2019秋 レザー天国「千駄ヶ谷」臨時店舗 ~俺流 革ジャンこだわり探訪 PART III~

ニチワレリューム レポート隊の松でございます。「俺流 革ジャンこだわり探訪」も今回で3投稿目。
さて、ニチワ臨時店舗「千駄ヶ谷店」は、いよいよ本日11月24日(日)でフィナーレを迎えます。

臨時店舗で、じっくり試着して、お気に入りが見つかった方、今年の冬はスタイリッシュにキメて快適に過ごしてくださいね♪

「俺流 革ジャンこだわり探訪 PART III」は、秋深まる神宮外苑前イチョウ並木の風景に深まる秋を感じつつ、ニチワレザーの“トリビア情報”や、「千駄ヶ谷店」で見初めた“俺龍こだわりレザーコート”をご紹介します。

一昨日の金曜日は、“真冬並みの寒さ”に加えて雨も強く降り、骨の髄まで冷え冷えに。
吐く息も白く、本格的な冬の到来を感じました。

寒さが一段と厳しくなると、いよいよ紅葉シーズンが訪れます。毎年恒例、「神宮外苑いちょう祭り」を開催中の神宮外苑のイチョウ並木は、先週よりもさらに黄金色に近づいたイチョウの木々を見に来る大勢の観光客で大賑わい。

146本のイチョウが植えられた全長約300mにわたるイチョウ並木通り。紅葉がピークに達すると、この通りは文字通り黄金色一色、都内随一の絶景スポットに変貌します。黄金色の葉を付けた枝がアーチのように連なり、まるで黄金のトンネルのよう。さらに地面には落ち葉が重なり、さながら“金の絨毯”です。

そんなフォトジェニックな場所だけに、ここは多くのテレビドラマや映画のロケ地としても知られています。
黄金色に染まりつつあるイチョウ並木を歩きながら、松の脳裏にフッと浮かんだのは、キムタクこと木村拓哉主演のドラマ『HERO』のタイトルバック。2000年代を代表する、この人気ドラマの冒頭に毎回登場した並木道の印象は今でも強く残っています。肌寒い中、黄金色まであと一押しのイチョウ並木をさらに進んでいるうちに、ドラマの劇中でキムタクが愛用していたダウンジャケットを思い出しました。

ドラマのヒットで、ダウンジャケットがシティファッションとして爆発的に流行。
そういえば当時、松もブラックのダウンジャケットを買って冬の間、着まわしていたことを思い出しました。

日本中にダウンブームを巻き起こした、あのダウンジャケット。
当事は雑誌などで、いわゆる“キムタクモデル”として紹介されたこともあり、旧ニチワ時代もキャメルのレザーダウンは最大のヒット商品になったとのこと。ブームから約20年。今や入手困難、激レアな高額コレクターズアイテムなんだろうな、と思いきや…。何と、現ニチワレリュームでも当時のスタイルそのままに、キャメルのレザーダウンが手に入るんです。

欲しい人は…ニチワのネットショップで探してみて。
キーワードは“HERO”。

さて、寒さがますます厳しくなる、これからの季節。
革ジャンやレザージャケット、ダウンジャケットをも凌ぐ防寒レザーといえば、やっぱりレザーコートではないでしょうか。ブログPART Iでも書きましたが、松は無類のコート好き。特にロングコートに目がない。でも、ただ丈が長いだけではダメ。デザインにも“俺流のこだわり”がある。

ニチワ臨時店舗「千駄ヶ谷店」で、そんな松のアンテナに引っかかったのが、「1410029 シングルロングトレンチ」でした。

1mを超える着丈が防寒レザーとしての機能性をアピール。全身を覆うような着丈の長さが、真冬の寒風からしっかり身を守ってくれる。このロングなシルエットもさることながら、特に2連ボタン付きのちょっとサイバーパンクな雰囲気のスタンドカラーにも惹かれました。

羽織って、鏡の前で360度回ってみると、バックのシルエットも◎!
ベルトを外すと印象が変わって、これまた良い感じ。ラムスキンならではの軽快な着心地の良さも申し分なし。

このコートに合わせるカラーは、やっぱりブラック。ブラック×ブラックにグレー系のストールやマフラーを巻くと、ハードボイルドな雰囲気に。また、ワインレッドや濃オレンジ系のストールを首からぶら下げると、おしゃれ度数が高まる。いろいろなコーデが楽しめそうなのも良いですね。

「1410029 シングルロングトレンチ」はブラック1色の展開ですが、個人的にはボルドーとかキャメルも見てみたい。ニチワさん、どーでしょうか?

今回は、ニチワ臨時店舗「千駄ヶ谷店」で、目に留まったレザーコート「1410029 シングルロングトレンチ」をピックアップしてお届けしました。

「千駄ヶ谷店」は本日11月24(日)でクローズしますが、現在、千葉(12月25日まで)で臨時店舗がオープンしている他、今後、横浜・関内(11月30日~12月3日)、大阪(12月7日~15日)、名古屋(2020年1月4日~7日)の3地区で臨時店舗を開催。千駄ヶ谷の来店を逃した方、各店舗の最寄の方は是非来店してみては。

また、店舗開催期間中に来店できない方は、東京・湯島の「ニチワレリューム事務所」での販売も行っており、事前に予約すれば商品の試着や購入が随時可能。運命の一着に巡り会えるかも!?

では、また…。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)