加賀屋旅館の素晴らしさに感銘

今日はレザー以外のお話しという事で番外編。

先日一泊二日で金沢に行って来ました。

宿泊したのは、あの有名な和倉温泉の「加賀屋」さん。

なんと言っても「プロが選ぶ日本のホテル・旅館百選」で36年連続で総合1位に輝いている有名旅館。

なかなか予約が取れず、しかも一番高い部屋から予約が埋まっていくとの事で、ダメモトで一週間前にJTBで聞いたところ、運よく部屋が取れたので急遽決行する事に。

JTBのスタッフさんも「一週間前で取れるなんて奇跡的ですよ」と言われていたので、本当にラッキーでした。

そんな「加賀屋旅館」の感想はと言いますと…

本当に素晴らしいの一言。
今回は6人で行ったのですが、全員が「今まで泊まった旅館で文句なしで一番」と意見が一致。

何が素晴らしいかって、到着した途端に女将さんと大勢の仲居さんがお出迎え、部屋に着くなり抹茶が入り、夜はフルーツのサービス。
そして朝も朝食15分前くらいにお茶が入る。
もちろん部屋やお風呂も素晴らしく、食事は何を食べても絶品と、素晴らしいところがありすぎて一言では言い表せません。

そして旅館スタッフさんのサービスも一流。

食事どきに支配人さんがご挨拶に来て下さったのですが、長話しする訳でもなく、絶妙な塩梅で挨拶を済ませたり、最後は部屋付きの仲居さんが駅まで一緒に来てお見送り。

どれもこれも、他の旅館に比べると過度なサービスではありますが、それが過剰にいやらしすぎる訳でもなく、本当に痒いところに手が届くとはこういう事なんだなぁと思うおもてなしでした。

接客業をしている私も、臨時店舗はもちろん、お顔を見て接客する事ができない通信販売も含めて、今回の「加賀屋」さんの接客姿勢は、あらためて勉強になりとともに、気が引き締まる思いで旅路を後にしてきました。

それにしても「加賀谷旅館」
本当素晴らしい旅館でした。

いつかまた行けたらいいんだけど…

 

4月放送のドラマでレザージャケットを提供してiます。

先日放送の「ぴったんこカンカン」で、大御所俳優の方がニチワレリュームのレザージャケットを着ておられました。

今シーズン、千駄ヶ谷の臨時店舗にお越しいただいてご購入いただいたのですが、何度かテレビのオンエアで着て下さり、大変気にいっていただけて、私どもとしても本当嬉しい限りです。

ご購入いただいた商品は「ニュービジョンテーラード 1310019」という商品ですが、既に今季生産分は全サイズ完売となりました。

現在、来期向けに再生産するか新色を追加するかを検討中でございます。
再生産が決まりましたら、またご報告します。

それにしても最近テレビや映画撮影での衣装提供依頼が増えてきました。

旧ニチワ時代も、数々のテレビドラマや映画はもちろん、雑誌の企画などでも取り上げた頂いておりましたが、ニチワレリュームになってからは殆ど依頼がありませんでした。
ところが最近は、ホームページをご覧になったスタイリストの方からたくさんのご依頼連絡をいただくようになりました。

そして先日、現在撮影中で4月オンエア予定のドラマ「恋がヘタでも生きていきます」にて、あの地球ゴージャスの寺脇康文さんが、弊社のレザージャケット「ラムアーバンテーラード 1310018」を着て下さることになりました。

今回は初回(4月6日)の放送内にてご着用していただけるとの事で、いまからオンエアが楽しみです。

そして今回着用されている「ラムアーバンテーラード 1310018」こちらもLサイズ以外は既に完売となり、残っているLサイズも残り数枚となってしまいました。

実はこの一週間でたくさんのご注文が入り、また他のサイズについてもお問い合わせが数件あった事から、こちらも再生産するか、急遽検討する事となりました。

ただし革の手配等の問題もあり、もしかしたら再生産が不可能な可能性もあります。
お問合せいただいたお客様には大変申し訳ございませんが、その場合はご了承ください。

 

革ジャン&レザージャケットがお買い得な春レザーフェアー 

数日前から水のような鼻水が…

いよいよ花粉の季節がやって来ました。

目を腫らしたり、鼻の下が赤くなったりとこの時期、そんな人を見るたびに気の毒だなあと、花粉と縁がない私は思っておりましたが、しかし…

数前から鼻がムズムズ、目がショボショボとしはじめて、それでも何かの間違いさと思いながらためしにしてみた去年の検査。

結果はスギ花粉でしかも重症との診断。

病は気からといいますが、それまでは我慢していたのに、花粉と分かった瞬間からはよけいに鼻をかむは、目は擦るやらで、今ではすっかり重度の花粉症です。

花粉症には厳しい時期ですが、そんな時こそ活躍するのがレザーウェアー。

以前このサイトでも書きましたが、花粉が生地の中まで入りこまないレザーは、玄関開ける前に表面をはたく事で、室内に花粉を持ち込むのを防ぐことが出来る優れ物なのです。

そしてこれから暖かくなる時期という事で、本日より「春レザーフェアー」がスタートしました。

期間中はレザーブルゾンや革ジャン、レザージャケットがお買い得!

4月以降も着る事ができるレザーアウター。是非、この期間にご検討下さいませ。

 

 

レザー新作企画中なのですが…

今月に入ってから、ほぼ毎日来期に向けた企画作業。

3月中旬に工場にてサンプルを作成する予定ですが、それまでの期間、急ピッチでの企画作業。

企画作業で何が一番苦労するかといいますと、それは…

新デザインのアイデアに詰まること。

ニチワレリュームのお客様はリピーター率が非常に高く、毎年購入した頂くお客様もたくさんいらっしゃいます。
(本当にありがたい事です。)

「これが企画のアイデアとどう関係するの?」と言われてしまいそうですが、実はリピーターのお客様が多い分、毎年7割近くの商品を新デザインや新色に変更します。

もちろん各アイテム共に人気の定番レザー商品は存在しますが、新しい商品を導入することでリピータのお客様に飽きられない様、常に旬のデザインや色を検討しております。

という訳で毎年の企画数が多くなりますので、それだけの多くの新作サンプルを作成します。

新型のサンプルは、毎年社内で話し合ってたくさんのアイデアを出すのですが、同じミュージシャンの曲は、何を聴いても同じに聞こえるように、私達だけのアイデアだけではどうしても限界があります。

その為、過去の流れや今年の流行、各工場からの提案はもちろん、お客様からのご提案なども参考にしながら考えるのですが、2月の末頃は、どうしても締め切り前の漫画家さんみたくアイデアが出てこなくなり、切羽詰ってきます。

でも大丈夫。
不思議とその日浮かばなかったアイデアが、ふらり街を歩いたり、朝起きた時だったりと、ちょっとした事でいきなり出てくることがあります。

経験則からいいますと、数合わせのために無理やり作った物がいい出来だったことはほとんどありませんが、そんなちょっとした事で浮かぶアイデアがヒット商品になる事が多かったりします。

今日現在で新企画品は予定の8割くらいは出来上がって来ましたが、そんなちょっとの事で浮かぶアイデアを取り入れて、より魅力ある企画を検討していければと思ってます。

デザイン自体は、まだ具体的には言えませんが、とりあえず色としては定番の黒をメインに、ネービー、グレー、カーキ、ボルドー、アイボリー辺りを充実させたいと思っております。

来期の新作カタログを見て「ほとんど去年の商品じゃない」なんて事は、ないくらい新作の導入を考えていますので、リピーターのお客様、是非来年を楽しみにお待ちください。

ただし、その分品番の入れ替わりが激しくなりますので、今ある定番以外の商品は無くなり次第終了となってしまいます。

特に今年はジャケットを中心に完売商品が多く出ており、ここ最近も完売商品のお問い合わせをたくさんいただいております。

一部の商品は再生産するのか新色展開すのか検討しますが、半分以上の商品は終了となる事をご了承ください。

 

ラム表革の経年劣化に注意! オイルケアのすすめ

前回は革の汚れ防止に「防水スプレー」を書きましたが、今回はオイルケアのお話し。

実は先日の通勤途中の電車の中で、当社製のラム革コートを着てる男性を見かけました。

旧ニチワ製品も含め街中で自社製品を着た方を見かけますと、勝手に親近感を覚え、心の中で「ありがとうございます」とささやきながら「うわ~懐かしい」だったり「おっ、今季の新作」なんて思ったりするのですが、その他にもチェックしてしまうのが商品の経年劣化状態。

「オイルケアされてきれいに着られているな~」とか、「いい感じに古着感が出てきているな」と思う事が多いのですが、今回見かけた男性のコートは残念ながらどちらにも該当しない状態。

着用されていたのは黒の表革なのですが、おそらく毎日の着用され、肩掛けカバンのせいで表面の銀面が肩口から背面の大部分が剥げて、表面が白く劣化されていました。

お店でしたらお客様にケア方法をご説明したり出来るのですが、さすがに電車中でオイルケアのおすすめをしても危ない人物に見られるだけですので、そのまま降車駅でサヨナラしましたが、できれば定期的にオイルケアしてあげてほしいものです。

表面が白くなるのは、油分が抜けて表面(銀面)が剥がれてしまった事が原因。
手荒れにハンドクリーム、唇のカサつきにリップクリームを塗るのと同じで、定期的にオイルケアをするとある程度防いであげることが出来ます。

ただし、前回ご説明した防水スプレー同様に使い過ぎは厳禁。

また、加工方法によってはレザーオイルやレザークリームが使用できない革もありますので、必ず目立たない個所でテストしてから使用して下さい。

特に海外製のオイルなどは薬品が強いですので、特に注意が必要です。

もしケア方法で分からない事があれば、お気軽にスタッフまでご相談くださいませ。

レザーウェアに防水スプレー その意味は

先日お客様から「防水スプレーってどれ使っても大丈夫?」とのお問合せをいただきました。

以前にも当ブログで詳しくお伝えしてますが、ここで再度おさらいをします。

防水スプレーも様々な物がありますが、使用用途に「皮革製品」との記入があれば使用自体は問題ありません。

ただし気をつけなくてはならない事があります。

それは吹付の際に、近づけすぎたり多量に吹き付けたりしない事です。

オイルケアもそうですが、必要以上の使用はケアするどころか逆にダメージを与えてしまいます。

防水スプレーはそもそも雨用でおすすめしている訳ではありません。

防水スプレーを革に吹き付けることで、表面に薄くコーティングをした状態になり、その事で汗や整髪料(化粧品含む)などの油分の汚れを付着させない効果が生まれます。

そうなんです。防水スプレーは汚れをつきにくくする効果があるのです。

よくオイルの使えないムートンやスエード、ヌバックなどの起毛革に付いた汚れをどうすればいいかと、ご質問をいただくのですが、この様な革の場合、汚れが付いたらどうしようではなく、汚れを付きにくくする事が大事になって来ます。

使用方法としては、屋外で衣類から30センチ前後離しながら全体を2~3往復程度吹き付ければ十分です。
使用頻度はなるべくでしたら着用する度に。もしご面倒でしたら、月に1~2回ほど吹き付けるだけでも効果的です。

そして帰宅されたら、柔らかいスポンジで軽くブラッシングしてあげるとで、表面に浮いた状態の油汚れをはじき出してくれます。

この様なケアを施しても経年劣化は避けられませんが、するとしないとでは数年後の汚れ具合が全然違います。

また靴用のスプレーでも使用可能ですが、靴用は吹付面積が小さいので一点を集中して吹き付けるノズルになっています。

その点、ウェアー用はノズルが拡散するようにできていますので、なるべくでしたらウェアー用の防水スプレーをお勧めしますが、どうしても靴用をご使用になる場合は、なるべく同じ場所に集中して吹き付けない様にしながら使用して下さい。

今日は防水スプレーのお話でした。

 

 

 

ニチワ時代の新聞広告が…

今回も少し脱線して、懐かしい思い出話し。

先日、PC内の旧データファイルを整理していたら、旧ニチワ時代の媒体データが出てきました。

写真は2000年前後に掲載した朝日新聞。

シーズンになると、毎年スポーツ紙を含む各新聞紙に少年誌、写真誌、週刊誌と、様々な紙面に広告を載せていました。

1973年にレザー専門店としてニチワが誕生してから、毎年この様に雑誌で広告を出してきましたが、発足当初はジャンプやマガジンといった少年誌がメインでした。

その後、1980年代から新聞等への掲載が始まり、その頃になると神田明神下にあった店は、紙面の写真のように連日お客様で溢れかえり、日によっては外までレジ待ちの列が並ぶことがありました。

店内は常に活気に溢れ、また「本当に安いの?」と半信半疑でご来店いただいた方も多数いらっしゃいましたが、その殆どのお客様がリピーターになってくださり、私達も飲みの席で「あの頃忙しかったけど楽しかったな~」なんて、今でも思い出しながら会話をする。
そんな懐かしく楽しい時代でした。

その後2011年に解散したニチワ。

現ニチワレリュームは通販会社として立ち上げましたが、旧ニチワ時代のお客様は7割が店舗購入のリピーター様。

新会社立ち上げ当初から、たくさんのお客様からの要望もあり初年度から臨時店舗の開催に踏み切りましたが、おかげ様でどの開催もたくさんのお客様にお越しいただいております。

新会社として復活したことや品質の良さ等、手前味噌ではありますが、臨時店舗にお越しいただいたニチワ製品を知るリピーター様からお褒めの言葉を頂戴するたびに、嬉しさとともに更なる向上をと、気の引き締まる思いです。

懐かしいあの時代へのタイムスリップは無理ですが、いつかまた活気溢れる時代になれるようにと、数々の広告データを見ながら思うのでした。

 

韓国出張 その楽しみと言えば…

今回は仕事以外のちょっと脱線したお話し。(いつも脱線だらけですが)

先日の韓国出張は前回のブログでも書きましたが、来期に向けた企画や革手配の準備に向けた話し合い。

話し合いと言ってもその内容は様々。
穏便に話し合いを進める時もありますが、ときには工場長やタンナーとも意見がぶつかり激しい言い争いも。

もちろん喧嘩をしている訳ではなく、それだけ企画や革手配が大事であり、みんな真剣な証拠。

言い争ったからといってしこりを残す事もなく、仕事の後はみんな穏やかな顔に戻って楽しく食事。

私達も旧ニチワ時代から年何度も韓国に行きますが、出張のため観光をした事はほんの数回。

冒頭、話が脱線と書いている段階で「はは~ん、また食べ物だな」と思われた方はご名答。

だって滞在中はほとんどが仕事ですから、楽しみと言えば食事しかないんです。

という事で今回もちょっとだけ韓国の食事をご紹介。

去年の夏に当ブログで書いた「クァンジャン市場」

前回はやめられないとまらないのり巻き「麻薬キンパ」とマッコリと一緒に最高の「ピンデット」をご紹介しましたが、今回は朝でも昼でもいけるご飯物「ポリパッ」という麦ごはんのビビンパ。

IMG_0054IMG_0056

カウンターにキムチや野菜にナムルといったものが15種類前後並び、注文するとご飯の上にそれらを盛って、テンジャンチゲ(韓国の味噌汁)の汁を少しとコチジャンを混ぜていただく。

けっこうボリューミーな量なので朝はちょっとと思いがちですが、野菜メインなので全然食べられちゃいます。
値段は日本円にして約450円前後、しかも野菜は食べ放題。

ビビンパ好きな方でしたら、行ってみる価値はありのビビンパです。

因みにビビンパのお店はいくつもありますが、私たちが行ったお店番号は37番。
屋台ですが、日本の有名人の写真もたくさん貼ってありました。

この市場は「キンパ」「ピンデット」「ビビンパ」といった食べ物が有名ですが、その他にも「ユッケ」や「レバ刺し」といった生物も人気。

今回はビビンパでおなかいっぱいになり食べませんでしたが、次回食べた時はまたご紹介します。

ついでにもう一つご紹介は「チャドルバキ」という薄いバラ肉を焼きしゃぶしゃぶのようにして食べる焼肉。

IMG_0042IMG_0045

韓国の焼肉といえば「骨付きカルビ」のイメージが強いですが、この焼肉も韓国ではポピュラー。

ポン酢ベースのタレに付けてさっっぱりとした味なので、いつも食べ過ぎてしまいます。

今回いったお店は、明洞にある「トルベギチッ」という「チャドルバキ」の専門店。
一番人気は「チャドルバキ」ですが、カットして食べる「カルビサル」も美味。

IMG_0043

場所的にも観光客の方が行きやすい場所ですので、韓国旅行の際には夕食の候補にしてみては如何でしょう。

仕事メインですので観光案内は出来ませんが、食べ物屋だけは本当詳しくなりましたので、是非ご参考に。

という訳で、今回は韓国出張番外編でした。

パキスタンラムレザーのクオリティ

「セーボン マニ パドゥセヨ~」

さて、この言葉の意味は?ヒントは旧正月明けの韓国での挨拶。



正解は「あけましておめでとうございます。」

工場訪問時も食事の乾杯も、先週の韓国はどこに行っても挨拶はこの言葉から始まりました。

今日は先週行って来た韓国出張のお話し。

今回の出張目的は、新年の挨拶、原皮の手配、そして来期向けのサンプルを一部のみ依頼。

中でも一番重要なのが原皮手配。

提携している工場を巡って、使用する革の種類、色、グレード等をどうするかと、会議につぐ会議。

来期はどの様な革や色目をメインで考えていくかは、まだこの場では申し上げられませんが、ひとつだけお伝えできるとすれば、来期もイタリーとニュージーランド鞣しのラム革をメインで使用していくこと。

実は今回、タンナーからパキスタンやインドのラム革の提案がありました。

パキスタンやインドの革は旧ニチワ時代にも提案はありましたが、クオリティの低さが問題でいままで使用して来ませんでした。

それだけにタンナーから近年パキスタン製もクオリティが向上し、日本への出荷も増えてきたからとの提案だったみたいです。

実際に触れて見たところ、昔に比べたら革の風合いやコシ感もちろん、総合的にクオリティが向上しいるのが分かりました。

写真では分かり難いのですが、右がパキスタン鞣しで左がイタリー鞣し。
比べるとその差は歴然ですが、見比べずにパキスタンレザーだけを触れると、そこまで悪い印象ではない事も確か。

しかし工場長を交えて検討した結果、今回もパキスタンレザーの使用は見送る事に。

一番の理由としては革の鞣し具合が安定していない事。

一枚一枚の出来はもちろんですが、革一枚の中でも出来のいい部分と悪い部分の差があり、私どもが製品として扱うクオリティには達していないとの結論で見送る事に決めました。

とはいえ昔に比べたらパキスタンレザーのクオリティが上がったのも事実。

パキスタンでの縫製にはまだまだ不安な部分もありますが、革のクオリティがもう少しよくなり韓国縫製で仕上げれば、今までニチワレリュームが作った事のないロープライスレザーのご提供も可能になるかもしれません。

これらの理由から、今後もパキスタンレザーの動向を気にしつつ、引き続き今年も弊社定番であるイタリー&ニュージーランドスキンをメインで使用していきます。

次回は韓国出張のこぼれ話を…

レザー店舗じゃないけれど… 事務所で購入可能です。

2泊3日の短い日程だった韓国出張。

今年最初の韓国は旧正月明けという事もあり、当初は挨拶もかねて来期の話しと思っていたのですが、実際は具体的な企画や革の提案など内容の濃い話しばかりで、かなり時間を押した出張でした。

まあ出張での内容はまた次回として、今回は別のお話し。

事務所留守番組から聞いたのですが、この数日間は事務所でのご購入希望のお問い合わせが多かったらしく、実際に来られたお客様もかなりいらっしゃったみたいです。

去年の今頃は国分寺マルイにて臨時店舗を開催しておりましたが、今年は日程が合わずに開催を断念しましたので、現在物を見ての購入は事務所のみとなっております。

実はここ数日「今年は国分寺マルイでやらないの?」とのお問い合わせ多くいただいており、お問合せいただきましたお客様には事務所でのご対応をご案内しておりますが、お問合せいただいていないお客様でも、直接商品を確認してのご購入をご希望でしたら、是非、事務所の方へ足を運んでください。

ただし今月から営業時間が変更になっている事と、事務所での販売という事もありいくつかのお願いがございます。

詳しい内容は当サイト内「事務所でご購入希望のお客様へ」をご覧いただくか、またはお電話にてお問合せ下さい。

「事務所だと必ず購入しなければいけない?」なんて以前ご質問されたお客さがいらっしゃいましたが、もちろんそんな事はございません。

実際に見てご納得のうえでご購入をご検討いただければ大丈夫ですので、お気軽にお越しください。

それにしても年々事務所にご訪問されるお客様が増えてきました。

レザー店舗と違って事務所ではお客様と一対一でのご対応となりますので、商品や旧ニチワ時代のお話しだったりとお客様との会話も弾むのですが、事務所に来られるお客様から一番言われるのが常設店舗のお話し。

いつの日か皆様のご期待に応えられる様、レザー店舗を目標に頑張りますので、是非、応援してください