東大門レザーリポートへのご質問

前々回にブログで一年ぶりに訪問した東大門市場の事を読んで下さったお客様からご質問をいただきました。

そのご質問の内容とは

①東大門市場で売られているレザーの相場と種類について

②お客さんが増えたと書いてますが、店舗が減ったはずでは?

そうですよね。価格やアイテムなど一番興味のある所を前回のブログでは書いてませんでした。
そして②の質問。
お客さんは増えているのですが、そうなんです。実は店舗数は減っています。

という事で、前回ブログの補足ではないですが、ご質問の答えを私なりの見解でお伝えします。

まず、①のご質問について。

東大門市場のレザーの種類ですが、店全体を見渡す限りメンズレザー、レディースレザー共に扱われているアイテムの80%がライダース。

それ以外だとメンズがジャケットやショートダウン、レディースがムートンといった感じで、メンズ、レディース共にレザーコートの展開が少ないです。(というか殆どない)

また東大門市場のレザー相場ですが、当然アイテムによってまちまちですがライダースで20~30万ウォン(ムートンは60万ウォン~)あたりが平均売価です。

そして②の質問ですが、確かに店舗数は減っています。

お客の数については、前回のブログでは去年と比べて増えているとお伝えたつもりでしたが、書き方が曖昧で大変誤解を招いてしまいました。

東大門市場でレザーを購入するお客ですが、以前は日本人が一番多く少し前までは中国人が増えていましたが、現在は地元韓国人のお客が多いようです。

東大門市場でレザーを購入する外国人が減った理由(全てではありませんが)としては中国人観光客の減少。(減少理由は様々ですが、一部政治的な部分もありますのでここでは控えておきます。)

そして日本人ですが、韓国への観光客は減ってはいないのですが、東大門市場でレザーを購入する人が少なくなって来ています。

一昔前は国内の半値以下の相場でレザーが買えたのですが、今では国内でも格安レザーが出回っており、旅費を出してわざわざレザーを買いに行く必要がなく、また昔に比べてアイテムがライダース中心とバリエーションが少なくなっている事も影響しているかも知れません。

確かに昔に比べると、いい革を扱うお店とそうでないお店の差が激しくなって来た事は確かですが、ライダースの購入をお考えなら種類は沢山ありますので、観光ついでに立ち寄ってみてはどうでしょう。

因みに営業時間にも注意が必要です。

確か朝9時30~17時と20時30~翌5時が営業時間なので行く時は時間だけは気を付けて下さい。

今年のレザーはシンプルデザインを中心に

4日間の韓国出張が終わった週末を迎えております。

サンプル作成という一年の中でも大事な出張という事もあり、出張組は昨日あたりは家でぐったりしていたかも知れません。(私がそうだから)

おかげ様で各工場と十分な打ち合わせをする事ができ、「うん、これなら大丈夫」と思えるようなサンプル依頼が出来たと勝手に自負して帰ってまいりました。

色やデザイン等、細部まで詰めながらの話し合いでしたが、各工場側とも共通した来期のトレンドを一言で言えば「シンプル!」

もちろん、デザイン性のある商品開発もしますが、基本的に各アイテムシンプルな物も強化していきます。

という事で全体はまだお見せ出来ませんが、写真のブルゾンもシンプルその物。

スタンド衿のラム革ブルゾンですが、シンプルなだけに、パターンを細部まで見直してきれいなシルエットが特徴的な商品を検討中。

写真はファーストサンプルのため残っていた革を使用してますが、もう少し革のグレードを上げて、幅広い年代の方に楽しんでいただけるブルゾンを考えております。

今のところ黒とアイボリーでの商品化を考えていますが、このアイテム以外にもレザージャケットとレザーコートも、シンプルを中心に、デザイン物までバランスのいいラインナップを目指しています。

そして当ブログでも少しずづですが紹介していければと思っていますので、サンプル完成までお楽しみにお待ちください。

出張中もフェアー中の春レザーと薄手ストールの沢山のご注文をいただいているみたいです。

ご注文いただいたお客様、大変ありがとうございました。

連休明け即出荷しますので、商品到着までもうしばらくお待ちくださいませ。

一年ぶりの東大門市場

昨日から出張で韓国に入っています。

今回の出張のメインは来期に向けたサンプル作り。

そのため、今日はこれから各提携工場を回り。

現在お付き合いのある工場は、その全てが旧ニチワ時代からの提携工場。

旧ニチワ時代はニチワ製品のみを製造していた工場だけあって、とてもスムーズに私たちの希望を酌んだサンプル作りをおこなってくれます。

実は以前、新しい工場にサンプルを頼んだ時、わざと質の悪い革を使った工場がありました。
2万円代で販売するならそれもありかも知れませんが、私どもの販売基準には満たなかったので、その時は製品化もちろんその工場との取引はしませんでした。

新しい工場では、その様な事がたまにあります。

そんな工場めぐりの前に、昨日は食事の後、一年ぶりに東大門市場に行って来ました。

一昔前のレザー人気に比べ、近年は閑散とする事が多かったのですが、昨年辺りからのレザーブームのおかげか、去年に比べてお客さんが増えていました。

お客さんが増えた以外の東大門市場の感想といえば、去年もブログで書いたのですが店によってレザーの品質差が激しいところ。

なかなか一般の方では分かり難いのですが、革質のいい商品を扱っている隣の店で革質の悪い製品を扱っていたりして、それでいて値段がほぼ同じといった様に、まるで築地市場で品定めするごとく、慎重に店を選ばないといけないのは相変わらずでした。

この辺りは先にも書いた工場選びと同じかもしれません。

まぁ一つ攻略方法を上げるとすれば、無理やり強引にすすめてきたり、お客がいても平気で食事をしたりそっぽを向いたりする店より、適度な距離感で笑顔で接してくれるお店がいいかもしれません。

「そんな店ないよ」なんて声が聞こえてきそうですが、実際に私たちが今までに何十回と訪れて感じた事です。

実際にあった出来事ですが、昔「この中の好きな商品を選んで」と見せられたのがニチワのカタログなんてお店もありました。(そのときは現地工場の方が店側に注意をしてくれましたが)

とはいえ、東大門のレザー市場は悪質なお店だけではなく、良心的で格安レザーが買えるお店もたくさん存在します。

私達は自社での企画製造ですから東大門市場での購入はしませんが、行かれたら魚の目利きのごとく店選びをするのも楽しいかもしれません。

 

イタリー製の薄手ストールに人気が集中!

「よっしゃ~中田~!」「いいぞ~筒香~!」

って、いきなりタイトルと違いますが、これは先日観戦したWBC日本対オーストラリア戦での事。

先日、遊び仲間から「WBC観にいかない?」とお誘いを受けて、久しぶりにドームへ観戦行って来ました。

試合結果は既にご存じのとおり、冒頭の二人のホームランもあり日本が快勝。
無事に一時予選通過を果たしたのですが、通常の日本の試合と違いこの時だけは巨人ファンも阪神ファンもなく日本一色の応援で、点が入るたびに知らない人同士でハイタッチしたりと盛り上がっていました。

おそらくアウエーのオーストラリアは大変やり難い環境だったかと思いますが、やはり日本が勝って楽しい観戦でした。

試合後のドームの気温は低く寒かったのですが、熱気と、お酒と、そして観戦記念プレゼントでいただいた「侍マフラー」効果もあって、とても暖かい帰路となりました。

侍マフラーではないですが、ニチワレリュームもレディース用の薄手ストールを限定販売中。

今回は全てサンプルという事で、特別価格50%OFFでの販売。

サンプル品なので商品数が大変少ない事もあり、先行して女性会員様限定でメルマガ告知をしたのですが、大変反響をいただき、既に完売商品も出ております。

首元のお洒落に薄手のストール。

イタリア製サンプルとインド製サンプル。
どちらも大変おすすめです。

加賀屋旅館の素晴らしさに感銘

今日はレザー以外のお話しという事で番外編。

先日一泊二日で金沢に行って来ました。

宿泊したのは、あの有名な和倉温泉の「加賀屋」さん。

なんと言っても「プロが選ぶ日本のホテル・旅館百選」で36年連続で総合1位に輝いている有名旅館。

なかなか予約が取れず、しかも一番高い部屋から予約が埋まっていくとの事で、ダメモトで一週間前にJTBで聞いたところ、運よく部屋が取れたので急遽決行する事に。

JTBのスタッフさんも「一週間前で取れるなんて奇跡的ですよ」と言われていたので、本当にラッキーでした。

そんな「加賀屋旅館」の感想はと言いますと…

本当に素晴らしいの一言。
今回は6人で行ったのですが、全員が「今まで泊まった旅館で文句なしで一番」と意見が一致。

何が素晴らしいかって、到着した途端に女将さんと大勢の仲居さんがお出迎え、部屋に着くなり抹茶が入り、夜はフルーツのサービス。
そして朝も朝食15分前くらいにお茶が入る。
もちろん部屋やお風呂も素晴らしく、食事は何を食べても絶品と、素晴らしいところがありすぎて一言では言い表せません。

そして旅館スタッフさんのサービスも一流。

食事どきに支配人さんがご挨拶に来て下さったのですが、長話しする訳でもなく、絶妙な塩梅で挨拶を済ませたり、最後は部屋付きの仲居さんが駅まで一緒に来てお見送り。

どれもこれも、他の旅館に比べると過度なサービスではありますが、それが過剰にいやらしすぎる訳でもなく、本当に痒いところに手が届くとはこういう事なんだなぁと思うおもてなしでした。

接客業をしている私も、臨時店舗はもちろん、お顔を見て接客する事ができない通信販売も含めて、今回の「加賀屋」さんの接客姿勢は、あらためて勉強になりとともに、気が引き締まる思いで旅路を後にしてきました。

それにしても「加賀谷旅館」
本当素晴らしい旅館でした。

いつかまた行けたらいいんだけど…

 

4月放送のドラマでレザージャケットを提供してiます。

先日放送の「ぴったんこカンカン」で、大御所俳優の方がニチワレリュームのレザージャケットを着ておられました。

今シーズン、千駄ヶ谷の臨時店舗にお越しいただいてご購入いただいたのですが、何度かテレビのオンエアで着て下さり、大変気にいっていただけて、私どもとしても本当嬉しい限りです。

ご購入いただいた商品は「ニュービジョンテーラード 1310019」という商品ですが、既に今季生産分は全サイズ完売となりました。

現在、来期向けに再生産するか新色を追加するかを検討中でございます。
再生産が決まりましたら、またご報告します。

それにしても最近テレビや映画撮影での衣装提供依頼が増えてきました。

旧ニチワ時代も、数々のテレビドラマや映画はもちろん、雑誌の企画などでも取り上げた頂いておりましたが、ニチワレリュームになってからは殆ど依頼がありませんでした。
ところが最近は、ホームページをご覧になったスタイリストの方からたくさんのご依頼連絡をいただくようになりました。

そして先日、現在撮影中で4月オンエア予定のドラマ「恋がヘタでも生きていきます」にて、あの地球ゴージャスの寺脇康文さんが、弊社のレザージャケット「ラムアーバンテーラード 1310018」を着て下さることになりました。

今回は初回(4月6日)の放送内にてご着用していただけるとの事で、いまからオンエアが楽しみです。

そして今回着用されている「ラムアーバンテーラード 1310018」こちらもLサイズ以外は既に完売となり、残っているLサイズも残り数枚となってしまいました。

実はこの一週間でたくさんのご注文が入り、また他のサイズについてもお問い合わせが数件あった事から、こちらも再生産するか、急遽検討する事となりました。

ただし革の手配等の問題もあり、もしかしたら再生産が不可能な可能性もあります。
お問合せいただいたお客様には大変申し訳ございませんが、その場合はご了承ください。

 

革ジャン&レザージャケットがお買い得な春レザーフェアー 

数日前から水のような鼻水が…

いよいよ花粉の季節がやって来ました。

目を腫らしたり、鼻の下が赤くなったりとこの時期、そんな人を見るたびに気の毒だなあと、花粉と縁がない私は思っておりましたが、しかし…

数前から鼻がムズムズ、目がショボショボとしはじめて、それでも何かの間違いさと思いながらためしにしてみた去年の検査。

結果はスギ花粉でしかも重症との診断。

病は気からといいますが、それまでは我慢していたのに、花粉と分かった瞬間からはよけいに鼻をかむは、目は擦るやらで、今ではすっかり重度の花粉症です。

花粉症には厳しい時期ですが、そんな時こそ活躍するのがレザーウェアー。

以前このサイトでも書きましたが、花粉が生地の中まで入りこまないレザーは、玄関開ける前に表面をはたく事で、室内に花粉を持ち込むのを防ぐことが出来る優れ物なのです。

そしてこれから暖かくなる時期という事で、本日より「春レザーフェアー」がスタートしました。

期間中はレザーブルゾンや革ジャン、レザージャケットがお買い得!

4月以降も着る事ができるレザーアウター。是非、この期間にご検討下さいませ。

 

 

レザー新作企画中なのですが…

今月に入ってから、ほぼ毎日来期に向けた企画作業。

3月中旬に工場にてサンプルを作成する予定ですが、それまでの期間、急ピッチでの企画作業。

企画作業で何が一番苦労するかといいますと、それは…

新デザインのアイデアに詰まること。

ニチワレリュームのお客様はリピーター率が非常に高く、毎年購入した頂くお客様もたくさんいらっしゃいます。
(本当にありがたい事です。)

「これが企画のアイデアとどう関係するの?」と言われてしまいそうですが、実はリピーターのお客様が多い分、毎年7割近くの商品を新デザインや新色に変更します。

もちろん各アイテム共に人気の定番レザー商品は存在しますが、新しい商品を導入することでリピータのお客様に飽きられない様、常に旬のデザインや色を検討しております。

という訳で毎年の企画数が多くなりますので、それだけの多くの新作サンプルを作成します。

新型のサンプルは、毎年社内で話し合ってたくさんのアイデアを出すのですが、同じミュージシャンの曲は、何を聴いても同じに聞こえるように、私達だけのアイデアだけではどうしても限界があります。

その為、過去の流れや今年の流行、各工場からの提案はもちろん、お客様からのご提案なども参考にしながら考えるのですが、2月の末頃は、どうしても締め切り前の漫画家さんみたくアイデアが出てこなくなり、切羽詰ってきます。

でも大丈夫。
不思議とその日浮かばなかったアイデアが、ふらり街を歩いたり、朝起きた時だったりと、ちょっとした事でいきなり出てくることがあります。

経験則からいいますと、数合わせのために無理やり作った物がいい出来だったことはほとんどありませんが、そんなちょっとした事で浮かぶアイデアがヒット商品になる事が多かったりします。

今日現在で新企画品は予定の8割くらいは出来上がって来ましたが、そんなちょっとの事で浮かぶアイデアを取り入れて、より魅力ある企画を検討していければと思ってます。

デザイン自体は、まだ具体的には言えませんが、とりあえず色としては定番の黒をメインに、ネービー、グレー、カーキ、ボルドー、アイボリー辺りを充実させたいと思っております。

来期の新作カタログを見て「ほとんど去年の商品じゃない」なんて事は、ないくらい新作の導入を考えていますので、リピーターのお客様、是非来年を楽しみにお待ちください。

ただし、その分品番の入れ替わりが激しくなりますので、今ある定番以外の商品は無くなり次第終了となってしまいます。

特に今年はジャケットを中心に完売商品が多く出ており、ここ最近も完売商品のお問い合わせをたくさんいただいております。

一部の商品は再生産するのか新色展開すのか検討しますが、半分以上の商品は終了となる事をご了承ください。

 

ラム表革の経年劣化に注意! オイルケアのすすめ

前回は革の汚れ防止に「防水スプレー」を書きましたが、今回はオイルケアのお話し。

実は先日の通勤途中の電車の中で、当社製のラム革コートを着てる男性を見かけました。

旧ニチワ製品も含め街中で自社製品を着た方を見かけますと、勝手に親近感を覚え、心の中で「ありがとうございます」とささやきながら「うわ~懐かしい」だったり「おっ、今季の新作」なんて思ったりするのですが、その他にもチェックしてしまうのが商品の経年劣化状態。

「オイルケアされてきれいに着られているな~」とか、「いい感じに古着感が出てきているな」と思う事が多いのですが、今回見かけた男性のコートは残念ながらどちらにも該当しない状態。

着用されていたのは黒の表革なのですが、おそらく毎日の着用され、肩掛けカバンのせいで表面の銀面が肩口から背面の大部分が剥げて、表面が白く劣化されていました。

お店でしたらお客様にケア方法をご説明したり出来るのですが、さすがに電車中でオイルケアのおすすめをしても危ない人物に見られるだけですので、そのまま降車駅でサヨナラしましたが、できれば定期的にオイルケアしてあげてほしいものです。

表面が白くなるのは、油分が抜けて表面(銀面)が剥がれてしまった事が原因。
手荒れにハンドクリーム、唇のカサつきにリップクリームを塗るのと同じで、定期的にオイルケアをするとある程度防いであげることが出来ます。

ただし、前回ご説明した防水スプレー同様に使い過ぎは厳禁。

また、加工方法によってはレザーオイルやレザークリームが使用できない革もありますので、必ず目立たない個所でテストしてから使用して下さい。

特に海外製のオイルなどは薬品が強いですので、特に注意が必要です。

もしケア方法で分からない事があれば、お気軽にスタッフまでご相談くださいませ。

レザーウェアに防水スプレー その意味は

先日お客様から「防水スプレーってどれ使っても大丈夫?」とのお問合せをいただきました。

以前にも当ブログで詳しくお伝えしてますが、ここで再度おさらいをします。

防水スプレーも様々な物がありますが、使用用途に「皮革製品」との記入があれば使用自体は問題ありません。

ただし気をつけなくてはならない事があります。

それは吹付の際に、近づけすぎたり多量に吹き付けたりしない事です。

オイルケアもそうですが、必要以上の使用はケアするどころか逆にダメージを与えてしまいます。

防水スプレーはそもそも雨用でおすすめしている訳ではありません。

防水スプレーを革に吹き付けることで、表面に薄くコーティングをした状態になり、その事で汗や整髪料(化粧品含む)などの油分の汚れを付着させない効果が生まれます。

そうなんです。防水スプレーは汚れをつきにくくする効果があるのです。

よくオイルの使えないムートンやスエード、ヌバックなどの起毛革に付いた汚れをどうすればいいかと、ご質問をいただくのですが、この様な革の場合、汚れが付いたらどうしようではなく、汚れを付きにくくする事が大事になって来ます。

使用方法としては、屋外で衣類から30センチ前後離しながら全体を2~3往復程度吹き付ければ十分です。
使用頻度はなるべくでしたら着用する度に。もしご面倒でしたら、月に1~2回ほど吹き付けるだけでも効果的です。

そして帰宅されたら、柔らかいスポンジで軽くブラッシングしてあげるとで、表面に浮いた状態の油汚れをはじき出してくれます。

この様なケアを施しても経年劣化は避けられませんが、するとしないとでは数年後の汚れ具合が全然違います。

また靴用のスプレーでも使用可能ですが、靴用は吹付面積が小さいので一点を集中して吹き付けるノズルになっています。

その点、ウェアー用はノズルが拡散するようにできていますので、なるべくでしたらウェアー用の防水スプレーをお勧めしますが、どうしても靴用をご使用になる場合は、なるべく同じ場所に集中して吹き付けない様にしながら使用して下さい。

今日は防水スプレーのお話でした。