キャメルの革ジャンとレザージャケットがこの秋再登場

ニチワレリュームの革ジャンやレザージャケットは、ラム革を中心に多くの加工革を使用していますが、その中で人気の革といえばアンテイック系の革。

もちろん表革やスエード系も人気ですが、様々な表情を表現出来るアンテイック系は、新作が出るたびにたちまち人気商品に。

なかでもベジタブルスキンはニチワ時代から40年以上も愛されています。

樹脂や植物などの天然素材から抽出したタンニン剤のみで鞣されたベジタブルタンニング。

一番の特徴は革本来のキズなどを隠さず、自然の風合いを活かして作り上げられること。

その為新品状態でも細かな擦りキズや生体時のキズなどが存在します。

ですのでたまにお客様から「えっ新品なのにキズがあるの?」といったご質問も頂きますが、ベジタブルスキンはそういう革なんだと思っていただければと思います。

因みに、以前当ブログにてベジタブルの革ジャンレザージャケットの擦りキズの修理方法を書いた記事があります。

詳しくはこちら「ベジタブルスキン 革ジャンの表面についたキズの修理方法」をご覧ください。

そんなベジタブルスキンですが、この革の一番の魅力は経年劣化を楽しめること。

着込むことで色艶や味わいが増していくことで独特のヴィンテージ感を放つ革ジャンになっていき、その変化も様々なので、まさにオンリーワンの一着になってくれます。

デニムと同じように経年劣化を楽しめるベジタブルスキンですが、味わいが増すまでにはそれなりの時間が掛かります。

もし、今すぐヴィンテージ感のある革ジャンレザージャケットがよければ、ベジタブルではなくムラ感や洗い加工などで最初からダメージを与えた商品を選ぶのもいいかもしれません。

さて、今年もベジタブルレザーの革ジャンレザージャケットを新作で用意していますが、お客様からいただいた多数のご要望により復刻したモデルが2スタイルあります。

それがキャメルカラーのベジタブルスキンを使用したトラッカータイプの革ジャンテーラードのレザージャケット

2017年の新作コレクションでレザーコートと3スタイルで販売しましたが、どの商品も発売と同時にヒット商品に。

先シーズンはカタログにて取り扱いせず、既に完売状態でしたが、復活を望む声が多く、2019年の新作ラインナップに加わることになりました。

復活とはいえファッションの流れは日進月歩。当然マイナーチェンジが必要です。

パターンなどの修正ももちろんですが、今回一番の変更点は革そのもの。

2年前はベジタブル特有の雰囲気を活かすために、あえて牛革よりの厚さで製品化したのですが、表革に比べて重量感を感じるべジてブルスキン。
今回はイタリアのタンナーと工場に相談して、見た目はそのままに、柔らかく軽い着心地のベジタブルスキンを開発することに成功しました。

ベジタブルですのでもちろん表革よりはドッシリ感があるかも知れませんが、それでも肉厚ベジタブルとは比べ物にならない程の軽さに仕上がっています。

2019年のキャメルシリーズはトラッカー革ジャンレザージャケット以外にもう1スタイル、シングルタイプのレザートレンチコートも登場予定。

サンプルが手元にないのでご紹介は出来ませんが、とても魅力的なレザーコートです。

3スタイル揃えたキャメルカラーのベジタブルアイテム、公開まで楽しみにお待ちください。

ニチワレリュームは来週一週間臨時休業。週末からスタッフ全員で検品のためソウルに入ります。

ニチワレリュームは全量検品が基本。布帛などを取り扱うメーカーによっては、一部の製品のみピックアップして検品する場合がありますが、自然素材の革は一着一着風合いが違うので、ピックアップという訳にはいきませんし、今回紹介したベジタブルなどはまさにその典型です。

そんな訳で来週は検品作業ですが、毎年の検品でなにが辛いかといえばソウルの厚さ。

夏も冬もそうですが、ソウルの寒暖差の激しさは日本以上。革保護のために検品部屋の湿気は無いですが、外に出ると暑さと湿度にやられていつもグッタリ。

昼ごはんにキムチチゲでも食べようものなら、汗の吹き出しが本当にハンパじゃないです。(でも食べちゃうんですけど)

と言うことで、事務所のお留守番をお願いしている人はいますが、一週間電話は繋がりませんので、お問い合わせやご質問などは7月29日以降でお願い致します。

革ジャンや衿毛ファーなどの変色について

先週のブログで「次回は新作紹介を宿題に…」と書きましたが、今回はお休みして、お問い合わせのあった事を書いてみます。

お客様から「ベージュ色のムートンコートの、襟元ファーと肩部分が、緑色に変色したのですが、修理方法はありますか?」との内容が届きました。

続きを読む

レザー専門店ニチワ時代のお客様からのご要望 ディアレザー

一カ月ほど前の事ですが、旧ニチワ時代も含めてニチワのレザー製品を15着所有されているお客様から、ディアスキンと薄手のシャツタイプレザーを発売して欲しいとのメールを頂戴しました。

結論から申し上げますと、この秋はどちらのスタイルも残念ながら販売は予定しておりません。

ですが、この様なご意見はとてもありがたく、また弊社のレザーを気に入ってくださったお客様からのご要望ですので、是非今後の参考にしていきたいと思っています。

実は、他のお客様からも同様のご意見を頂戴したことがあります。

続きを読む

スエードやヌバック等の、レザージャケットのケアについて

前回の革の手入れはアフターよりビフォーが大事との投稿を読まれた方から、「スエード・ヌバックといった起毛革の手入れは?」との問い合わせが入りました。

スエードやヌバックといった起毛革ですが、表革以上にビフォーケアが大事といえますので、やはり防水スプレーがとても効果的です。

続きを読む

ダウンとフェザー?ダックとグース?暖かいダウンについて

今回はダウンについて書いてみます。

ダウンとはニワトリなどの陸鳥はなく、アヒルや白鳥のように水の上で生活をする水鳥から採集したもの。

近年は動物愛護の観点から、ダウン専用に強制飼育されたり幼鳥の羽を採集されることはなくなり、食用に飼育された水鳥の羽のみが使用されています。

続きを読む