシュに。
フードを出せばカジュアルに。

遊び心満載のレザーブルゾンです。

先週から人気急上昇中です。

ツーウェイニットジャケット 1810015
82837

 

 

 

古着風に仕上げたダブルライダース

かねてからお客様よりライダースのダブルはないの?
と多くのご質問をいただいておりましたが、
ニチワレリュームが誕生して3年目の今年、初めてダブルライダースが登場!

1110021 ディストレスダブル

84957

通常のカウスキンやホースハイドで仕上げたハードタイプと違い、
今回のライダースは、柔らかなラム革を使用。

更に原皮の上から色を被せてツヤを抑え、
衿や前立てのふちを擦ってデニムのようにわざと下地を見せることにより古着感を演出しています。

ハードなイメージながらソフトタッチのラム革加工で、街着にもぴったりのライダースと言えます。

根強い人気 ベジタブルレザー

アンティック加工、シワ加工、ウオッシュ加工

革の加工も昔に比べて多様化してますが、
数ある加工の中でもはや定番と言えるほど人気の加工といえばベジタブル。

ニチワレリュームでは今年も新作のベジタブルレザーが登場。

注目はメンズ、レディス共にグレーのジャケット

1310014 ラムアンティックテーラード 1810017 ラムウォッシュジャケット

EmptyName 73_T82447

アンティツク加工の中でも根強い人気のベジタブルタンニングは、
着込むことによって味わいが深まり、
そのどれもが自然だからこそ一着一着どれもが違う表情を生み出す、
まさにオンリーワン。

どの様に変化していくのかを楽しむ。
それこそがアンティックレザーの醍醐味と言えます。

自然の風合いと味わいが魅力のベジタブルレザー。
今年も人気健在です。

 

ジャングル素材に新色ボルドーが仲間入り

先週ご紹介したニチワレリュームの人気素材「ジャングルレザー」

ジャングルと言えばグレーなのですが、今年は新色「ボルドー」が登場。

革の場合、鞣しが終わって仕上がるまで色味に不安があるのですが、このボルドーに限っては皮を鞣す工場(タンナー)と縫製工場、 そしてもちろん我々スタッフ全員が絶賛のボルドー色。

過去にもブラウン・アイボリー・ネービーなども開発しましたが、なかなかいい感じに色がのらず失敗の多かった素材だけに、今回は出来の良さにほっとしております。

今年はメンズのレザーダウンとレザーベストを作成したボルドーレザー。

我々スタッフの一押しです。

1120017 ラムダウンディストレス

84947

大きいサイズのレザー その2

昨日のブログにて希少であるビックサイズレザーのお話をしましたが、今回はちょっとだけ補足。

毎年ニチワレリューム会員のお客様にカタログをお配りして、その直後に一番売れるのが3Lと4Lサイズ。

そう、すでに会員のお客様は大きいサイズの数が少ない事を知っていらっしゃるみたいです。

大きいサイズの数量に関しては、私たちも毎年増やしたい思いなのですが、量産するためにはどうしても大きいサイズように別の革を用意しなければなりません。

それはどういう事か?そうなんです。実は大きいサイズを量産する一番簡単な方法は、革の質を下げる事なのです。

でも、いい素材を使ってリーズナブルな価格で提供する。これは旧ニチワ時代に私たちスタッフが教えられたニチワの伝統。

それを知ったうえで新会社になった今でも、いい素材と信じて購入してくださるお客様を裏切る訳にはいきません。

なので良質素材を使う代わり、どうしても生産枚数が少なくなりますが、その分ご満足いただける革をご用意しますので皆様ご理解を。

大きいサイズ。是非お早めにご検討ください。

大きいサイズのレザー その1

今回は革に限らず服の悩みで多いサイズについて。

標準体型の方にくらべて、小柄な方や大柄な方は欲しいと思ってもサイズがなくてがっかり、なんてよくある話。

ニチワレリュームでもサイズのご相談はよくありますが、なかでも問い合わせが多いのが大きいサイズのメンズレザー

でもご安心下さい。ニチワレリュームではメンズは商品によっては3Lや4Lまでご用意しています。

実は革の製造でも、とくに苦労するのが大きいサイズ。

ラム革は生後1年未満の子羊を使用します。そしてニチワレリュームでは、更に軽さと柔らかさを求めて生後半年未満の子羊を使用する場合もあるので、1枚辺りの大きさが小ぶりになります。

革は自然素材のため少なからず生体時の小キズやシミなどが存在します。

当然大きいサイズは広範囲に傷がない革を使用するため、革を厳選する段階からいい状態の物を優先的に選ぶのですが、
その為必然的に採れる枚数が少なくなります。

さらに1枚のなかでも状態のいい部分を裁断するので、レザーコートですと1着当たり約10頭前後の革を使用します。

すると、どうしても作る着数に限りがあるのです。

それでもニチワレリュームでは、ブルゾン、ジャケットからレザーダウンやレザーコートにいたるまで、
各アイテム最低でも一品番は4Lまでご用意しています。

ビッグサイズをお探しのお客様。一度ご検討下さいませ。

革ジャンを着られる季節はいつからいつまで?

1110019 ラムアンティックパーカ

84052

寒い季節の防寒着はもちろん、
テイストミックスのお役立ちアイテムとして、幅広く活躍してくれる革ジャン
それゆえに、「革ジャンを着始める季節が分からない」、
「いつまで着ていていいものか分からない」という人も多いはず。
ズバリ、革ジャンの季節は秋、冬、春の3シーズン。
少し涼しいと感じる秋口や春先はシャツの上から軽く羽織り、
真冬は暖かいインナーの上から着れば抜群の防寒性を約束します。
このようにインナーなどを工夫すれば、季節にあったコーディネートを楽しむことが出来ますよ。

●インナーや小物で寒暖差に対応
風を通さないことから高い防寒性を誇る革ジャンは、インナーで暖かさを調節しましょう。
日中の気温が高い、秋口や春の終わりにはTシャツを、
逆に気温が上がらない冬には、保温性の高いニットをインすれば、革ジャンも長く着られます。
インナーを選ばないブラックの革ジャンを持っておくと、
3シーズン通して、毎回ハズさないコーディネートが出来ます。
また、冬の寒い時期にマフラーやニット帽などの小物を使うと、
防寒だけでなくファッションのアクセントにもなり、より一層オシャレを楽しめます。

●少し汗ばむ季節は革ベストでコーディネート
シャツ1枚だとなんだか寒いけれど、ジャケットを着るにはまだ暑い……。
そんな季節には革のベストが活躍します。ジャケットだと硬い印象を与える革も、
ベストになるとスマートでカジュアルな雰囲気になるから不思議ですよね。
秋口や春先にはファッションのメインになりますが、
冬もインナーとして活躍するという、実に長い期間楽しめるマストアイテムです。
一味違ったオシャレに、1枚持っておくといいでしょう。

工夫次第で活躍の場がぐんと広がる革ジャン。
定番の色・形の革ジャンであれば、あまり着ない色のインナーや小物も挑戦しやすく、
季節を通してさまざまなファッションを楽しむことも出来ます。
同じアウターで移り変わる季節を感じられるのも、革ジャンの魅力の一つです。

革ジャンの保管方法

80417956110724434ef14e7e10e316e8_s

お気に入りの服は、保管の方法に気を遣います。
特に、デリケートな素材でできた革ジャンは、
間違った方法で保管や手入れをするとカビや臭いの原因に。
大切な革ジャンを長く使って頂くための保管方法をご紹介します。

●革ジャンの保管場所
直射日光のあたらない、通気性の良い場所で、ハンガーにかけて保管して下さい。
光のあたる場所での保管は色褪せの原因となり、湿度の高い場所での保管はカビの原因となります。
クローゼットなど、閉め切った場所で保管する場合は、
直接触れないような場所に除湿剤を置くと効果的です。

●革ジャンを保管する際のカバー
衣装カバーをしておくと、革ジャンと長時間接触した衣類同士の色移りを防ぐ効果もあります。
使用する際は、通気性のある不織布のものを選んで下さい。
ビニール素材など衣類を密封してしまうカバーは、空気を通さないので湿気を招き、
カビ発生の原因になってしまいますので、使用は控えましょう。

●革ジャンの日頃のお手入れ
革ジャンを着て外出すると、外気に触れたりして少なからず汚れがつきます。
そのまま放っておくと、臭いが気になったり、カビの発生を招いたりします。
最低週に1度は、渇いた柔らかい布やブラシでさっと拭いてあげましょう。

革ジャンはデリケートな素材ですが、ほんの少しお手入れの時間を費やすだけで、
奇麗な状態のまま何年も使い続けることができます。
長く着れば着るほど愛着も湧き、体に馴染み、適度に色落ちしながら、革ジャン自体に味が出てきます。
せっかく革ジャンを持つなら、そのお手入れまで楽しんでみて下さい。

革ジャンにカビが生えてしまった時の対処法

革ジャンやレザージャケットは、保管方法によってはカビが生えてしまうこともあります。
もし、革ジャンやレザージャケットにカビが出来てしまったときはどうしたらよいのでしょうか。
クリーニングに出すのも方法の一つですが、自分でお手入れ出来た方がお値段も安く済みます。
カビの取り方や、その後のお手入れの仕方をご紹介します。

●革ジャンのカビはタオルやブラシでふき取るのが一番!
濡らした後にしっかりと絞ったタオルでカビを拭き取り、
仕上げにミンクオイルスプレーをかけるか、クリームを塗る、というのが一番簡単な方法。
革の種類によっては、ミンクオイルスプレーやクリームが使用できない革や
タオルの代わりに柔らかいブラシを使用した方がいいものもあります。

注 革によってはミンクオイルがお使いいただけない場合があります。

●根強いカビの場合は繰り返しのケアが大事!
特に夏の間、お手入れをせずに革ジャンを放置してしまった時など、
カビが根を張ってしまう場合も!
このような根強いカビの場合は、表面のカビが取れても革の繊維中にカビが残っていて、
暫くすると表面に再度浮き上がってくる場合があります。
かなり浸透している場合は何度かケアを繰り返す必要性もあります。

●カビを取った後の革ジャンのお手入れ
いずれのお手入れの後も、革ジャンは少なからず水分を含んでいます。
風通しが良く、日陰になった場所でハンガーにかけて干し、しっかり乾燥させましょう。
その後は、カビの原因となる湿気から革ジャンを守るためにも、
通気性の良い場所や、除湿剤を置いたタンスなどに保管して下さい。

注 除湿剤を置く場合は必ず革に直接触れないように設置して下さい。

ご自宅でも、カビが生えてしまった革ジャンやレザージャケットも
ケアすることである程度は元通りに出来ます。
対応が早いほどカビも取れやすくなるので、
普段から気を付けて保管していても、定期的に様子を見るようにしましょう。
また、全体に行き渡っているような根強いカビの場合は、
専門のクリーニング店でご相談する事をおすすめします。

明日から一部の重衣料先行販売します。

既に販売しておりますレザーブルゾン&ジャケットに続き

明日から一部の重衣料を販売いたします。

メンズは
レザーダウンレザーコートレザーカバーオールムートンジャケットムートンコート

そしてレディス
レザーコートムートンジャケットムートンコート

もちろんこちらも会員価格適用での販売。

毎年お問い合わせが多く、昨年度も早い時期から売り切れたムートンがいよいよ登場です。

まだまだ時期じゃないからと言わず、是非、是非、三連休にご検討下さい。

1210005 ムートンアンティックパーカ   1620013 ムートンエレガンス

8371880914