革ジャンのシワを取るアイロンの方法とは

「このボコッとした革ジャンの襟シワどうにかなんない?」

スタンド襟タイプの革ジャンやレザージャケットをご購入されたお客様から、たまにこの様なご質問を頂戴します。

詳しい説明は長くなりますので割愛しますが、革は布帛製品とはパターンや裁断方法が異なる事や、革自体(特にラム革)にコシがなく寄れやすい素材であるなど様々な理由から、スタンドタイプの革ジャンは多少なりとも襟シワが発生してしまいます。

この様なシワをなくす方法としてはアイロンが有効なのですが、なかでも一番効果的な方法が短時間でおこなう高温でのアイロン掛け。

「えっ、だってニチワレリュームのホームページで紹介しているレザーメンテナンスでは低温と記載があるじゃない?」と言われてしまいそうです。

確かにそのとおりで、革全般としてのアイロンは低温での使用を推奨しています。

なぜなら高温アイロンは素材によっては革自体を傷めてしまう事、また高温で革が縮んだり硬化してしまうケースがあるからです。

ここでの高温推奨は、一般的な表革素材を対象とした方法としてお考えください。

方法としてはシワを取りたい個所にあて布を敷き、そこに高温のアイロンを軽く押し付けて前後に動かしながら、約5秒前後アイロンを掛けたら革から離してください。

あて布を取り除いてシワの状態を確認し、まだシワが取れていないようでしたら革の表面を冷ましたのちに、再度同じ方法を繰り返して下さい。

これを繰り返すことで多少のシワは緩和されます。

因みに写真はこの方法を3回繰り返した状態です。

いかがでしょう。だいぶきれいになったかと思います。

注意点としては一度に長時間あてない事、そして必要以上に動かしすぎない事です。

それだけ注意すれば、ある程度のシワはきれいにする事が可能です。

またベジタブルなどの革に長時間高温アイロンをあてますと、凸凹した表面の凸部分が黒く焼けてしまったりします。

低温使用を推奨するのは、長時間押し付けることでこの様な状態や革を傷める事を避けていただくためです。

とは言え、近年は高温アイロンでわざとムラを出す製品も存在し、意外にもそのムラ感が格好良かったりもします。
実はニチワレリュームでもこの様な加工でヒットしたレザージャケットが過去に存在しました。

簡単な説明でしたが、高温アイロンで革のシワを取り除く方法いかがでしたでしょうか。

シワが気になりましたら、一度トライしてみて下さい。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)