レザーの季節がやってきた! 革ジャン秋の着こなし術 ~メンズ編~

84442

暑い夏が終わり、涼しい秋がやってきました。
ファッションも薄着から重ね着のコーディネートに移行する季節です。メンズファッションでは特に、クールに決まるジャケットなどの羽織りものが活躍し始めるのではないでしょうか。
そんなファッションがガラリと変わる秋は、革ジャンを羽織っている人も街中でよく見かけるようになります。
いよいよ、革ジャンの季節がやってきた!という感じですね。
今回は、レザーシーズン到来ということで、初心者でも挑戦しやすい、秋のメンズ革ジャン着こなし術をご紹介します。
お気に入りの革ジャンが既にある人も、これから革ジャンを買う予定の人も、オシャレに着こなして思い切りレザーファッションを楽しみましょう!
クールスタイルからキレイめスタイルまでマルチに活躍する革ジャンは、メンズファッションに大活躍!革ジャンをうまく着こなし、“大人の男”を目指しましょう!

メンズファッション定番! 黒ライダース&白Tシャツコーデ

どんな人が着てもハズさない、メンズファッションの鉄板コーディネート。
今年から革ジャンに初挑戦!という方にもおすすめの着こなしです。ジーンズや黒のスキニーパンツ、カラーパンツなど、さまざまなボトムスとも相性抜群!
また、帽子やスニーカーといった小物類でアクセントを加えても個性が光ります。
特にシングルライダースはデザインがシンプルなので、色や柄が特殊な個性的派アイテムにも挑戦しやすい、まさに定番の着こなしです。
まずは白Tシャツコーデから始めてみましょう。

シャツ&ネクタイを革ジャンのインナーにしてキレイめコーデ

革ジャンにカッターシャツとネクタイのコーディネート。
これも、メンズファッションならではのクールな着こなしです。
ワイルド感と品の良さが両立していて、男臭くなり過ぎず端正な雰囲気も演出してくれます。

色物・柄物シャツ×革ジャンで“大人カジュアル”

色物やチェックなどの柄物のシャツを着ると、シャツ&ネクタイのスタイルとは違った大人カジュアルな雰囲気に。
「柄物アイテムは少し派手かも……」と敬遠している方もいるかと思いますが、革ジャンを羽織れば全体のコーディネートが引き締まり、柄物の派手さは意外に気になりません。
むしろシンプルになりがちなメンズの革ジャンファッションに良いアクセントとなります。
またメンズの革ジャンは、ライダースなどはハード感、ベジタブルなめしなどはワイルド感が特徴であり、魅力の一つです。
インナーを柄物にすると、革ジャンのハードさと、柄物のカジュアルさが程よくマッチして、オシャレな着こなしが出来ますよ。

ブラウンの革ジャンとジーンズで渋さを演出

ブラウンの革ジャン、特にベジタブルなめしやビンテージものに、少し色の褪せたジーンズを合わせると、あえての古臭さがカッコいい“渋い男”コーデに。
メンズのベジタブルなめし革ジャンならではのワイルド感や渋さを存分に発揮できる着こなしです。
大人になったからこそ似合うオシャレを満喫してみては。

革ジャンを着ると、今よりも少し大人に、さらに男らしくなったように感じますよね。
メンズファッションでは特に、普段のジャケットが革ジャンになっただけでも随分と大人びた印象になります。
ここで紹介した着こなしは、基本的にはベーシックなものになりますが、自分なりのコーディネートも楽しんでオシャレに着こなしてみてくださいね。
待ちに待った革ジャンの季節! 大人ファッションを楽しんでみませんか。

レディスライダースは黒に注目

今年のレザーは黒、ネービー、グレーを中心に濃色が人気。

中でもレディースの注目は黒

人気の黒でおすすめは、
柔らかいソフトなラムスキンを使用したシングルライダース

ラムジャケット 1810016

1

高級ラムスキンで仕上げたジップアップジャケットは、フィット感抜群でまさに極上の着心地。

プレーンなスタイル、プレーンなカラーだからこそ、
様々なコーディネートが楽しめるレザージャケットに仕上がっています。

 

今年のジャングルライダースは一味違う

旧ニチワ時代から人気のジャングルスキン。

先日もご紹介したように、もはや定番と言っても過言ではないグレーレザー。

中でも人気のライダースタイプ。

フロントの胸ZIPがアクセントの旧品番を継承しながらも、
今年はすっきりしたデザインにモデルチェンジ。

すっきりとしながらも、衿のニット使いや肩のステッチーワークなど、
細部までこだわったデザインに仕上がりました。

ツーウエイファスナーを使用しているので、
前を閉じながら少しだけ下のZIPを上げてタイトに着るのがおすすめ。

もちろん開けて着用もカッコイイですよ。

ジャングルヴィンテージ 1110020

84966

遊び心満載 ツーウェイニットジャケット

先週から閲覧ランキングの上位にランキングしているレディースのレザーブルゾン。
フロントステッチの身頃が可愛らしいツーゥエイジャケット。

はたしてどこがツーゥエイ?

実は衿、袖口、裾、さらに身頃のサイドにニットを施したコンビネーションレザーなのです。

そして、そして、衿のZIPの中にはグレーの異素材フードが。

ZIPにインしたまま着ればスタイリッシュに。
フードを出せばカジュアルに。

遊び心満載のレザーブルゾンです。

先週から人気急上昇中です。

ツーウェイニットジャケット 1810015
82837

 

 

 

古着風に仕上げたダブルライダース

かねてからお客様よりライダースのダブルはないの?
と多くのご質問をいただいておりましたが、
ニチワレリュームが誕生して3年目の今年、初めてダブルライダースが登場!

1110021 ディストレスダブル

84957

通常のカウスキンやホースハイドで仕上げたハードタイプと違い、
今回のライダースは、柔らかなラム革を使用。

更に原皮の上から色を被せてツヤを抑え、
衿や前立てのふちを擦ってデニムのようにわざと下地を見せることにより古着感を演出しています。

ハードなイメージながらソフトタッチのラム革加工で、街着にもぴったりのライダースと言えます。

根強い人気 ベジタブルレザー

アンティック加工、シワ加工、ウオッシュ加工

革の加工も昔に比べて多様化してますが、
数ある加工の中でもはや定番と言えるほど人気の加工といえばベジタブル。

ニチワレリュームでは今年も新作のベジタブルレザーが登場。

注目はメンズ、レディス共にグレーのジャケット

1310014 ラムアンティックテーラード 1810017 ラムウォッシュジャケット

EmptyName 73_T82447

アンティツク加工の中でも根強い人気のベジタブルタンニングは、
着込むことによって味わいが深まり、
そのどれもが自然だからこそ一着一着どれもが違う表情を生み出す、
まさにオンリーワン。

どの様に変化していくのかを楽しむ。
それこそがアンティックレザーの醍醐味と言えます。

自然の風合いと味わいが魅力のベジタブルレザー。
今年も人気健在です。

 

ジャングル素材に新色ボルドーが仲間入り

先週ご紹介したニチワレリュームの人気素材「ジャングルレザー」

ジャングルと言えばグレーなのですが、今年は新色「ボルドー」が登場。

革の場合、鞣しが終わって仕上がるまで色味に不安があるのですが、このボルドーに限っては皮を鞣す工場(タンナー)と縫製工場、 そしてもちろん我々スタッフ全員が絶賛のボルドー色。

過去にもブラウン・アイボリー・ネービーなども開発しましたが、なかなかいい感じに色がのらず失敗の多かった素材だけに、今回は出来の良さにほっとしております。

今年はメンズのレザーダウンとレザーベストを作成したボルドーレザー。

我々スタッフの一押しです。

1120017 ラムダウンディストレス

84947

大きいサイズのレザー その2

昨日のブログにて希少であるビックサイズレザーのお話をしましたが、今回はちょっとだけ補足。

毎年ニチワレリューム会員のお客様にカタログをお配りして、その直後に一番売れるのが3Lと4Lサイズ。

そう、すでに会員のお客様は大きいサイズの数が少ない事を知っていらっしゃるみたいです。

大きいサイズの数量に関しては、私たちも毎年増やしたい思いなのですが、量産するためにはどうしても大きいサイズように別の革を用意しなければなりません。

それはどういう事か?そうなんです。実は大きいサイズを量産する一番簡単な方法は、革の質を下げる事なのです。

でも、いい素材を使ってリーズナブルな価格で提供する。これは旧ニチワ時代に私たちスタッフが教えられたニチワの伝統。

それを知ったうえで新会社になった今でも、いい素材と信じて購入してくださるお客様を裏切る訳にはいきません。

なので良質素材を使う代わり、どうしても生産枚数が少なくなりますが、その分ご満足いただける革をご用意しますので皆様ご理解を。

大きいサイズ。是非お早めにご検討ください。

大きいサイズのレザー その1

今回は革に限らず服の悩みで多いサイズについて。

標準体型の方にくらべて、小柄な方や大柄な方は欲しいと思ってもサイズがなくてがっかり、なんてよくある話。

ニチワレリュームでもサイズのご相談はよくありますが、なかでも問い合わせが多いのが大きいサイズのメンズレザー

でもご安心下さい。ニチワレリュームではメンズは商品によっては3Lや4Lまでご用意しています。

実は革の製造でも、とくに苦労するのが大きいサイズ。

ラム革は生後1年未満の子羊を使用します。そしてニチワレリュームでは、更に軽さと柔らかさを求めて生後半年未満の子羊を使用する場合もあるので、1枚辺りの大きさが小ぶりになります。

革は自然素材のため少なからず生体時の小キズやシミなどが存在します。

当然大きいサイズは広範囲に傷がない革を使用するため、革を厳選する段階からいい状態の物を優先的に選ぶのですが、
その為必然的に採れる枚数が少なくなります。

さらに1枚のなかでも状態のいい部分を裁断するので、レザーコートですと1着当たり約10頭前後の革を使用します。

すると、どうしても作る着数に限りがあるのです。

それでもニチワレリュームでは、ブルゾン、ジャケットからレザーダウンやレザーコートにいたるまで、
各アイテム最低でも一品番は4Lまでご用意しています。

ビッグサイズをお探しのお客様。一度ご検討下さいませ。

革ジャンを着られる季節はいつからいつまで?

1110019 ラムアンティックパーカ

84052

寒い季節の防寒着はもちろん、
テイストミックスのお役立ちアイテムとして、幅広く活躍してくれる革ジャン
それゆえに、「革ジャンを着始める季節が分からない」、
「いつまで着ていていいものか分からない」という人も多いはず。
ズバリ、革ジャンの季節は秋、冬、春の3シーズン。
少し涼しいと感じる秋口や春先はシャツの上から軽く羽織り、
真冬は暖かいインナーの上から着れば抜群の防寒性を約束します。
このようにインナーなどを工夫すれば、季節にあったコーディネートを楽しむことが出来ますよ。

●インナーや小物で寒暖差に対応
風を通さないことから高い防寒性を誇る革ジャンは、インナーで暖かさを調節しましょう。
日中の気温が高い、秋口や春の終わりにはTシャツを、
逆に気温が上がらない冬には、保温性の高いニットをインすれば、革ジャンも長く着られます。
インナーを選ばないブラックの革ジャンを持っておくと、
3シーズン通して、毎回ハズさないコーディネートが出来ます。
また、冬の寒い時期にマフラーやニット帽などの小物を使うと、
防寒だけでなくファッションのアクセントにもなり、より一層オシャレを楽しめます。

●少し汗ばむ季節は革ベストでコーディネート
シャツ1枚だとなんだか寒いけれど、ジャケットを着るにはまだ暑い……。
そんな季節には革のベストが活躍します。ジャケットだと硬い印象を与える革も、
ベストになるとスマートでカジュアルな雰囲気になるから不思議ですよね。
秋口や春先にはファッションのメインになりますが、
冬もインナーとして活躍するという、実に長い期間楽しめるマストアイテムです。
一味違ったオシャレに、1枚持っておくといいでしょう。

工夫次第で活躍の場がぐんと広がる革ジャン。
定番の色・形の革ジャンであれば、あまり着ない色のインナーや小物も挑戦しやすく、
季節を通してさまざまなファッションを楽しむことも出来ます。
同じアウターで移り変わる季節を感じられるのも、革ジャンの魅力の一つです。