革の表面が白い これってカビ?

4週間前のブログを閲覧下さったお客様から、タイトルそのまんまのご質問をいただきました。

ブログを読んで、陰干ししようとクローゼットから革ジャンを出したら、表面が既に白かったらしくニチワ製品ではないけど対処方を教えて下さいと。

えっ、ニチワレリュームの商品じゃないの?
な~んて。

全然オッケーです。

レザーのご質問でしたら他社製品だろうが関係ありません。
メールでもお電話でも革のことでしたらニチワレリュームまでご質問ください。

今回のご質問は写真をメールして下さったので、まずは送っていただいた革ジャンの写真を確認。

その後、お客様にあるテストをおこなっていただきました結果、革の表面に付着した白い物体はカビではなく、スピューという革独特の油が浮き出たものでした。

「スピュー?」

確かに言われても分からないですよね。

スピューとは大きく分けてファットスピューとソルトスピューがあります。

革は鞣しの段階で素材その物が腐らない様、一度皮に含まれる動物の脂肪分を全て抜き出します。
脂肪を取り除くと皮がカサつきますので、その後脂肪の代わりに加脂剤という人工油を含ませます。

ところが鞣し後、完全に除去できなかった脂肪や代わりに加えた加脂剤が毛穴を通して革の表面に白く浮き出てくることがあります。

これがいわゆる「ファットスピュー」です。

そして動物の革を鞣し工場に移動する時に、皮が腐らない様に原皮を塩漬けにしてから運びます。
塩は皮を鞣す前に全て洗い落とすのですが、完全に落とし切れたない場合、製品になってから表面に塩が浮いて白くなる事があります。
これが「ソルトスピュー」です。

ソルトスピューは完全に落とさずに鞣した革ですので革としては不良品になります。

しかしファットスピューは個体差のある動物の革ゆえ、製品によってはどうしても浮き出てくる物も存在します。

革のカバンや革財布などでは、新品時にこの表面浮いた脂も特徴にして販売する物もありますが、レザーウェアではなかなかそうはいきません。

ただ、カビと違ってスピューは乾いたタオルで乾拭きをすれば取り除けますので心配する必要はありません。

それとテストの結果とスピューと判明と書きましたが、スピューかどうかを見分け方として、ドライヤーなどで熱風を吹き付けつける方法があります。

こうする事で、表面の白い物が熱風で溶けたらファットスピューだという事が分かります。

例をあげるなら、冷えたすき焼きや豚角煮の表面に固まった白い脂が、温め直すことで溶けるのと同じといったらいいのでしょうか。

という事で、ファットスピューでしたら温めた瞬間にタオルで拭き取れば問題ありません。

ただし表面を拭き取ったとしても、繊維の内側に残っている脂が再度浮き出てくる事もありますので、カビ同様に根気が必要なケースもあります。

また至近距離で熱風を長時間当てますと、革その物にダメージを与える危険性もありますので、当てる時は少し話してから短時間で処理するように心がけてください。

それでも取れない場合はカビの可能性もあります。

今回ご質問の方はファットスピューでしたので、ドライヤーの熱風で解決ができました。

皆さんもレザーウェアをクロゼットから出した時に「あれっ?カビか」と思ったら、一度試してみては如何でしょう。

ニチワレザーがファッションショーに参加しました。

7月9日の日曜日は2つのイベントに行って来ました。

昼はニチワレリューム初参加、リアフールコレクション主催のファッションショーに。

ショーに参加するブランドは10社前後で、ニチワレリュームもライダースを中心にレザーを出品。

男女10名のモデルさんがニチワレリュームのレザーを着て次々に登場されるのですが、最後に全員横一列に並んだ姿はまさに圧巻でした。

そして夕方からはニチワレリュームの女性スタッフTSUBOの結婚パーティー。

旦那さんはデザイン関係の仕事をされていて、実はニチワレリュームのロゴも彼のデザイン。
数年前から交流させていただいてますが、スニーカーとスターウォーズとB級グルメに目がなく、そして毎日サングラスと帽子とお酒が欠かせないお方。

当日2人のお祝いはもちろんですが、集まった旧ニチワ時代のスタッフやアルバイトさんとの交流もあり楽しいパーティーでした。

そして週明けからは今季のレザーカタログ作成のお仕事。

日々スタッフ全員で、撮影サンプルの仕分けやその他撮影の準備に追われております。

カタログ撮影は8月頭を予定。
去年まではメンズ1名、レディス2名で撮影しておりましたが、今年はメンズも2名体制でも撮影が決定。

撮影終了後に、新作のレザージャケットや革ジャンをどしどし紹介していきますので、新作レザーの紹介はもう少しお持ちくださいませ。

ファッションショーの写真も上がり次第紹介していきます。

オンもオフも楽しめる定番のラム革レザーコート

だいぶ前の話しになりますが、国内の老舗生地メーカーさんとの打ち合わせの後、スタッフ全員でとあるお店でランチして帰りました。

そのお店の名は「栄屋ミルクホール」

昭和20年創業で、もとは看板のとおり牛乳、そして夏はかき氷に冬はお汁粉などもあった軽食喫茶。
それが今ではラーメンとカレーがメインの東京神田界隈では知る人ぞ知る有名店。

味は一言で言うなら昭和の味。
海の家に出てくる様な懐かしい味です。

味もそうですが、店内に一歩足を踏み入れると昭和の時代にタイムスリップした感じで、なんだかホッとする感じになりました。

こだわりのラーメンやカレーの専門店が多い平成の世の中、たまには昭和に帰ってみるのもいいかもしれません。

ホッとする繋がりといえばちょっと強引ですが、レザーでも昔から人気の定番品はたくさんあります。

中でもニチワレリュームが一押しする定番が「1410005 ツートンスタンド

イタリア鞣しの高級ラム革を使用し、衿から前立て裏を濃茶色で配色を施したツートンのレザーコート。

実はこの商品、外神田にあった旧ニチワ時代からの定番商品。

デザインや素材使いに拘ったレザーが多い中、こちらの商品は豊富なポケットに中綿入り、そしてフロントファスナー使い等、機能性や防寒対策を重視した定番コート。

まさにホッとする味。
じゃなくて、一着あれば万能なレザーコートに仕上がっています。

この他にも革ジャンやレザージャケット、そしてレザーベストといった定番商品もご用意してますが、そのどれもが共通して売り上げ1位を獲得した事はありません。

なぜなら弊社はリピーターのお客様が多いため、その年の新デザインが売り上げ一位を獲得するからです。

一位を獲得できない定番デザインですが、それでも売り上げの上位には必ずランクインするのも定番系の特徴。

それだけ飽きられないデザインという事とでもあります。

見た目の変わらない定番レザーですが、毎年少しずつパターン修正を加えおりますので、けして古びた感じではないレザーに仕上がっています。

通勤はもちろん、プライベートでも楽しめるレザーハーフコート。

今年の冬辺り、そろそろ定番の買い替えなんて如何でしょう。

冬までまだ時間はありますが、今のうちからニチワレリュームHPにて下見して下さいね。

 

メンズもレディースもレザージャケットはボルドーに注目!

先週末土曜、レリューム&旧ニチワスタッフ数名でとある場所に行って来ました。

その場所は「WINS汐留」そう、場外馬券場です。

この日の開催は3会場で計36レースなので、ほぼ10分置きにレースがスタート。

おかげで予想に購入に忙しいは、気が付けば金額かさばるは、おまけに初心者女子が最初に当てたのでちょっと焦るはと、終始バタバタしておりました。

結果は大小あれど全員マイナス。結局勝ったのは「JRA様」でございました。

JRA参拝後はそのまま新橋の居酒屋へ。
翌日の宝塚記念について語りながら、帰りに居酒屋の前のビリケンさん人形を触って帰り、翌日その効果が。

私の予想が見事的中。
しかも皆私の予想に乗っかってくれてので、3連単やら馬連やら馬単やらとゲットしてました。(残念ながら1人だけ外れましたが)

この時期は企画もひと段落。
わずかですが時間に余裕が出来たので企画した場外馬券ツアー。

勝ち負けは別として、久々にリフレッシュできました。

そんな新作レザーの企画もほぼ終わったこの時期ですが、これからは来期に向けたレザーカタログの作成へと作業が移行します。

カタログ製作のお話しはまた機会をみてという事で、今回もちょっとだけ新作レザーをご紹介。

今回ご紹介するのは人気のラムのベジタブルスキンで仕上げたレザージャケットのボルドーカラー。

アンティック革でも人気のラム革ベジタブルは今年も定番色の黒や新色カーキも人気ですが、中でも近年はボルドー人気が増加中!

今回はメンズでシングルライダースジャケットとテーラードのレザージャケットを。

そしてレディスではダブルのライダースジャケットの商品化が決定しました。

写真はメンズのテーラードレザージャケット。

なんともいえない深みのあるボルドーに、ほど良い光沢感のアンティック仕上げが絶妙なレザージャケット。

他の商品はまだお見せできないのですが、製品として仕上がって来ましたら随時ご紹介していきます。
(因みにインスタグラムではレディースライダースを公開しています。)

そして今年は更に、ラムのベジタブルレザー以外にもゴートスキンを使用したヌバックレザーのボルドーも復活。

こちらもレザージャケットとパーカータイプのレザーブルゾンを検討中。

今年のレザーカタログはボルドーカラーが旋風を巻き起こしそうです。

もちろん、定番の黒やネービーに人気のアイボリーも健在です。

決め打ちの色がありましたら、ニチワレリュームのTOPページ「色で選ぶ」から探してみて下さいね。

梅雨時期は要注意! レザーのカビ予防

6月と9月頃にお問い合わせが多いのがレザーウエアのカビのご相談。

特に梅雨時期に集中するのがレザーのカビ予防について。

一年の中でも梅雨の季節はレザーウエアの保管に一番気を使わなければいけない時期。

クローゼットにしまったレザーが湿気を吸い込み、ほおっておくとカビの原因に。

そしてクローゼットから出したレザーウエアにカビが付着したからと、除去方法のお問い合わせが多くなるのが9月頃。

当サイトでも過去にご説明しましたが、レザーのカビは一度発生すると除却が困難。

表面を拭き取って解決したと思っても、繊維の中に生き残っているカビがあるので、表面に出てくるたびに拭き取ったりと根気がいります。

「じゃあどうすればいいの?」と思いますよね。

一番はクローゼットから出して光の当たらない風通しのいい場所での陰干し。

レザーウエアのカビを少しでも防ぐには、梅雨時期の陰干し保管が大事。 結論からもうしあげますと、この方法がもっとも効果があります。

風に触れさせることで湿気の吸い込みを防ぎカビ発生の抑止になりますので、積極的に陰干しするように心がけましょう。

ただし光には注意。

革は使用する染料の関係上、日光の光はもちろん、蛍光灯などの室内灯下でも長時間放置しておくと日焼けする危険性があります。

またどうしても陰干しが出来ない時は、クローゼットに除湿剤を置いておくのもいいかも知れません。

また、陰干しにしてもクローゼット内の保管でもビニールカバーなどは湿気をため込みますのでそれらも厳禁です。

「なんだか面倒だな~」なんて思われるかもしれませんが、梅雨時期でけでも陰干しをしてあげる。

それだけでレザーのカビ防止はもちろん、長持の秘訣です。

私達と同じで、革も梅雨は大嫌い。是非、この時期だけでも陰干しするように心がけてください。

もう少し詳しく知りたい場合は、お電話やメールでもご相談はお受けしております。(ニチワレリュームHP

独特のムラ感が人気の新作ライダースジャケット

先日、旧ニチワ時代のアルバイトの娘が事務所に遊びに来てくれました。

たまにLINEはしていたのですが、一週間ほど前に遊びに行きますと連絡が来てランチをすることに。

アルバイト当時の彼女は20代前半。
仕事終わりに私たちスタッフと一緒になって飲みに行ったりしていた彼女も今では二児の母。

本当に月日が経つのが早いです。そして自分が年をとるのも…

何はともあれ、こうして来てくれるのは嬉しいものです。

旧ニチワ時代は冬のわずかな期間募集にも関わらず、毎年多くのアルバイトさんが来てくれました。
中には毎年来てくれるアルバイトさんまで。

残念ながらアルバイト終了後に連絡が途絶え疎遠になったアルバイトさんもいますが、現在でも連絡のある元バイトさんも、男女共にたくさんいらっしゃいます。

先日も「いつか皆で集まりましょうよ」と一人の元バイトさんから連絡がありました。

実現したら久々に旧ニチワ時代の話しで盛り上がりたいものです。

さてさて、毎度の事でタイトルとは関係ない話しから書いちゃいましたが(いつもの事で…)
今回は新作のライダースジャケットをご紹介。

既にインスタグラムにも投稿済みですが、人気のアンティク革で作り上げたネービーカラーのレザーライダースジャケット。

こちらは昨年人気で全量完売した「1110027 ラムアンティックスタンド」に変わる新デザインとなります。

今回の新作レザーは肩部分のキルティングを縦のステッチに変更し、胸のファスナーを隠しデザインにする事で、更に大人な雰囲気のライダースジャケットに仕上がりました。

このライダースジャケットのいいところは、ハードなイメージそのままに着心地がとても軽やかなところ。

ライダースらしいハードな見た目はそのままに肉厚なイメージながら、柔らかくとても着心地のいい仕上がりは、まさにラム革ならでは。

けして無骨なだけのライダースジャケットではないことをお約束します。

現在本生産に向けて、まだ細部の修正作業が残っておりますが、今回はネービーとグレーの2色を予定。

表面を擦った独特のムラ感が人気のアンティックレザージャケット。

秋の発売が持ちどおしい一着になりそうです。

古着感が楽しいアンティックレザージャケット

「もうレザーシーズンじゃないでしょ」

なんて声がちらほら聞こえてきそうな時期ですが、おかげ様でこの時期でも日々たくさんの方が当サイトを閲覧下さっております。

特に最近は当ブログを閲覧して下さっている方が急激に増えております。(本当にありがたいことです。)

ここ最近どの記事が多く閲覧されているのかを確認してみたところ、時期的なものなのでしょうか梅雨時期のレザー保管方法やレザーのお手入れといった内容に集中しています。(もちろん新作情報を見て下さっている方も沢山いらっしゃいますが)

最近はニチワの会員様だけではなく、各種レザー販売サイトを調べて当ブログにたどり着いた方も多くいらっしゃいますが、「新作レザー情報と思ってみたら韓国グルメじゃね~か」なんて初めて訪問されたお客様からはお叱りをうけるかもしれません。

先に謝っておきます。すみません、ちょくちょく当ブログは脱線します。(とくに食べ物系で)

とりあえずは秋のレザーシーズンまでは、新作レザーやレザーの関連情報をメインに、そしてたまに脱線内容を交えながら更新していきます。

さてさて、以前当ブログにて現在放送中の日本テレビのドラマ「恋がヘタでもいきてます」で、俳優の寺脇康文さんがドラマ内でニチワレリュームのレザージャケットを着用して下さったとお伝えしましたが、今週から3話連続でまたご着用くださっているみたいです。

今回は初回放送分でご着用いただいた「1310018 ラムアーバンテーラード」に加え、現在開発中のアイボリージャケットも着て下さっています。

アイボリージャケットはまだ商品化が決まっていないのですが、「1310018 ラムアーバンテーラード」に関しましては、お問い合わせが多い事もあり、正式にリピート生産が決定いたしました。

サイズ切れ後にお電話やメールでお問い合わせいただきましたお客様。

その都度決まりましたら当ブログにてご案内と申しておりましたが、ご報告大変お持たせ致しました。

販売は秋口となります。販売までもう暫くお持ちくださいませ。

それまでは寺脇康文さんの着用シーンをご覧になって、商品イメージを膨らませていただければ幸いです。

また現在生産中のためご購入は出来ませんが、当サイトでも商品閲覧は可能です。

日本の街着には不向きな夏用レザー

この時期になると、毎年のように夏用レザーのお問い合わせが入ります。

実は去年も当ブログに書きましたが、ニチワレリュームでは夏用レザーのお取り扱いはしておりません。

ところで夏用レザーってなんだろう?

パンチングレザーなのか?メッシュライダースなのか?

もしその辺りが夏用というならば、旧ニチワ時代にも夏用レザーを扱った事はあります。

でもメッシュレザーを夏に着てもさほど涼しくもなく、むしろ蒸れ蒸れ状態でした。

正直申してレザー専門店の夏は閑散期。
夏でも売れるレザー商品があればと思う事もありますが、アメリカ西海岸と違い湿度のある日本は気候的では、バイカー用ならまだしも街着としては不向きアイテムです。

まあ夏に着るウールやカシミヤがないのと一緒で、レザーも時期が来たら楽しむアイテム。なので夏の時期はレザーをお休みさせるのがいいかもしれません。

ただし夏は不向きとはいえ、四季のある日本では夏以外の3シーズンでレザーを楽しめます。

秋口や春先はレザージャケットやパーカースタイルのレザーブルゾン。

そして、真冬はレザーコートに温かさ抜群のレザーダウンやムートンコート。

時期に合わせて様々なレザーアイテムを楽しんでみては如何でしょう。

「じゃあニチワさんは夏商品ないんだ。そしたら夏なにやってんの?」

こちらもよく聞かれるご質問です。

確かに冬用物商品を扱っていますから暇してそうですが、ニチワレリュームの夏は意外と忙しく、企画やデザインはもちろん商品検品や倉庫整理にカタログ製作までと、可能な限り社内でおこなうの為、けっこうやる事が多くて冬と同じくらいの忙しさです。(その分価格を抑えることができるのですが…)

忙しさは変わらないと言っても、冬場との売り上げ差は他業種より波がある事は事実。

その為、夏場に作った商品が大量に入荷して迎える秋口は、「この商品はいけるかな」「ご注文の電話がどれくらいくるかな」と正直いつもドキドキな思いは、まるで新戦力をむかえた開幕前のプロ野球チームの気分です。

でも冬物商品だからといって夏場が全く売れない訳ではありません。
実は秋口に向けて購入されるお客様もたくさんいらっしゃいます。

仕込みの時期ですので商品が豊富ではないですが、安く買える1点物のアウトレットなど、この時期にご注文される方が多くいらっしゃいます。

秋はまだまだ先なんて思っているうちに、あっという間に秋はやって来ます。

レザーブルゾンやレザージャケットを今のうちから下見してみては以下でしょう。

レザー手袋はディアースキン(鹿革)で検討中

「美味そうなキムチチゲだね」

このいきなりの言葉に「なに、なに、どういう事?」と返答する。

実は先週のブログを読んだ友人からの一言。

友人も含め、知っている人がこのブログを読んでいるなんて、思いもしていなかっただけにちょっとびっくり。

その事を友人に伝えると「いやいや、ニチワ自体有名なレザーショップだったんだから、旧ニチワ時代からのお客様はもちろん、昔のスタッフや以前お取引のあった人たちだって読んでいる人いると思うよ。」と言われました。

本当にいるのでしょうか?
読まれていたらこの場を借りて、お久しぶりです。

さてさてそんな話は置いておいて、一週間の出張を終えて今週から事務所に戻ってまいりました。

本生産の指示も無事に終え、今週はソウルから一部持ち帰った仕事を処理する毎日。

これが終わればしばらくは落ち着く。

なんて事はなく、今度は小物関係を決める仕事があります。

小物類はいつもレザーウェアの発注後におこなうのですが、実は今回韓国で企画を進めてきた小物があります。

それはレザー手袋。

ニチワレリュームの小物アイテムの中でも人気の。

ご自身用に、プレゼント用にと毎年たくさんのご注文をいただくのですが、今年はムートン手袋に加えて、新たにディアースキン(鹿革)での手袋を検討する事になりました。

写真は試作品ですが、現在細部の仕様変更も含め、商品化に向けて開発中でございます。

あとはプライス。

なんとかお手頃価格でご提供出来る様に工場と話を詰めております。無事商品化が決まりましたら、当ブログにてお知らせしますね。

その他、新作情報も小出しにはなりますが、少しずつご紹介していきます。

韓国のおすすめ観光スポットは?

先週のブログに書いたとおり、今週から韓国に入っています。

韓国は日本以上に暖かく、日中はTシャツ一枚で過ごせる陽気です。

今回の出張はレザーの本生産依頼がメインですが、それ以外にも先行生産しているレザーの検品や、その他も含めて作業はいろいろ。
ほぼ一週間の滞在ですが、なんとかソウルにいる間に全てを終わらせるよう奮闘しております。

ソウルには年4~5回、旧ニチワ時代を含めると数えきれないほど来ています。
その為、よく友人に「今度一緒に韓国旅行に行って、色んな場所を案内してよ」と言われます。

そう言われるたびに「あまり観光詳しくないよ」と、いつも同じ返事の繰り返し。
考えてみたらいつも仕事がメインですので、あまり観光をした事がありません。

もちろん観光経験ゼロではありませんし、明洞や東大門を案内する事はできますが、プライベートで韓国旅行をされている人に比べたら、気軽に観光案内できるなんて語れません。

そんな観光経験の浅い私ではございますが、あえて観光スポットをと聞かれると次の4か所をおすすめしています。

①ゆっくりと散策を楽しみたいなら → ブッチョン(北村)

②韓国な活気ある台所を楽しむなら → 広蔵市場

③歴史と緊張感を味わうなら → 板門店 DMZ(非武装地帯)

④お子さん連れなら → COEXアクアリウム

①はハノクという伝統的な建築様式の家屋が立ち並ぶところ。
金沢の武家屋敷や東茶屋街のような独特の雰囲気で、数々の有名ドラマのロケ地にも使われているので、行く前にドラマをおさらいしてから街を歩き、ちょっと疲れたらお洒落なカフェに立ち寄るなんてどうでしょう。
近くに世界遺産の昌徳宮もあり、情緒ある韓国の街並みを楽しめます。

②は当ブログでも過去に紹介した市場。
朝から夜まで活気に溢れ、美味しい食べ物がたくさん。現在日本では食べられなくなったユッケやレバ刺しも思う存分楽しめます。

③はあの有名な北朝鮮との国境38度線にあるJSA(共同警備区域)
ツアーで申し込まないと行く事はできませんが、歴史に興味のある方は行ってみる価値は間違いなくあります。
私も一度行きましたが独特の緊張感でした。
是非、行く前に映画JSAを観てから行ってほしいですね。

④は江南地区にあるショッピングモール内の韓国最大級水族館。
川から海の生物へと進んでいくルートは、ジャングルあり、洞窟あり、トンネルありと日本にはない楽しさ。
子供はもちろん大人も楽しめて、モール内だから食事や買い物も楽しめます。

如何でしょう。観光したことないわりには頑張って書いてみました。

仕事がメインで観光場所知らないものですからこの程度しか書けませんが、そんな私にも一個だけ詳しく案内できるのがあります。

それは… そう食事!

海外出張経験のある方ならお分かりでしょうが、仕事での海外で楽しみと言えば食事。
といいますかそれしかない。

私達も現地に入ると焼肉はもちろん、チゲにうどんに参鶏湯にと、たくさん美味しい韓国料理を堪能します。

ですので食事だけはガイドにも載っていない店などたくさん案内できるので、いつも「観光案内は無理だけど、食事だけは任せて」と言っております。

そんな韓国飯。
今回もお気に入りのお店に行って来ました。

そのお店はキムチチゲの専門店。

メニューはこれ(写真)しかないのですが、辛さの中にコクのある美味さで、ついついごはんが進みます。

このお店は残念ながら分かり難い場所にありますのでブログでの案内は出来ませんが、穴場的なお店がありましたら、当ブログでもお知らせしていきますね。

久しぶりにレザー以外の話をしちゃいました。