革ジャン、レザージャケット、ダウンなどのブランド通販 ニチワレリューム

       

 

 

革ジャケット 男性はもちろんのこと、女性からの人気も集めているファッションアイテム、革ジャケット。 多くの方が革ジャケットを着ていますが、その歴史について知っているという人は少ないでしょう。 歴史について知れば、革ジャケットのことがもっと好きになるかもしれません。 ここでは、主にアメリカの革ジャケットの歴史について紹介したいと思います。

 

アメリカの革ジャケットの起源は、アメリカ先住民族のレザー文化と言えるでしょう。 アメリカ先住民族はバッファローの革を、ウェアにあたるバッファローマントに、 鹿革を足の覆いであるレギングなどに利用していました。 神から与えられた自然の恵みを無駄なく最大限に生かそうという思いが革ジャケット誕生のルーツになります。 今よく見られている革ジャケットが登場するのは1930年代になります。 1931年にあのハーレーダビッドソンが大衆向け第一弾となるシングル襟スタイルの「Leather Zipper Jackets」を発表。 そして1935年にはシングルで脇のアジャストベルトなどを更に進化させた「Motorcyclists Sports Jackets」を発表しています。 これらが1930年代を代表するライダースジャケットとなっています。

 

バイク 1940年代には数多くの革ジャケットブランドが誕生しています。 革ジャケット業界を牽引していたのはハーレダビットソンでした。 爆発的なバイク人口の増加とハーレーダビッドソンの成功がさまざまなブランドを生み出していったのです。 革ジャケットに本格的に牛革が利用されたのは1960年代以降になります。 しかし、アメリカ経済の衰退により、1970年代の革ジャケットの売上は低迷します。 この時代に多くのブランドが消滅していきました。 暗黒の時代とも言える1970年代を過ぎると、再び革ジャケットは流行の兆しを見せます。 1980年代になると日本の需要拡大といった外的要因にも支えられ、 革ジャケット産業は緩やかに再生していきます。

 

そして今現在、革ジャケットはアメリカだけでなく世界中で愛されています。 寒い季節には欠かせないファッションアイテムとなっていますよね。 革ジャケットの歴史を知ったあなたは、革ジャケットのことをさらに好きになったのではないでしょうか?



 







4/24
会員様限定!OFFシーズン割引キャンペーン

 


特集


特集


特集

ヴィンテージライダース特集(メンズ編)2016.10.1号


ヴィンテージライダース特集(メンズ編)2016.10.1号
ヴィンテージライダース特集(メンズ編)2016.10.1号
ヴィンテージライダース特集(メンズ編)2016.10.1号

ヴィンテージライダース特集(メンズ編)2016.10.1号
ヴィンテージライダース特集(メンズ編)2016.10.1号

ページの先頭に戻る