通販でよくある悩み。レザージャケットのサイズ選びについて

先日、当ブログでお客様よりレザージャケット購入にあたり、サイズの選び方についてご質問をいただきました。

レザージャケットに限らず実際の商品が手に取れないネット通販では、購入した服のサイズが合わなかったという失敗、少なからずご経験された方もいらっしゃるかと思います。

ニチワレリュームでも、サイズに関するご質問をとても多く頂戴します。

そこで今回は、ニチワレリュームのレザージャケットを購入するときの、サイズ選びについて書いてみたいと思います。

レザージャケットを初めてご購入される場合で大事なのは、「自分は既製品はLサイズだからレザージャケットもLで問題ない」と、サイズを決めつけてしまわないこと。

ニチワレリュームでは、ライダースからテーラードタイプまで、同じタイプのレザージャケットでも、ピッタリ目に着てほしいデザインや余裕目に着てほしいスタイル、更には流行の着方も考えながら、1スタイルずつサイズ調整をして製品を完成させていますので、似たようなレザージャケットでも、商品によっては身幅サイズが5㎝以上違う場合がございます。

もちろんピッタリ目に着てほしい作りだからといって、ユッタリ着ては駄目なんてことはありません。

ニチワレリュームのレザージャケットで、サイズ選びのポイントは2つ。

まずはご自身が購入予定のレザージャケットを、どの様なシーンで着ることが多いのかを考えてみます。

革はウールやダウンと違い、素材その物から暖かさをもらうアイテムではありません。
風を通さずに中に着たインナーの保温力を保つことで、防寒性を高めるアイテムになります。

そこで、もしレザージャケットを真冬に着たいと思われていましたら、厚手のタートルとなど中に着込むことを考えて、やや大きめサイズを選ばれるとよいでしょう。

また、暖かい日や秋口、春先などに薄手インナーの上に羽織るのならば、やや小さめのサイズを選ぶのがおすすめですし、とくにライダース系はタイト目の方が格好良く見えます。

そしてもう一つのポイントは、ご自身が所有されている布帛品のサイズを実際に測って、WEBに記載されているサイズと比べてみること。

例えばテーラードタイプのレザージャケットなら、クローゼットにある布帛のテーラードジャケットのサイズを実際に測って、それを基準にしてサイズを確認してみましょう。を、

測り方ですが、まずご自身が所有するジャケットの中から、一番サイズ感が合うジャケットをチョイスします。(冬物がおすすめ)

そのジャケットの前ボタンを閉めて机や床の上に置き、脇の下から脇の下までの長さを写真の様にメジャーで図り、その数字を倍にした長さを確認してください。

その数字とWEB商品のサイズを見比べて頂ければ、WEBで販売されておりますレザージャケットのサイズ感がご自身に合うサイズなのか、少しはお分かり頂けるかと思います。

あとはタイト目なら測った長さより1~3㎝小さ目にサイズ表記がしてあるレザージャケットを。
逆にゆったり目がお好みなら、やや大きめの長さのレザージャケットをチョイスしていただければ、ある程度はご自身に合ったサイズ選びが出来るかと思います。

実際私自身も、レザージャケットはもちろん、夏場にネット通販でTシャツなどを購入する時に、所有しているなかで一番サイズ感が良いTシャツを基準にしてサイズ選びをしています。

そこまで測っても、ウエストや腕周りが小さくて失敗する可能性がゼロとは限りません。

その様な時は、腋の下と同じ方法でお腹回りなども測っていただき、それらを記録した数字をニチワレリューム宛にメールをいただくか、お電話にて直接ご相談いただければ、弊社スタッフが対応させていただきます。

今回はレザージャケットのサイズ選びについて書いてみました。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)