革ジャンからレザーコートまで、渋さ際立つエイジングレザー

いよいよ今週末から臨時店舗がスタートします。

最初の出店は東京の千駄ヶ谷で2週間の開催となります。

東京の後は横浜、大阪、名古屋と出店していきます。
詳しくはニチワレリュームホームページ内「臨時店舗」にてご確認ください。

臨時店舗が始まるといよいよシーズンまっただなか。
革ジャン、ライダースやレザージャケット中心に動く秋口から、11月中旬を迎えるこの時期になると、いよいよ全アイテムが動き出します。

今回はライダースからレザーことまでを同じ革で作ったアイテムをご紹介します。

まず使用している革ですが、上質のラムにアンティック加工を施したベージュ色の革
名付けて「エイジングレザー」

写真では少し分かり難いですが、革本来の風合いを活かして染色した細かなムラ染めがとっても魅力のラムスキン。

エイジングレザーとは、本来着込みながらオイルケアをして経年劣化を楽しむものですが、こちらは染料をムラに染みこませることでエイジング効果を生みでした素材になります。

実はこの革から昨年登場したのですが、昨年は早い段階でライダースとレザージャケットが完売してしまいました。

以前当ブログでもご紹介しましたが、テレビドラマで使用されてからこの革のジャケットへのお問い合わせがあいつぎ、今年も染めることを決めました。

そして今年の上がりですが、昨年に比べて少し濃いめのベージュに仕上がりました。

革のクオリティも染料配合も一緒なのですが、その時の気温や水などのコンディションによって色味が変化する。
まさに自然素材の難しさでもあり、面白さでもあります。

そして出来上がった今年のスタイルは全部で3型。

まずは冒頭のライダースジャケット「1110037 ラムヴィンテージスタンド
昨年のプレーンタイプに対し、今年は胸のジッパーや襟ベルトなどを加えてよりアクティブなイメージに仕上げました。

写真の様に、秋口や春先に白のパンツに合せたり、デニムに合せてカジュアルにも楽しめる革ジャンです。

そしてお次はレザージャケット「1310018 ラムアーバンテーラード

こちらは2年目になりますのでもう説明は不要ですね。
昨年に比べて深みのあるベージュになりましたので、よりシックな印象になりました。

ちなみにテレにドラマで使用したレザージャケットも、今年の色目と同じです。

最後は初登場のチェスターコート「1410026 ラムアンティックチェスター

ほど良いヴィンテージ感で存在感バッチリのレザーコート。
ムラ染めなのでオフに使用するカジュアルコートに思われますが、オンの時でも全然OK

それ自体が特徴的なので、シンプルなインナーと合せれば、多彩なシーンで着こなすことが出来るレザーコートです。

適度なユーズど感でハードに見えがちですが、この革の売りはなんといってもその独特の表情と見た目からは想像できないタッチの柔らかさ。

もし写真でイメージが出来ないようでしたら、是非とも今週末開催の臨時店舗に見に来て下さい。

きっとなめらかな肌触りを気に入っていただけるはずです。

コメントを残す

*